サボテン症候群★                

漫画『マッチ売りの少女』

the first picture


『マッチ売りの少女』


マッチ売りの少女を漫画化してみました。
自分が勝手にアレンジしたストーリーなので、オリジナルとはだいぶ違うものになっちゃってます。

ブログに載せるのは無理があったので、別ページに作りました。
こちら!↓

『マッチ売りの少女』





はい、というわけで、年が明けてしまいました。


本当はこの記事、大晦日にアップする予定だったんですが、漫画の作成がむっちゃかかってしまって、正月配信になってしまいました…

もう、おとといくらいからずっと寝らずに描きました。

おととい起きてからかれこれ…50時間?

飯と風呂以外はずっとペンタブレット握ってたので、手がつりそうです。

あと、ずっと同じ体制だったので、尻が痛いです。身体も全部痛い。


昨日の大晦日はいつ年が明けたのかようわかりませんでしたが、うつろな目で時計を見た時、3時くらいで、

あー大晦日間に合わなかったー

とか思って絶望したのを覚えています。


でも、俺の2007年はまだ終わっていない!!と、自分に言い聞かせ、漫画の完成まで頑張りました。

まだ2007年ですよね?

今日が大晦日ですよね?

そういうことにしといてください。



さて、何で「マッチ売りの少女」を漫画にしたかといえば、
少し前にこのブログで、 速攻で終わる童話シリーズ なんてネタをやったんですが、
その時、一応、題材にした童話は全部Wikipediaで目を通したんですが、その時、俺ははじめて「マッチ売りの少女」が大晦日の話だと知ったのです。

だいたいのストーリー展開は知っていたものの、ちゃんと読んだのは小さい頃だったので、忘れてただけかもしれません。

大晦日の話なら、思い切って大晦日に絵本化だぁー!と思ったのが始まりです。

絵本ネタはクリスマスに使ったので、こちらは絵本と漫画の中間くらいのイメージで作っていったんですが、どうだったでしょうね?
俺は、もうこれただの漫画じゃないかな…と思ったので、漫画ってことにしました。


『マッチ売りの少女』は、アンデルセンの創作童話のひとつです。

アンデルセン童話って、けっこう悲劇的な題材が多いんですが、俺はわりと悲劇的なの好きなので、有名な童話作家じゃアンデルセンが一番好きです。

人魚姫とかすごい好きです。

マッチ売りの少女も好きな童話のひとつですが、アンデルセンはこのお話で、不況の時代を育った自分の母親の少女時代をモチーフにしたらしいです。

日本も不況、不況といいますが、はたして、食べるのにも困るほどの不況でしょうか?
学生の万引きは、食べるものがなくて、しかたなくした万引きでしょうか?
違いますよね。
ちょっと悪ぶりたいだとか、そんな生き死にとは別次元のものばかりだと思います。
(ホームレス中学生みたいなこともあるんでしょうけど、やっぱ珍しいケースですよね)

自分達は、生きるか死ぬかの不況を生きたことはありません。


この童話における少女の結末。

アンデルセンは、少女の死をもって、なにか伝えたいことがあったんだろうと思います。
それは自分でも容易に想像できるし、自分達に想像も付かない想いがこもっているのかもしれません。
様々な参考文献のごく一部に目を通しましたが、この物語をハッピーエンドであるととらえる見方もあります。

生きるか死ぬかの時代の恵まれない子どもにとって、もはや死は免れなかった。
けれど、少女は最期のその時には幸福を手に入れます。



しかし、やはり、今の時代を生きる自分達にとってあの結末は悲劇でしかないかもしれません。

本当に死んだほうがマシな世の中じゃないんですから。

そんな世の中に生きる自分の立場で考えて描いたのが今回の漫画です。

描きたいことは描ききったつもりですが、伝わるかどうかは疑問です… わけわからんかもしれん…


さて、いい加減眠いので寝ます。文章がしっちゃかめっちゃかだったら、それは眠気のせいです。

それでは良いお年を!

新年の挨拶は次回の更新で。だって、今日はまだ大晦日…
  1. 2008/01/01(火) 20:55:13|
  2. 漫画道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<あけましておめでとう!~早口シリーズ~ | ホーム | コンビニ、すぃーとぽてと。>>

コメント

えーと、非常に言い難いのですが、昨日までが2007年で、今日からが2008年です。
そうとう疲れてらっしゃるようですね。ホントお疲れ様です。
その苦労に見合うだけの素晴らしい作品でした。
マッチ売りの少女って、最後は天に召されるバッドエンディングな話としか思ってなかったけど、展開を変えるとこうも前向きで明るい話になるんですねー。いや~目からコンタクト(ウロコだろっ!)

新年の挨拶もしようかと思ったんですが、それはまた次回。笑。
  1. 2008/01/01(火) 21:12:11 |
  2. URL |
  3. 征吾 #EB29KFfw
  4. [ 編集 ]

征吾さん>
まだ起きてました。
ありゃー今年が2008年かー…つか、この前年賀状に2008って書きまくったのに…

苦労が報われたようで何よりです(TT
次回の更新は早めにします(^^;
自他共に認める新年全開で!
じゃ、2008の所なおして寝ます!
  1. 2008/01/01(火) 21:30:38 |
  2. URL |
  3. Dr.サボテン #-
  4. [ 編集 ]

あけま・・・何でもない。
やぁ、これまたいろいろ考えさせられるものですねぇ。
カルチャーショックめいた結末です。すげぇ。
想像する“救済”の形もいろいろですもんね。耽美めいてる方が受けがいいし。
けど投影される子供本人のことを考えたとき、果たしてお話のエンドがいいものなのかどーか?
少女の表情にもググッときましたよ☆
願わくば、面白半分で保護を求めるチャラけた奴でなくホントに困ってる人に手が差し伸べられますように。

そんなら大みそかお届けということで鐘今ついてあげる~
ごごーん
あ。ごめん煩悩が数えられないから1回で;
  1. 2008/01/01(火) 23:17:38 |
  2. URL |
  3. 宮城ま咲 #pYrWfDco
  4. [ 編集 ]

前に読んだ本に「神は乗り越えられない試練を与えることはない」
という話を読んだけど、それでも自殺してしまう人とかいるから、そういう理論もどーかと思うけどね。

まぁ激しく前向きに考えると、「今起きている悲運は、神のご加護によって本来受けるはずだった悲運よりは軽くされている」
と考えると…やべ、なんだか新興宗教みたいになってきた(笑)

年末年始ぶっ通しで仕事してると、今日が何曜日かわからなくなってくるよ。
今日ってなんよーびー?(笑)by大阪
  1. 2008/01/02(水) 21:10:24 |
  2. URL |
  3. ひこまる #-
  4. [ 編集 ]

あけまし…あ、まだ大晦日でした??(´∀`;)今年はどうもお世話になりました。
更新がんばってますね。50時間も起きてた事ないから想像つかないんですけど、もう眠いを通り過ぎた感じですか??しっかり寝て下さいね!起きたら新年ですから!
マッチ売りの少女って思いっきりクリスマスの話だと思ってましたよ。七面鳥のイメージが強くて。大晦日の夜じゃ人も少なくて売れんよなあ…
最後、助かるか助からないかで、かなり印象違ってきますね。
おばあさんに会った時の笑顔が良かったです。
ラストはBGM入れて、オルゴール付き絵本にして下さい。買いますんで。
  1. 2008/01/02(水) 21:57:28 |
  2. URL |
  3. ayaha #YqF0N6Os
  4. [ 編集 ]

おひさー
そしてあけおめw

しかしイラストうまいよなー。魅入ってしまった

マッチ売りの少女ってクリスマスの話しだと思ってたわぁ。大晦日の話だったのかぁ(=゚ω゚)
童話って何でか最後はしんじゃうから悲しくて好き好んでは見なかったなぁ
  1. 2008/01/03(木) 00:31:13 |
  2. URL |
  3. ☆ゆきにん☆ #nH/dZmZs
  4. [ 編集 ]

ま咲さん>
耽美と言うと俺はエヴァンゲリオンが浮かびます。最後のシ者…
これは子どもには見せれないですね…完全に大人向け…つーか、大人になりきれてない年齢的に子どもではない人向け…
背景に手を抜いた分、人物の表情とか気を使って描いたんですが、いかんせん時間が無くてけっこう崩れてます…

俺の煩悩の数だけ鐘を叩こうもんなら3年ぐらい叩き続けないとダメっすわ

ひこまるさん>
なるほど…
スラムダンクの作者が描いた「リアル」って車椅子バスケの漫画で、そんなこと書いてましたね。
マジック・ジョンソンがHIV感染が原因で引退した話を例えに、神は彼ならこの困難を乗り越えられるからこそこの困難を与えたのだとか言う話でした。
結局のところ、これは困難な状態にたった人が、くじけずに困難に立ち向かえるために伝える励ましの言葉の一種でしか無いんでしょうけどね。

俺は神様は何も考えずに困難をばら撒いてる、もしくは誰も救わずにただ見ている
つきつめて言えば神などいない!と思ってる派です(^^;

つーか今大阪にいるんですか!!?


ayahaさん>
いえいえいえ、こちらこそお世話に…
24時間過ぎるまではけっこう地獄でいたが、それ以降は数時間おきに眠気の波が襲ってくる感じでしたね。
ちゃんとめでたく新年迎えました!
俺もマッチ売りの少女はツリーが出てくるからクリスマスだと思ってたんですが、詳しくないからちょっと断言できないんですけど、カトリックのクリスマスは12月24~1月6日(子どもがプレゼントをもらうのは1月6日)らしいので、あながち間違いでもないかもです。


あの笑顔は・・・大丈夫でしたか?あそこが重要だと思ってたので、それに見合った絵が描けたか不安いっぱいでした…
オルゴール付き絵本は…難しいっすね!経済力的に!
MIDIファイルでページ開いたら曲が流れるようにするのも実は考えてたんですが、次のページに飛ぶ時に曲が途切れるとかの問題を考えて、やめてしましました…音楽の効果は凄いですからね

ゆきにんさん>
あけおめ!(最近、あけおめとか略すの減ったなぁ)
あんまり見られたら荒が目立つという事実…!

上でも書いたけど、カトリックのクリスマスは12月25日~1月6日なので、クリスマスの話で間違いは無いですぜ
俺はむしろその悲しさを求めて読んでたという…
  1. 2008/01/03(木) 22:59:06 |
  2. URL |
  3. Dr.サボテン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drsabo10.blog99.fc2.com/tb.php/179-d479dac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

   

プロフィール

サボテン

Author:サボテン

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード