サボテン症候群★                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

静岡もえしょくプロジェクトの結果その4

長崎では盆のメインイベントとして精霊流しという一大イベントがありまして、街中で爆竹を撒き散らしながら歩くものだから、音だけ聞くとちょっとした地域紛争と言うか、物凄い騒音であります。
我が家はちょうど精霊流しの通り道に面しており、ここ数時間、延々と外で機関銃の銃声がけたたましく鳴り響いており、
船が通る時間帯はまだ百歩譲るにしても、ほぼ終わってからも道端に転がった大量の爆竹にヤングが火をつけて周り、銃声が止むまでは相当なタイムラグがありますれば
それを聞き続けている筆者の日本語が怪しくなるほどに頭痛が痛く、死者の魂を弔って送るための行事のはずの精霊流しで私は未だ爆竹を鳴らし続けるDQNどもを日本刀片手にバッサバッサと切り殺してまわりたくなるほどに殺意まみれのどす黒い感情に身体の芯まで浸かり、貴様の魂を冥界に送り届けてやろうかみたいな本末転倒な自体に陥るのです。
精霊流しを考えた奴死ね。


しばらく時間が空いてしまいましたが、久しぶりの更新がこんなに反社会的な内容ではいけません。
話題を変えます。

この前、友達の赤ちゃんを見に行きました。
出産祝いをするのは初めてだったので、何を送ればいいのやらさっぱりわからず、とにもかくにもオムツだと言うことで、オムツを買いました。
オムツってのは、けっこう高価な物なのですね。
豪華特典付きの初回版シングルCD並みの値段のオムツパックを購入すると、何十枚もオムツが入っているのですが、これ1パックで日数にしてどれだけ持つものなのか。
知識のない自分からすれば、これだけで数ヶ月持ちそうにも感じる。
出産祝いには友達数人で友人宅を押しかけることになってしまうが、その数人がそれぞれオムツを1パックずつ買って、持ち寄った場合、全部が新生児用だったら余ってしまう危険性はないだろうか?
思案すればするほど、我々独身者が子育てについて全くもって無知であることを思い知ります。

ちなみに、何十枚もオムツがつまった千数百円程度の商品では、ものの数日で使い切るそうです。
一週間前に渡したオムツが、もう使い切られているそう。
育児は大変です。

友人宅で数時間過ごしましたが、そのわずかな間だけでも、お腹がすいたり、オムツだったり、何度も泣いて、それを奥さんがあやし、友人がとなりのトトロの「さんぽ」を歌いながら部屋の中を練り歩き、何度も寝て、起きてを繰り返すのです。

これが毎日続くのか。そりゃ育児ノイローゼって言葉があるわけだ。

しかしながら、赤ちゃんは可愛い。
手のひら小さすぎ。腕ぷにぷにしすぎ。カメラ見すぎ。

俺の子供欲しいなあっていう感覚は、正直、犬飼いたいなあとか、猫飼いたいなあのような、軽い気持ちでしかないのだけれど、ちょっと子供が欲しくなった。





さて、一昨日、映画を見てきた。

「おおかみこどもの雨と雪」というアニメ映画だ。

これが予告だ。



「時をかける少女」や「サマーウォーズ」の細田監督ということで、その2作品がけっこう面白かったので、見に行ったのだが、予告もろくに見てなかった俺は、タイトルからてっきりキッズ向けのポニョやトトロみたいなアニメなのかなと思っていたのだが、

そんなことはなかった。

キッズももしかしたら楽しめるのかもしれないが、俺が見た限り、これは大人向けのアニメだ。
正直、「時をかける少女」や「サマーウォーズ」がかすんで見えるくらい、むちゃくちゃ良い映画だった。

この映画はおすすめしますよ。

タイトルを見てわかるとおり、おおかみおとこの子供のお話なのですが、これは、そんな特殊な設定をもつ子供を育てるお母さんのお話です。
本当の育児もむちゃくちゃ大変なのは前述したとおりだけど、そんな育児が、おおかみこどもの育児となったらさらに大変であることうけあい。
主人公の花さんが、おおかみこどものお母さんなんですが、花さん自体は普通の人間という設定です。
花さんの十数年の月日が、わずか2時間の映画にぎゅっと凝縮されています。まさに花さんの人生を描いた作品ですね。
きっと、映画を見終わったときはものすごい満足感があると思います。

こんな人が嫁さんになるんだったら、そりゃ結婚にも前向きになるよってくらいできた人物なのですが、残念ながら二次元のキャラクターなので現実には中々いないでしょうね。
それくらいの人物です。

この映画は、エンディングの曲もものすごく良くて、アン・サリーの「おかあさんの唄」という曲なんですが、
作詞が細田監督だけあって、映画と詞のシンクロ率が半端じゃないです。もちろん、単体でも良い曲ですよ。

今調べて知ったんだけど、この曲、アン・サリーが歌ってるのか。

昔ラジオで、アン・サリーの「雨のち晴れ」って曲を聞いて、俺はアン・サリーさんを知ったんですが、これがまた名曲だったので、さっそくCDを買おうとしたら、その曲はたしかコンサート会場か何かの限定アルバムに収録とかで、結局購入しなかったんですよね。
今度こそはCD買おうと思います。






さて、もえしょくの話だ。

2012年のゴールデンウィークは沖縄にも行かず、延々と絵を描いてました。

言うても、飲みに行ったり大分行ったり出張したりしてたから実質かかりっきりで描いてたのは締切ギリギリの最後の2日間くらいですね。
もう、二日間はフルで徹夜で描き続けてて、終わったのが締切の10分前という滑り込み投稿でした。
これも描き終わったっていうより、全力で未完成だけど終わったことにしたって感じです。

なんで二日間をフルに使ってこんな事態に陥ったかというと、今回は募集が3件あったんですよ。
3件とも同じ締切日。

いつもの感覚で1件あたり3個くらいを目安にしてたので、全部で9個作りました。アホだ。




それではまず、一つ目の案件。

>もえしょくイメージキャラクター「ふじタン」を絵師様のおちからで素敵にしてください


これは、企業向けじゃなくて、このもえしょくプロジェクト内で行う内輪の企画ですね。
もえしょくプロジェクトには「ふじたん」と言う富士山を擬人化したマスコットキャラクターがいるんですが、それの2012年バージョンを考えてくださいっていうお題です。

詳しい募集要項をコピペすると、

>情報
>ふじタンは富士山の擬人化です
>イメージはガラリと変えていただいてOKです
>元祖ふじタンは引続きWEBを盛り上げていきます!

>使用用途
>元祖ふじタン と 一緒にもえしょく広報担当として活躍します

>キャラクター希望コンセプト
>◆素敵にしてください



つまり、富士山の擬人化を描けばいいんじゃないですかね。

これはいつもみたいに採用されたら賞金っていうのじゃなくて、
グランプリでPS3かXbox360!準グランプリで東京ディズニーランドのチケット!入選(数点)でなにかいいもの!
っていう賞品形式で、しかもグランプリとかは無理でも入選すれば何かいいものをくれるらしいので、それを狙って頑張りました。

そんでまず、絵柄はもう奇をてらわずに目がでかい萌えって感じの奴ですよ。
後は富士山をどの辺にモチーフにするかです。

でもそれだけじゃ、他の応募する人たちの洗練された萌絵には到底太刀打ちできないって考えて、これに限ってはすげえ卑怯な作戦に打って出ました。


で、まず一個目の絵はこれ。


fujitan01.jpg

今回は投稿がギリギリで、しかも枚数も多かったので、投稿の際に説明文をうちこむんですけど、そんなことしてたら間に合わない!ってことで、文章はほぼ書いてません。

で、この絵はスタンダードな元祖ふじたんってキャラクターは、服が富士山のようなカラーリングだったので、そのまま流用して富士山型のワンピース着せました。
髪型もまあ、リボンを外したくらいで元祖ふじたんとそんなに変わりません。
これは、俺がまだ投稿しはじめる前のころの公募だった2011年バージョンのふじたんで入選してたのがだいたい元祖を元にしたものだったので、そのほうがいいのかなってことでこうしました。

色塗りに関しては、この絵で俺はフォトショのマスク機能を覚えたので、作業効率が非常に上がりました。
マスクってなんやろ…って思ってたけど、マスキングなんやね。美術部の時はほとんどマスキングテープ使わなかったけど、使ったほうが便利だ。

んで、俺の編み出した卑怯な作戦っていうのは、ふじたんが手に持ってるこれです!

もえしょくプロジェクトで販売してる商品をまんま手に持たせました。
こうすることによって、これを採用したら、この絵をパッとサイトとかに貼り付けるだけで自動的に手に持ってる商品の販促になりまっせっていう貴社の商魂に訴えかける作戦ですね。

もうなんかイラストとかキャラデザで勝負とかじゃなくて、この就職氷河期にいかにして低学歴なのに舌先三寸で面接をパスするかみたいな姑息な手段になってますね。
御社に入社した暁にはこの商品を売りさばいてみせます!みたいな感じです。

俺の好きなアニメ「無責任艦長タイラー」の第一話で主人公のジャスティ・ウエキ・タイラーが軍に入隊する際に、採用をかけた面接で、「私が宇宙軍に採用され、ひょんなことから華々しい功績を上げたとします」「その私の歴史に残る功績も、実はさるお方の素晴らしい観察力無しではありえなかった…そう、あなたですよ閣下」「入隊を許可したあなたこそが脚光を浴びるのにふさわしいでしょう」と、面接官を口車に乗せて軍の入隊を勝ち取るのですが


あんな感じです。

こんな作戦考えたんだけどって友達に説明したら、それは媚びすぎてて逆効果じゃないだろうかと言われました。
そうかもしれません。

実際、落ちました。


次も似たようなものですが、



fujitan02.jpg

これもまた販促の為に、羽子板を持たせてますね。
見えにくいけど、羽子板にかかれてるのが元祖ふじたんです。

これはハットを富士山にしようってことだけ考えて、後はノープランで作ったんですが、なんかもう最近スカートの絵ばっか書いてるなってちょっと嫌になってきて、スカートを使わずに、それでいてなんか奇抜な衣装にできないかと考えてこうなりました。まあ、ドナルドダックだ。

襟元が逆富士山になってますが、これは友達のアイデアです。

色の塗りは、もうちょっと帽子の影つけるとか、どうにかすべきだったかなと思います。



ふじたん関連はこれだけです。
本当はもう一個、なんか黒ひげ危機一発の富士山バージョンみたいな、富士山の先頭にふじたんが刺さってて、富士山に木を刺していくとふじたんがかっ飛ぶ!っていう、キャラクターを商品化するんじゃなくて、商品をキャラクター化するんだ!みたいな、昔ながらのおもちゃ販促アニメみたいなのりで考えてたんですが、キャラクター募集に「僕の考えた新しい商品」を応募するのはちょっとあんまりだなと思ってやめました。



2個目の案件は、

>静岡県沼津市より発進 230RACING TEAMを擬人化お願いします

これは、静岡のレーシングチームのレースクイーンのマスコットですね。
採用されたら、その絵の衣装を実際にレースクイーンが着るかもしれないっていうお題です。


詳しい募集要項は

>キャラクター 募集コンセプト

>◆女性キャラクター◆

>◆テーマ『祭り』 イメージカラー『赤』◆

>◆日本を連想する和テイストを取り入れたキャラクターを募集◆



ようするに、赤で和風で祭りでレースクイーンです。


実は俺、あんまりレースとか興味なくて、っていうか車とかバイクとかの乗り物に興味がないので、レースクイーンってどんなかよく知らないんですよ。
俺がレースクイーンって聞いて思い浮かぶのは、今は亡きコンパイルがなんかバイクレースチームのスポンサーをしてた頃にカーバンクルガールズっていうバニーガールのカーバンクル(ぷよぷよのカーくん)バージョンにしたような奴ぐらいのもんで、
普通のレースクイーンってどんななのか、雰囲気ではなんかこんな感じだよね?ってのはあったんですが、よくわかってなかったんですよ。

で、調べりゃいいんだろうけど、とりあえずそんなこんな感じだっけ?的な雰囲気だけでデザインしちゃったのがこれ。


230_03.jpg


一応、一見、お祭りに着るような浴衣に見えるけど実は洋服っていう感じの服です。
帯の部分がアンダーシャツで、浴衣の部分が上着とスカートになってます。

これの絵柄は、目がでかくて頭がでかい萌え!って感じの絵にしちゃったら、子供みたいになっちゃうから、レースクイーン的じゃなくなるだろうって思って、普通に描いたんですが
ふじたんの下書きを描いたあと、連続してこっちを描いたせいか、頭をでかく描きすぎて、一応あたりはざっと取ってはいるんですが、まったく機能してなくて、このままじゃB4サイズの用紙でも収まらねえってでかさになってしまい、無理やりB4に収めたせいでやたら足が短いっていうか足首もなんか変な感じになっちゃってます。

とりあえず和風感は出たんだけど、どうにもレースクイーンって感じじゃないかなと思って、ここに来てようやく、レースクイーンとは何ぞやということを調べることに。

結局、何がレースクイーンなのかはわからなかったのだけど、とにかく、レースクイーンはへそが見えてれば何でもいいんだ!みたいな安易な答えを導き出して描いたのがこれ。


230_02.jpg


1枚目でそぎ落とした和服要素をこっちに使いました。
この服の上に、1枚目の服を重ね着すれば、浴衣がだいたい完成するはず。

俺の学習能力が無さ過ぎて、これもまた、B4の紙じゃおさまりきれないような大きさで描いてしまい、今回は紙を付け足すことで対処したんですが、お陰でなんか腰の辺りから歪んでしまってますね。
結局、用紙のサイズはA3くらいです。


そんで最後がこれ

230_01.jpg

これは、もう和柄なら洋服でも和風になるんだい!みたいに、やぶれかぶれになってデザインしてるんですが
友達にも言われたけど、大人に見えませんね。妙に若い。

でも3枚目にして、やっとB4サイズにおさまる大きさで描けました。


レースクイーンはこの3枚を描いたんですが、どれも不採用でした。


ラストの案件は、

静岡東部ご当地アイドル の 先行キャラクター募集!

>キャラクター 募集コンセプト

>◆女性 1名◆

>◆静岡県 (名産・物産などなんでも) をイメージした衣装を着せてください◆


ご当地アイドルのPRキャラクターみたいな奴です。

俺はアイドルってあんまり興味なくて、音楽も作詞作曲してる人には興味あるけど、歌ってるだけの人はよほどの歌声じゃない限り、ファンになることは無いので、アイドルのファンになったことは無いんですが
そのため、アイドルってどんな衣装着てるのかいまいちピンと来なかったのです。

だから、とりあえず「アイドル 衣装」でググって勉強したんですが、

アイドルの衣装って、基本、何でもありですね。
普通の服でもよさそうだし、なんか昔の魔法少女みたいにふりふりしててもアイドルだし、AKBのせいか知らんけど学生服みたいなのも多いみたいだしで、
俺が見出した共通項は、チェック柄のスカートの使用率が高いってことくらいだったんだけど

もう何でもいいやってことで、色々無視して描きました。
とりあえず、AKBみたいな奴はアイドルは今の世の中、たくさんいるだろうから、学生服っぽいのは止めとこうとだけ決めてかかりました。


ちなみに、この募集は、ついでにアイドルユニット名も考えてくださいみたいなオプション的な募集もあったので、そっちのほうにも力を入れようと、友達と一緒にアイドルユニット名を考えてたんですが、
前述したとおり、滑り込みの投稿で、応募フォームで文章打ってる時間なんてなかったので、無駄になりました。

せっかくなので、考えてたユニット名ものっけます。


その①

idoll01.jpg

静岡うなぎパイレーツ

いきなり野球チームか何かみたいなユニット名ですが、静岡といえばうなぎパイだなと思って、これです。
完全に語感のよさだけでユニット名つけてます。

デザインは、スカートにそのままウナギが巻きついてるインパクトと、なんかふりふりした感じでいかにもアイドル的な感じにしようとした形跡だけはわかります。
うなぎパイをモチーフに衣装を考えると、もううなぎを直接描くしかなかったんですよ。

顔は、俺の萌え絵もこんだけ描いてるとなんか若干安定してきてて、どれも同じ顔になってるので、ちょっと変化つけようとして失敗してますね。


その②

idoll02.jpg

PIECE-IZ(ピーシーイズ)

このアイドルユニット名は、友達が「あ!いいの思いついた!」って自信たっぷりに提案したアイデアだったんですが、
何か、ピーシズとピースと伊豆が混ざってるらしいです。

「いいの思いついた!」っていうから、このユニット名聞いて、「お、おう」としか答えられなかった。


絵のほうは、西伊豆方面に「つるし雛」ってのあるのを知って、それをモチーフに描いたんですが、この募集って静岡東部のアイドルだから、西伊豆方面の名物じゃ駄目だったかもね。
とりあえず伊豆は静岡の東側ではあるから、広義で東部だと言っておきます。

もえしょくをはじめてから、やたらと和服的なのを描いて来てて、正直もう飽きてるんですが、和服アイドル枠はとりあえず押さえとこうと思って、今回はつるし雛ってモチーフだったから、平安的な重ね袿風です。

俺は江戸時代とかより、平安時代のほうが好きです。

で、あらかた方向性を決めて描いてみたら、これがまた全くまとまらず、アイドルだからある程度動ける服装にしなきゃならんけど、平安衣装はスポーティーとは言い難いのでニッチもサッチもいかなかったのです。
結局、とっちらかったまま、もう時間もないからとにかく書き上げようと、下書きに取り掛かったら、なんか知らんけどそれなりにまとまって、完成してみたら、あれ?他のより良いんじゃないか?って感じになったので良かったです。

向こうに掲載されると、もえしょくスタッフさんのコメントがもらえるんですが、「わーかわいい」が口癖のリーダーという方は、けっこうコメントでかわいいって言ってるんですが、
今まで俺の絵でかわいいってコメント一回も付いてなかったんだけど、この絵で初めてかわいいコメントが付きました。良かったです。


その③

idoll03.jpg

これは、元々もえしょくに送るつもりでもなんでもなく、ブログに載せるだけの、前にエーコーの絵を描いてましたが、あんな感じの絵柄で妖精を描こうかなって思ってて、ラフだけ描いてほったらかしにしてたのを流用しました。だから、構図的にキャラクター募集のコンペに送るべきじゃないですね。
絵柄は漫画っぽく変えて、衣装は花とか草とかもっと色んなのを使う予定だったんだけど、静岡といえばお茶ってことで、お茶の花とお茶の葉だけにしぼって書いてます。

が、前述したとおり、文章を記入する時間がなく、これ送った時なんてもう締切り1分切ってたくらいだったので、お茶の葉がモチーフになってることは誰にも伝わってやしねえよ。

一応、これにはアイドル名候補を何個も描いて送りつける予定でした。


ティティー

お茶のティーと、ティンカーベル的なあれと、アイデンティティー的な意味でトリプルミーミング!とかいいわけ解説をする予定だった。


茶イドル(ちゃいどる)

お茶とアイドルをかけたつもりだが、これではチャイドル(こども)である。
あるいは、昨今のアイドルの低年齢化に対する皮肉であるのかもしれない。


お茶ん娘ガールズ(おちゃんこがーるず)

「お茶ん娘」と「ガールズ」で意味がかぶりまくってるが、むしろそこがみそだ。
エキセントリック少年ボーイのようなものだ。


お茶女(おちゃめ)

言うまでもないが、お茶目とかけてる。

先に言っとくべきだったが、このアイドルユニットは男女ともに募集されており、けして女性だけのグループという保障はない。




その④

idoll04.jpg

アイドル名は、言わずもがな


THIS 伊豆 IT

THIS IS IT だ。


シーズウォーカー

ムーンウォーカーだ。


これの彩色時間はわずか30分だった。というか、それ以上時間をかけることが出来なかったので、無理矢理でっち上げた。

言うまでもないが、伊豆の踊り子がマイケルジャクソンのポーズをしているだけだが、これはもちろん、アイドル名が先にあってこそだ。

この絵に対して、もえしょくスタッフの皆さんは「ポーズを決めて顔が…」とか書かれていたが、
本当はこの絵、顔どころか人物は完全にシルエットだけで塗りつぶすつもりだった。
しかし、それじゃあ、伊豆の踊り子ってことが伝わらないってことで、仕方なく30分で塗った模様なのです。


以上4作品。

このアイドル募集の奴は、締切りが3公募同時だったからか、応募数が少なく、俺のを入れても総数19!
つまり、19作品中、俺の絵が4枚だから、

確率で言えば21%だ。

宝くじなんて目じゃないくらいの確率だ。これはひょっとするとひょっとするか?とちょっと期待したのだが

落選した!

そして俺は、ある重大な事実に気付く。




コンペは、確率より実力である、と…



次のもえしょくは6月に書いた分だが、結果発表はまだ先だと思うので、もえしょくネタはしばらくお休みして
普通にたまってるネタを消化すべく、ブログを更新していきたい気持ちではいるのだけど気付いたら時間が過ぎ去るって言うか、この記事の冒頭からして15日の夜に書いてる感バリバリだが、あまりに頭痛がひどかったので途中で力尽きて寝込んでしまい、今に至るくらいの体たらくだ。

おおかみこどもの雨と雪はもっかい映画館に行って見てもいいくらいだったので、はやくDVDかBDか出ればいいですね。
主題歌は今朝出勤しながら調べたら、どうやらサントラに収録されてるようです。会社帰りに買おう。
っていうか昼休みが終わった。もうこれ以上かけない。おしまい。



追記:

仕事帰りにちゃんとサントラ買って、これから聴こうと思うんですが、TSUTAYAで買ったら、なんかポスターが付いてきて、
ポスター持って歩きたくない!と思った俺はとっさに、「あ、それいりません!」って断ってしまった。
惜しいことをした気がする。

スポンサーサイト
  1. 2012/08/16(木) 13:02:48|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

   

プロフィール

サボテン

Author:サボテン

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。