サボテン症候群★                

ザターン-それは大宇宙に飛び立つライカの産声-

大宇宙。

鈴虫の鳴く夜の田舎小道を、夜空を見上げ進んでいると、まるで大宇宙に飛び立った一匹の犬になったような錯覚を起こします。
あの輝く夜空に浮かぶ満点の星々は、全宇宙に偏在する光のほんの一握りでしかないことに気付き、ああ、なんて人はちっぽけなのだろうと感銘をうけます。

今も、地球から何億光年も離れた星が、生まれ、育まれ、輝き、爆散し、新しい星の糧となっています。
その星の最後の輝きが、地球まで届くのは、その最期から何億光年も先のことです。
もしかしたら、今も夜空に輝くあの星々は、今はもう失くした星の欠片なのかもしれません。

そんな途方もない時間の繰り返しが、大宇宙の全貌だとするならば、人間の一生など瞬く間に過ぎ去る麦球の明かりでしかないのです。

そんなんだから、


試験の結果がどうだとかそういうことは、

ちっぽけなことでしかないんです!

勉強しなきゃ勉強しなきゃとか思ってうだうだしてた時間なんて宇宙的大規模単位で見ればほんの一瞬の出来事でしかないのです。

勉強しなきゃ勉強しなきゃとか思いながら、どうにもやる気が出ずに延々と

sw_juken.jpg

具体的にこれだけの量のガンプラを作ったことによって埋没されてしまった儚くも尊き貴重な勉強時間の浪費など、ちっぽけなもんなのです。

そんなわけで余談ですが、この前、試験がありました。
長崎県内のとある高校の一室にて受験いたしました。

久しぶりに座る学校の椅子と机は、郷愁感にも似た、何とも形容しづらい懐かしさを感じました。

椅子の背面に張られたネームプレートによると、どうやら俺の座った席は川井君の席のようでした。

配られたマークシートの試験用紙に適当かつテキトーに解答用紙を埋めて残り時間に暇を持て余したオレは、机に「川井君がんばれ!」と落書きして帰りました。

お前ががんばれよ、と。

余談終了。


大宇宙。

僕らはその圧倒的かつ無慈悲にただただ存在し、君臨し、蹂躙し続けるその闇よりもなお黒き混沌の世界を体感するべく、


sw_op02.jpg

スペースワールドへ行ってきました。

sw_op01.jpg

スペースワールドへ行ってきました。

中学の修学旅行で行ったきりのそのアミューズメント施設は、当時の記憶に比べると、とんでもなくみすぼらしい少々、思い出補正がかかっていた事を再認識するとともに、その年月の重みと人間の価値観の流動性について深く考えさせられるものがありました。


そんなわけで、今回はブログ全体で宇宙について語ろうかと思いまして、ブログ名も変更しお送りします。

トップ絵は、GIFアニメーション仕様になっております。chyouさんに刺激をうけました。
このように、アニメーションする部分を最小限に抑えていけば、後は最適化でサイズを抑えられると言うアレなんですが、正直、肝心のアニメーション部分がヘタクソですね。

あと、何やら音楽がなってるかと思いますが、ブログパーツです。
なんか来年?発売するWiiのゲームソフトの奴。この音楽すごく良くない?と思って付けてみました。うるさかったら、左端の下の方にあるので、音楽OFFにしてください。


さて、スペースワールド。

見所はたくさんあるので、その一つ一つを説明するのはやぶさかではないと言いますか、いわゆるひとつのナンセンスと言うものなので、大まかにはしょってダイジェストでお送りします。


まず紹介する、アトラクションはこちら!


sw_toilet.jpg

トイレ。

なんか近未来っぽくない?的な初期衝動に魅せられて思わずシャッターを切り刻みましたが、家に帰ってからこの写真を見ても、ちっとも宇宙的な何かを感じることは無かったことは言うまでもありません。

ただ、とにかく小便しづらかった。



つづいてはこちら。

sw_dance01.jpg

パレード。

何やら、クソくだらないダンスをしながら練り歩いてました。

この写真に収められてる着ぐるみの彼のダンスが、異様なほどにキレがよく、プロの仕事と言うものを肌で感じました。
一時期、俺達でダンスを踊って動画をブログに載せようぜ的なネタを思いついて練習してたことがあったんですが、破棄して正解だったなぁとつくづく思います。
ダンサー半端ねぇ。

ちなみに、このパレードの最中にパレード一団の一人が、

「最高!!!!」と叫んでたんですが、

それを聞いた友人が突然爆笑しだして、通行人はもちろん、一緒に行ったメンバーからすら「何でこの人、いきなり笑い出したの?変態なの?」的な目で見られると言う微笑ましいエピソードがありました。

後で事情を聞くと、どうやら俺がブログおよび日常で「最高!!」とか言うのと比較して、あまりにも見事な「最高!!」だったので、爆笑してしまったとのこと。

オレはスペースワールドのパレード団員に「最高!!」で負けてしまいました。

しかし、オレの「最高!!」は、実はちゃんと元ネタがあって言ってることなので、その元ネタに比べればどうってことないのです。



さて、最後に紹介するアトラクションはこちら。


sw_00202.jpg


ザターン。

サターンにあらず、ザターンです。決して誤植などではないのです。

このほぼ垂直の坂を駆け落ちる仕様になっております。
写真、下の方のゲージは絶叫度を表したものですが、なんとMAXを突き抜けております。

仮にも安全性は確保されたこのアトラクションで、絶叫度MAX越えとはこれいかに。

それならば、ヒモ無しバンジージャンプや、生チャカ使用のガチロシアンルーレットなどは、一体、どれほどの絶叫度だと言うのでしょうか。
あれは絶叫では無くて断末魔だとでも言うのか。そうか。

まあ、とにかく、それほどまでに絶叫だと言うのなら、乗ってみないわけには行きません。



さすがは絶叫度MAXと言うべきか、乗る前に持ち物はロッカーに入れるように言われました。
バッグはおろか、ポケットの中身、メガネすらも取れと言われる始末。

メガネが無いと、視力が0.00000000000…になってしまう俺としましては、いささか憤慨な仕様ではありますが、地上にいる一般市民にオレのメガネが脳天直撃セガザターンなされてお亡くなりになったとあっては、オレも寝つきが悪いので、ここは従い、メガネを外します。
なるほど、そう言う意味で絶叫度MAXか!

このアトラクションは、言わずと知れたジェットコースター。

そのスピードは、最高時速約130km。

130Km?大したことなくね?

普通車で高速道路でちょいと速度出しすぎたくらいのスピードじゃね?と鼻で笑ってたのですが…


sw_00102.jpg

いきなり130Kmです!

停止状態からいきなり高速で走り出すもんだから、傍から見ててもえれえスピードだと言うことがよくわかります。

これはもう、あれです。

sw_00103.jpg

幸は不幸か、俺の友人のうち数人はガンダムに精通してらっしゃる方が多く、この時、隣り合ってザターンに搭乗した友人もガンダムを知っていたので、二人で「トランザムや!」と言いながら順番待ちしておりました。

何でガンダム好きはいるのに黒夢好きの友人には巡り合わないんだろうね。


そんなこんなでトランザム状態の俺達の番が周ってきました。

sw_00104.jpg

sw_00105.jpg

sw_00106.jpg


絶叫と言う前に、まず、息ができない!

生風で130Kmは中々のもんでした。なんつーのかな、フリーフォール?あんな感じでした。

乗る前は「なんて叫び声あげる?」みたいな感じでネタふりとかしてたんですが、声がまず出ない!

シ、シミュレーション(高速道路)で完全に覚えているつもりなのに、Gがこんなにすごいなんて…




が。




一緒に乗っていた友達はどうやら違ったようです。


sw_00107.jpg


シンプルかつ原始的な雄叫び。


出発して早速、例のほぼ垂直地点へと到達するんですが、


sw_00201.jpg

ここね。

そこを駆け下りる時も


sw_00108.jpg


うるせええええええええええええええええええ!

何でお前、この風圧でそんだけ声出るんだよ!

腹筋ブレイカーか貴様!ふざけるな!

気になってジェットコースターに集中できねえよ!


結局、最終的には彼の雄叫びに俺は噴出してしまい、ジェットコースター終盤ではオレは爆笑しながら乗ってたので、順番待ちしてる人からしたら恐怖のあまり笑い出してしまった人か何かにしか見えなかったんじゃないかと思われますが、とにかく、すっげー怖かった気がするけど、オレは横に乗ってた友人の雄叫びしか記憶にありません。



さて、アトラクションに関しては以上です。

他にも、ウォーターアトラクション関係で、雄叫びの彼に笑いの神様が舞い降りたりして面白かったので、「オレ、これ絶対ブログに書くよ!」とか言ってたんですが、じっくり推敲した結果、どう考えてもただの身内ネタでしかないな、ってことで、一緒に行ってない人に面白さを伝えようが無かったのでカットです。すでにザターンも身内ネタなんですけども。




★お土産★

スペースワールドで買ったお土産紹介。
これ見て、スペースワールドに行った時、これは買わないほうがいいな、とかの参考にしてください。


①食べる酸素


sw_O2.jpg

食べるだけで酸素が供給される模様。酸素バーみたいなもんでしょうか。

何やらグレープフルーツ味と書かれてありますが、食べた感じ、まあ確かにグレープフルーツなんだけどそんな爽やかな物ではなく、むしろ薬っぽいと言うか、ぶっちゃけ不味かったです。
特に酸素を供給したような気分は無かったです。


②まんじゅう

sw_gekikara.jpg

ロシアン形式で一個だけ激辛唐辛子が入ってると言うもの。

これの一体、どこが宇宙的かつ未来的なのでしょうか?

むしろ三流バラエティ的です。ああ、歴代のアストロノーツやコスモナーフトの鼻で笑う声が聞こえてくるようだよ。

でも買いました。笑わば笑え、クドリャフカ。人間なんてこんなもんさ。

ちなみに、これはその後の飲み会の席でみんなで食し、見事、俺が辛いの食べました。
しかしまあ、オレは激辛とか食べてもそんな大げさなリアクションとかできないんで、「ああ、辛いなぁ」とか思いながら涼しい顔してたのでそんなに盛り上がりませんでした。


③宇宙食

スペースワールドって言ったら宇宙食だろう、ってことで、これもいくつか購入。

まずはこれ。

sw_pri01.jpg

プリン

sw_pri02.jpg

実物をそのまま乾燥させてあるので、そりゃもう全くプルンとはしてないんですが、間違いなくプリンです。

かのノヴァ教授のごとく、プリン食べて「おいちぃ!」ぐらい言ってやりたかったもんですが、実際にサクサクした糖分たっぷりの0カロリー時代に似つかわしくない角砂糖のようなその食べ物は、お世辞にも「おいちぃ!」と呼べるものではなかったのですが、キャンディ的なものだと割り切れば、全然食べれないものではないです。むしろ美味しい部類なんじゃないでしょうか。


つづいてはこれ。

sw_kimuti01.jpg

キムチ!

sw_kimuti02.jpg

こちらも、本物のキムチをそのまま乾燥させて固形にしたものです。

そのまま食べたら、サクサクしてるし、異様に辛いしで、大変のどが渇く食べ物です。

いったい、どのくらいご飯にあうのでしょうか。






sw_kimuti03.jpg


実践。

サクサクしたキムチとご飯は合間見えることが出来るのだろうかと言う、素朴な疑問に挑まずして何がブロガーだと言うのだろうか。
かつて、一人暮らししてた時にご飯が足りないけど今晩どうしましょうかね、などと主婦ぶって考案したポップコーンご飯に比べれば、この程度のサクサク感など恐るに足りず!

いざ、尋常に…


sw_kimuti04.jpg

いただきます!



……


………


…次。




④宇宙的変なドリンク

sw_drink.jpg

たまねぎジュース

これまた怪しげなジュースです。どの辺が宇宙的なのかはわかりません。たまねぎの切り身の形状がスペースコロニー的だとでも言うのでしょうか?
かのガガーリンが鼻で笑う声が聞こえます。神などいない!

さて、お味の方ですが、別に不味くは無いですよ。美味しくは無いですけど。

後味がすごいたまねぎっぽくて、永沢君に想いを馳せました。燃え上がれ!

しかしこのネーミングはいかがなもんでしょうね。せめて、オニオンドリンクぐらいにしておけば、英語に弱い日本人は騙されて買いそうな気がしませんか?それより僕と踊りませんか?うふっふぅ、うっふふぅ、さーぁあー


おしまい。
  1. 2008/11/30(日) 01:00:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ドラマティックに走り抜けた青春のトガ-宗教大戦2- | ホーム | 黒夢復活とオレの高校時代のことをチラシの裏にでも書いとけよ>>

コメント

試験おぉー今回はいつになく壮大ですね!
スペースロマン!スペースオペラ!スペースファンタジー!!
BGMなかなかこれいいっすね。夜明け前のシーンとした時間帯に聞くともう窓の外全宇宙360度包まれるようですおちるうぅぅぅぅぅうぅ
食べる酸素は昔東急ハンズで買ったんですが(パッケージは一般向け)酸欠に陥りやすい私でも期限過ぎまで持て余しました。健闘を祈ります。
130km/時って、叫ぶ暇あるんですね。すげーや。私某えきスッポンランドのジェットコースターでも息止まってました('A`)
がばいーって……
えぇと。うん。クドリャフカの話は時々ふっと思い出すと家具もテレビもどこか遠い感覚になりますね。
  1. 2008/11/30(日) 05:05:16 |
  2. URL |
  3. 宮城ま咲 #pYrWfDco
  4. [ 編集 ]

まとめて、ページ開いてたら、何処からともなくファンタジックなBGMが流れてきたので、その音源の方に向かってワープしてみたら、サボテンさんでしたか!!

おっと、ちゃんとアニメーションになってる処が凄いです。
なるほど、参考になるけど、私にはその技術と絵心が無いんで無理っぽいです。

先週、CATVでスタートレック特集を見てた、ある意味、黄昏流星群な私(タダ、黄昏テルというだけの・・)は便器の画像が一瞬、宇宙への入り口に見えてしまいました。

  1. 2008/11/30(日) 11:46:27 |
  2. URL |
  3. chyou #TRlOk17w
  4. [ 編集 ]

いろいろ。お疲れ!

いいね。宇宙さいこーです。
スペースワールドはオレの中では、
タイタン・ビーナスしか記憶にないんだけど
ザターンなるものが!その友達ウケル。

そういえば、以前富士急ハイランドで
ドドンパなるものに乗ったことあるけど、
似てますね、それに。

ちなみに、そのドドンパは最高速度・・・・・



172km/hです。

サボテンさんの友達におすすめです!

  1. 2008/11/30(日) 21:24:34 |
  2. URL |
  3. あり #-
  4. [ 編集 ]

試験お疲れさまでした…でいいのかな?
川井君と共に、発展をお祈り申し上げます。

私もトランザムになってみたいよーー!!

と叫んだ後に、昔黒夢好きだったよとこっそり言ってみる。
だって最近、パペで見かけないんだも~ん!
  1. 2008/12/01(月) 19:09:41 |
  2. URL |
  3. ハル #4SZw2tfw
  4. [ 編集 ]

北九州は九州脱出ルートの通り道でしかないけど、古の昔、俺がスペースワールドのSW展に行って糞ガキ共を跳ね除けてジェダイ騎士のコスプレさせてもらったのが懐かしい。バイオハザードがなくなってしまったとかで・・・・・・やっぱ漢なら何もかもそうだろ、太宰府園だろ!ところでタイトルにも書いてるライカ。ライカ犬クドリャフカの話は涙なくしては見れません。人類のエゴ歴史の1ページです。

ともあれそのガンプラ!上から桃子→GN-X→ν→エクシア→デュナメス→サザビー→鉄人宇宙型→イナクト試供品→越フラッグ→ガンキャノン→キュベレイ富田!
  1. 2008/12/03(水) 15:53:16 |
  2. URL |
  3. sergeant_mutu #-
  4. [ 編集 ]

ま咲さん>
宇宙は壮大なのです。間違って早大と打って、早大すげーと思いました。
食べる酸素、ハンズに売ってんすか!ハンズ、パねえ…
けっこう不味くなかったですか?俺も、リタイア気味で、完全にオブジェとして鎮座してますよ…
130km/時、けっこうなもんでしたが、友人は絶好調で大絶賛咆哮中でした。オレも普通のジェットコースターならまだいけるんですがねー
やっぱアレっすかね、肺活量とかそういう問題ですかね。

ライカ犬の話は、人類宇宙史に置いてスルーできないエピソードですね。
宇宙開拓は、クドリャフカの犠牲の上に立ってるのです。


chyouさん>
ええ、調子に乗って音楽なんぞ流してみました。
せっかくなので、来年の一月(ゲームの発売日)までこのままで行こうかと思ってます。うるさかったらスイマセン…

まーこれは絵を描くソフトで星をずらしながら何パターンか同じ絵を保存して作った、って感じなので大したもんでもないのです。
一記事限りの為、もう無いです。代わりの絵もGIFアニメ!

便器の画像、宇宙への入り口に見えましたかー
うーん…病気ですね、それは。


ありくん>
タイタン・ビーナスの次の奴っぽかったね。これは。
でもなんかフリーフォールが無くなってた。

ドドンパ…タオパイパイですね、わかります。
つか富士急ハイランドパねえ…
ちなみに、この友達っての、ありくんと同じ塾でラーメン屋の息子に似てるってよく言ってた、彼だよ。


ハルさん>
あーどもども。この前、久々にパペガで会えましたね!
また近いうちにやろうと思ってんですが、トラビの片方がもうすぐ終わりそうなのと、片方がもうそろそろ二村目いけそうなのでそっちに集中してます;

川井くんはきっと、輝かしい未来に辿り着けるものと思います。俺はクリスマス間近で彼女もいないので辿り着けそうもないのです。

そーいや、この前、黒夢好きだって言いかけてましたね(^^;
ま、今度黒夢について語りましょう。

ちなみに、トランザムしたいなら、凍結した坂道を駆け下りればいけると推測します。札幌あたり、坂が多そうなイメージがあるからいけるんじゃないすかね?


mutuさん>
ニコニコしながら写真見せびらかして無くしてorzですね。わかります、可愛いですよ!

太宰府園でも麻生太郎でもいいんですが、個人的にはザターンよりビックリハウスの方がやばかった気すらします。
ザターンはまあ、所詮はジェットコースターの延長上ですが、ビックリハウスかこう…オリジナリティが。

ライカの犠牲なくして宇宙史は語れず、いつまでもいつまでも語り継がれることになることでしょう。
人類の残酷さと発展の双方を交えながら。
そして、人類が宇宙で生活するようになった宇宙世紀0093年に、一人の宇宙パイロットが最後の花火となりながら、こう言うのです。「エゴだよそれは!」

ちなみに、
プラモ正解です。流石っす。パねえっす。
持ち主の自分ですら、写りの悪さでエクシアの所、なんだっけコレ?とか思ったものです。
  1. 2008/12/07(日) 03:43:24 |
  2. URL |
  3. Dr.サボテン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drsabo10.blog99.fc2.com/tb.php/236-4ea42992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

   

プロフィール

サボテン

Author:サボテン

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード