サボテン症候群★                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シンボリック

nekonekoutau.jpg



なんかアップしてない絵は無いものかとハードディスク漁ってたら出てきました。

昔作った絵本の挿絵です。
前、アップした時にはぶいたものです。そりゃはぶくわな、と納得の一枚です。

俺は猫より犬派なんですが、かといって猫が嫌いと言うわけではなく、
まあどっちかというと好きな部類なんですが、先日、会社から帰ってたら仔猫がよってきまして、
街中の野良猫と言うものは、大抵、人間から逃げるものです。

街は大勢の人間が集まります。
その大勢の人間の中のほんの一握りの人間から、とんでもない目に合わされた経験を持っているんでしょう。

それだけに、何の警戒心もなく近づいてきた仔猫を撫でるのは、喜ばしく思うとともに、
この手のひらに収まる小さな命に、これからどんな辛い出来事が待っているのか、それを考えると、かわいいかわいいとばかり言ってられないなと、ふと思いました。

まあ、実際、それはこの仔猫にだけ起こることではなくて、地上のすべての生命は、生まれたその瞬間から、過酷な運命が待っているものです。

生きると言うことは辛いこと。

けれど、楽しい事だって待っているのだと、
その仔猫が将来、親猫となった時、その仔猫に伝えられるような世界であってほしいと、願わずに入られません。



さて、今日はこの前の引越しの前日に行われた飲み会の話です。



この飲み会は、県外に行っている高校時代の友人が帰郷したのを受けて行われたものです。

彼は何やらお土産を持ってきておりました。




なんでも、どこぞの秘宝館に行ってきたらしいです。


またとんでもないとこに行ってくるもんだな、こいつは…


お土産はクッキー。


写真です↓


Image008~06.jpg



もう全然わかりませんね。

無理やり、奥に座ってる友人をフレームにおさめようとしたため、
肝心のパッケージがちゃんと写りませんでした。完全に俺の落ち度です。

まあ、そうは言っても、このパッケージ自体は大して面白いところは無いんですけどね。

ただちょっとシンボルマークがアレなだけで…


ちなみに、中身のクッキーの形がまたちょいとシンボリックな形をしているらしく、大変気になったのですが、
ここはあえてこの箱の封は開けないでおきました。

どうせそんなシンボリックなクッキーはブログに載せられないですしね。


お土産はクッキーで終わりかと思われたんですが、

もう一個ありました。


これが…強烈にシンボリックです。



まあ、いわゆるゼンマイ式のおもちゃです。


ゼンマイを巻いて、テーブルに置くとトコトコ歩くような感じの可愛らしいおもちゃです。

本当…可愛らしい…














Image009~06.jpg



まあコレ何ですが。

非常にストレートに、かつストライクな形をしております。


これはもう、シンボリックって言うより、

完全なシンボルです。


まさにもうアレですよ。

居酒屋と言う、公衆の面前に出すのがためらわれる一品です。


モザイクかけずにはいられません。



ちなみに、これの動かし方を端的にあらわすと、

まずゼンマイを巻いて、テーブルにおきます。

そして、これのの部分を押してやると、

ピクピクと動いて前に進みます。

チープな作りですので、すぐに転倒して、

ビクビクビクッとその場で痙攣起こした感じに足をバタバタさせます。

その姿があまりにも滑稽です。



試しに、お皿に乗せてみました。



Image010~04.jpg



食べかけのウィンナーのごとし。


この皿にのせて置けば、店員さんがやってきても

「なんだ、食べかけのウィンナーか」と、華麗にスルーされること請け合い。

しかし、そのままにしておくと誰かが間違って、

「うわあ、食べかけのウィンナーかと思ったら例のシンボルだった!」

みたいなことになりかねないので、

このシンボリックアイテムは早々に箱に戻されました。



この日はちょいとばかし飲みすぎて、翌日の引越しに多大なる影響を及ぼしました。

いろんな意味で忘れられない飲み会です。

  1. 2007/10/18(木) 02:25:14|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<フェレットと老夫婦 | ホーム | wについて>>

コメント

うわあ・・・動くさまを見たいような、見たくないような。何とも言えません。
てかイラストめっちゃかわいいですね!これは全力で省きますよ!
みた瞬間キュンとしました(*´∀`*)癒し!
私も猫より犬派かなあ。でかい犬は怖いんですけど…。猫からは何故か睨み付けられるんですよね。
先日、道路で猫がお亡くなりになってるの見つけてしまいましたよ。バイオハザードに出てくる犬のようでした。
ちょっと凹みましたが、そのお陰で良い絵の構図が思い浮かびましたよ。うまく描ければいいなあ。
  1. 2007/10/19(金) 22:01:41 |
  2. URL |
  3. ayaha #YqF0N6Os
  4. [ 編集 ]

そうだよねぇ
生きるコトって酷だよねぇ

かわいいかわいいって、それだけでおしまいな人もいれば
うっとおしいから来るなって猫追い出す人もいる

人間も一緒。
最初はかわいいかわいいって引っ付いてきて
最後にはもういらねーよって扱いで去っていく。

仕事も一緒
拾ったのは飼い主なのに
飽きたら捨てる。

酷な世の中だ。

そしてお願いがある。
このURLをサボテンクンのブログにはっつけておくれ
  1. 2007/10/20(土) 03:09:33 |
  2. URL |
  3. ゆきみん #nH/dZmZs
  4. [ 編集 ]

最近はよく子猫を見かけては、順調に手なずけております。
(ほんとよく見かける)
おかげで引っかきキズだらけ(笑)

オレの手を食いもんと思って食い付いてくるコもいてもー大変♪

そうそう、シンボルね。
これは”リンガ”と”ヨニ”だね♪
えっ?分からないって?それはね、大人になれば分かるようになるよ、坊や(笑)

ホントに知りたかったら、調べてみ。すぐ見つかるよ。
なんで知ってるかは…深くツッコまないように(笑)
オレには秘密がたくさんあるのさ☆
  1. 2007/10/20(土) 20:10:42 |
  2. URL |
  3. ひこまる #-
  4. [ 編集 ]

あーあ。最初ここ読んだ時笑いすぎて具合悪くなってコメント書けませんでした(´Д`)

近くの神社に猫がたくさん居て、愛想のいい子もいるんですが、先日カラオケの帰りに立ち寄ったら誰も懐いて来ない!逃げるし!
…何かあったんか?
猫がかわいいって猫好きの誰でもいうけど、だからってメスを入れたら可哀想とかいうのは履き違ってるよなぁとかコソーリつぶやいてみる。
捨てられる猫は可哀想じゃないのか。飢え死にする子は可哀想じゃないのか。生き延びても戸外じゃイヤな目に遭いまくりじゃないのか…。
やーね。

お土産の行方が気になります。
  1. 2007/10/21(日) 01:05:04 |
  2. URL |
  3. 宮城ま咲 #pYrWfDco
  4. [ 編集 ]

ayahaさん>
とてもじゃないけどレディーには見せれん代物です!
お、癒し効果ありましたか。よかったです。あのままハードディスクの肥やしになるところでした・・・
猫は犬に比べるとなついてくれませんからね…
まあ、あのツンとしたところが可愛らしいところでもあるんですが…
俺もこの前、夜中に諫早走ってたら見ちゃいましたね。
もう…本当、バイオハザード。
あれで絵の構図浮かんだんですか!?すげえ・・・ダークな絵の予感・・・!

ゆきみんさん>
いわば人間は飼い猫と同じ。
誰かに守られて生きてきた。
飼い猫にその自覚はなくとも。
けれど、社会に出て、自分の力で生きていくことの過酷さを思い知ったとき、
やっと自分たちが守られ続けてたことを知るのさ。

まあ、そんなことよりURL了解!

ひこまるさん>
そりゃ、いつもまたたびもってりゃ食いつかれるでしょ!!
匂い染み付いてるんですよw
でもいいっすね、仔猫はなかなか見かけないから貴重です・・・かわいい盛り。

とりあえずぐぐりました。
ヒンドゥー!
しかし、これはそんな神聖なもんと並べるとばちがあたりそう…

ま咲さん>
その猫たちは人間の恐ろしさを学んでしまいましたね。
せっかくの猫パラダイスが…
まあ、神社もうんことかで大変だから、保健所来たのかもしれませんが・・・
生きるのは過酷です…
ちなみに、お土産の行方は俺もわかりません。
クッキーの方は一人が、会社に持ってくと喜んで貰ってましたが、シンボリッキーなおもちゃのほうは…多分、持ってきた本人が持って帰ったかな?じゃなかったら店に置きっぱなし・・・
  1. 2007/10/21(日) 04:29:38 |
  2. URL |
  3. Dr.サボテン #-
  4. [ 編集 ]

お土産…危険ですね。

子供の頃、ダルメシアンに懐かれて追っかけ回された恐怖が抜けない私。
小型犬は好きなんですが、おっきな犬をみるとついビビリになっております。
私は猫派ですね、猫をみかけるとついつい近寄ってしまいます。
以前近所に、餌は全部子猫達に食べさせて自分は我慢しているガリガリなノラ母ちゃんがおりました。
結局、近所に住むやさしいおばちゃんがその親子猫達を飼ってくれることになったんですが。
ノラは人間の身勝手さから増えたもの。きっと他にもこんな母ちゃん猫はたくさんいるはず。悲しい話です。

余談ですが「まこという名の不思議顔の猫」という本、猫好きな私にはたまらない、オススメ本です。
  1. 2007/10/22(月) 01:03:08 |
  2. URL |
  3. さき #-
  4. [ 編集 ]

オレはどっちでもないので、動物に関してやーやー言えるものでもないんですが。ウチの隣の公園にはムダにキレイな白い野良猫がいます。だからどーだこーだは言わないんですけど、その猫に関しては生かされているのではなく生きている感じがするので、遠くから温かい目で見守っております。
しかしその一件ほのぼのとした絵の次のコマを想像すると・・・。あぁなんて邪悪。

今度はぜひモ無しの写真でお願いします。って通報されますわな。
しかしぜんまい仕掛けというのが言わせません。電動じゃないんだって、もーいいっすか。

  1. 2007/10/22(月) 18:13:10 |
  2. URL |
  3. Kowju #7S9/LGpM
  4. [ 編集 ]

さきさん>
ええ。危険です。
危険じゃ無いことのほうが少ないです。

慣れるとおっきな犬も可愛いですよ…
あんなでっかい身体なのに、散歩に連れて行こうとすると見てるこっちが引くくらい喜んで飛び跳ねます。
お前、そんな図体で飛び跳ねるな、こえーよ!と言いたくなります。そんな所が、馬鹿っぽくて可愛いんですが…

ノラ母ちゃん泣ける…!我が子の為に…!!
飼い主ができて本当に良かったですね!何だかんだ言って、野良猫には住みにくい世の中です。
あまり増えすぎては人間の迷惑になりますが、生きている権利は奪えません…
かと言って餌だけやりまくって放置…てのも問題ですし。

「まこという名の不思議顔の猫」…調べてみましたが、ブログ本(?)なんですね。こんなのがあるんだ…すげえ…!
とりあえずブログ見てみます。


Kowjuさん>
この絵の続きは…自然の摂理です…
いや、そこまで考えずに描いたんだと思いますが!言われてみれば確かに…

生かされている、より生きている姿のほうが美しいですね。
猫とは気高い生き物って感じですから。
まあ、下手に人間になついちゃったら、もう人間の力無しでは生きられなくなりそうなんで、気高きノラ猫を遠くから見守るのは大事ですね。

ちなみにこの土産は電動で動くアレと…いや、言うまい。
モザイク無しにするにはいささかリアルすぎます!
このブログをエロサイトにしないことには…!
つか、エロサイトにしたとして、この写真のモザイク外しても、エロ目当てで来たお客さんはガッカリして帰っていくことうけあいです。
  1. 2007/10/23(火) 01:19:13 |
  2. URL |
  3. Dr.サボテン #-
  4. [ 編集 ]

ふぉー!!
夜中にのぞいて発情してしまいました、いやしません、いやします、しません。しま・・・
レディですからー!!
それ、友達持ってきたらケラケラ笑いながら、ばかにしながら横目で見てしまうことうけあいです。
やるな、友達。

猫は、こないだ新幹線したらフーッ!!って言われました。
ムツゴロウ気取りでいる私はショックでショックでショックで、
めげずにからみましたが。
  1. 2007/10/26(金) 00:16:15 |
  2. URL |
  3. のほほ #-
  4. [ 編集 ]

のほほさん>
こんな部分的なもの見せられても中々発情できんもんですよ!!

土産はこんくらいネタにしやすいものを持ってきてくれると、本当、助かります。よくわかってます。友達。

気まぐれでノラ猫に餌をやったらわかりますが、恐る恐る近寄ってきて、餌の種類にもよりますが、くわえて持っていけないようなものなら、その場で食べます。
んで、しっかり食べ終わった後、急にバッ!と俺から離れて警戒します。
いや、ここまでゆっくり綺麗に俺の前で飯食っておいて、いまさらおせーよって話です。
まあ、そんな奴らなんで威嚇されてもショック受けることないっす!
ムツゴロウ気取りなら「よーしよししょし…」ってしなきゃです。
  1. 2007/10/27(土) 09:53:01 |
  2. URL |
  3. Dr.サボテン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drsabo10.blog99.fc2.com/tb.php/149-916f7ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

   

プロフィール

サボテン

Author:サボテン

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。