サボテン症候群★                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マーシャとスカイジャンボリー2010の感想

pipe_organ1.jpg

『マーシャと小フーガト単調』

(前回までのあらすじ)

およそ200年ほど前―――
この国で暗躍し猛威を振るった魔導師がいた。
彼は多くの魔術を編み出し、殺害と破壊を繰り返した大罪人であり、人々から「爆破(バッハ)」の二つ名で呼ばれ恐れられた。
バッハの魔術の中でも、特に禁忌とされた「召風牙(ショウフウガ)」と呼ばれる禁術がある。
バッハはこの召風牙の継承方法を呪歌にし、楽譜として後世に残した。

宿敵・酵素との戦いに備え、魔法使いマーシャはその召風牙を体得すべく、魔導楽譜「トゥッカータ写本」を入手した。
召風牙を体得するには、この曲を魔導パイプオルガンで演奏しなければならない。
しかし、魔導パイプオルガンは現代に残ってはおらず、また、その材料である魔力を帯びた木材「ケンウッド」は精霊・ドリアードの身体からしか採れない貴重な材質であったが、こちらも近年の間伐の影響でドリアードが絶滅した為、入手は不可能だった。
しょうがないので、ケンウッドの代わりに近所のプレハブ小屋の取り壊しに立ち会った際に廃材の中からトタン板を拝借し、もうこれでいいんじゃね的な軽いノリで魔導パイプオルガンを作りだした。
しかし、やはり材質がトタンであった為、マーシャはオリジナルの召風牙よりも格段に威力の劣る「召風牙トタン調」を体得してしまった。

「こんな術では奴には勝てない…!」
マーシャは苦虫を噛み潰すのだった…

※本編は存在しません


というわけで、Kowjuさんのオリジナルキャラクター・マーシャを誘拐してきました。マーシャに見えますかね?不安。

もうかなり前になっちゃうんですが、Kowjuさんのブログの方で、この前までうちでやってた漫画の少年と少女を描いていただいたのが、すごく嬉しかったので、こちらも恩返しに描きましたよ!
漫画描いてた間、ずっと一枚絵をかきてえ!と思っていて、ようやく描けた一枚絵だったんで、そういう意味でもわーい!と現実を逃避しながら描きました。(もうすぐ友人の結婚式があるんで、その披露宴の余興のために映像製作をしなければならないという現実がオレの目の前にはあるのです。いや、やってたよ、ちゃんと。息抜きで描いたんだよ。明後日あたり作ったDVD持って担当の人と打ち合わせするよ)


さて、先月、スカイジャンボリーに行ってきました。

※スカイジャンボリーとは長崎で行われる野外ロックフェス


今年のスカイジャンボリーは例年と違い、なんと今までの12:00開演の前に11:00からオープニングアクトがあったのです。
オープニングアクトってなんじゃいと思って調べたら、ようするに本編の前に一組だけ前座的にライヴするっていうことらしいです。
ただ単に参加バンドが多くてはみだしただけちゃうんかい!?つーかもう開演11:00にすればいいんとちゃうんかい!?

一緒に行く友人たちが「俺たちはオープニングアクトから行くんだけどどうする?」みたいなメール入ってきたので、おもわず「なにがオープニングアクトだよ!?カッコつけてんじゃねーよ!横文字使えば良いってもんじゃねーんだよこの田舎物が!!それでオープニングアクトって何?」って返してしまいました。

んで、そのオープニングアクトってのを務めるのが、新進気鋭のガールズバンド「FLiP」だったのですが
申し訳ないことに存じ上げないバンドだったので、ググッたらmy spaceがありました。

このmy spaceってサイトが良いんですよ。メジャーな方からマイナーな、CD音源もないような方まで曲を上げてまして、曲を視聴しまくれるんです。
このサイトがあれば、1年くらいはニート生活してても飽きないんじゃないかなってくらい、色んな人がいます。
自分好みの曲を歌う人を探すだけでも面白いですよ。こう、これだ!とか惜しい!とか音楽の方向性が違う!とか今までオレは聴いたこなかったジャンルだけど中々いいんじゃね?みたいなのもあったり。
意外と、ピアノの弾語りとか良いですね。最近はそういうの探しまくって聴いてます。スカイジャンボリー関係ないけど。

んで、その件のFLiPですが、ガールズバンドとのことだったので、なんかこう、キャピキャピしたバンドなのかな?と思ってたんですが、聴いてみるとキャピキャピじゃなかったですね。
中々かっこうのよろしい曲を歌うバンドでした。東京事変とか好きな人なら耳なじみするんじゃないかな?わからんけど。

まあそんなこんなで、割と生で聴いてみたい気もしたので、行けたら行くよとだけ返事。


そして当日。

10:00起床。

外、うだるような暑さ。オレの部屋、涼しげなクーラー。

「あとから行くわ」と友人にメールしました。

だって外見たらものすげえ暑そうな日差しが照りつけてるんだもん、こん早い時間から稲佐山駐車場のアスファルトの上で列に並んで開場を待つなんて、自殺行為以外の何者でもないよ。
スカジャン終わるの夜の8時とかだぜ?長期戦だよ?友人たちは正気の沙汰じゃないよ。

そんなわけで、まあ12時くらいに着けば、高校の友人雄三君一押しのFUNKISTには間に合うだろうし、しばらく待機することにしました。

12:00

完全に行く気がうせてしまい、家でチキンラーメン食べながら漫画描いてました。
たしか、「最初の少女」の大人バージョンのエナが掘り起こした芋をひたすら塗ってた。

14:00

そろそろ行かないとやばいんじゃないかなぁと思いつつも、芋を塗る作業に没頭していたら、
バイト時代の年下だけど先輩だった宮本君から1年ぶりくらいに電話がかかってきた。

電話に出ると、「サボテンさん、オレ家を追い出されたんですよ…」

えぇー!!

「離婚の危機です」

えぇー!!っていうか結婚してたの!?

「あれ、言ってなかったですっけ。半年くらい前に結婚したんですよ」

えぇー!!

ようわからんけど、最近、バイト時代の連中は久しぶりに連絡してきたと思ったら、オレの知らない情報をオレが知ってる前提で話し出すから驚くことが多くて疲れる。

なんか大波止あたりにいるらしかったので、どうせスカジャンに行かなきゃならんし、ちょっと顔を出すかと、会うことに。
ここで宮本君から電話があったのは奇跡的だった。これがなかったら最後まで行かなかった可能性が高かった…


16:00

skya201001.jpg

skya201002.jpg

ようやく到着!!

ここまでの道のりが長かったぜ。つかすでに暑い。スカジャン以前に駅前まで行くだけで力尽きていた。

先に着てる友人を探すも、携帯が圏外ギリギリだったので中々連絡とれず、会場内を練り歩く。
後方のステージが全く見えないような木陰スペースに、多くの人が避難していたのだが、その中から友人たちを発見。
木陰で寝てた。

そら見たことか。開場前から並ぶようなことするからそうなるのだ。

合流するも、オレもここまで来るのに暑さで疲れてたので木陰で休みことに。

遠くのステージからは10-FEETの演奏が聞こえてくる。説明する必要が無いほどに盛り上がるバンドである。
しかし、そんな10-FEETの演奏すらも、木陰のオレにとってみれば小鳥のさえずりにすぎなかった。

全然ライヴ楽しんでねえ!


18:00

さすがにこのままで終わったらスカジャンに来た意味が無さ過ぎるし、夕方でようやく直射日光に耐えうるくらいの気温になってきたので木陰から出ることに。

何個か前の記事にも書いたRADWIMPSの出番だった。

一応、前の方のスタンディングスペースまで行くが、完全にだれてたのでヤングのように最前列なんて目指すことなく、後ろの柵にもたれかかって大人モードの仁王立ちで見ました。
一曲目は予想通りに「おしゃかさま」
新曲の「マニフェスト」って曲が、オレは反吐が出るくらい嫌いだったので、それ演られたらやだなぁでも新曲だしやるのかもなぁとか思ってたんですが、演らなかった。良かった。


19:00


大人モードで仁王立ちとか行ったそばからなんだけど、それなりに動いたので疲れて、坂の中腹の喫煙スペースに避難。

次は「Ken Yokoyama」

この人、あの伝説的なバンドの「Hi-STANDARD」でギターやってた人なんですね。
オレもハイスタは聴きこんだものなんですが、実を言うと就職してから同じ部署だった鐘ヶ江君にCD借りて好きになった口でして、その頃にはもうすでに活動休止してたんですよね。完全なにわかファンです。
ちなみに借りたCDは最後のCD音源みたいなもんで、「Love Is A Battlefield」ってシングルなんですが
これの2曲目の「はじめてのチュウ」のカバー曲で歌詞を英語にした「My First Kiss」って曲を鐘ヶ江君が車でかけてて、オレは思わず「何これ!?」って言ったのが始まりでCDを借りたのです。なつかしい。

とりあえずオレのハイスタ・ファーストインプレッションだった「My First Kiss」はっつけときます。



ハイスタ時代の曲とか歌わんのだろうなと思ってたんですが、「STAY GOLD」を歌ってて、感激しました。
イントロ入った瞬間鳥肌立ちましたね。喫煙所で「うおおおおお!?」って声に出しちまったよ。
STAY GOLDもよく聴いたなぁ。当時は鐘ヶ江君と後輩の井山と一緒に仕事終わって夜にあちこち行ってたんだけど、鐘ヶ江君がハイスタとかゴイステとかマキシマムザホルモンとかが好きだったので、ずっと車の中でそれらの曲が流れてたんですよね。
大村公園にナンパしに行ったりとか、あの頃こそ青春時代だったなぁと思います。就職してたんだけど。


んで、次が最後のバンド。

トリを務めるのは、去年に引き続き、
今年で解散、ではなく散開した「BEAT CRUSADERS」

あくまで、解散でも活動休止でもなく、「散開」らしいです。めんどくせえな全く!

まあ、あれですね。「おーま○こー!」ってお○んコールがもう聞けないかと思うとそれなりに寂しい気持ちにもなりますわな。

そういや、さっきのハイスタもそうだったけど、オレのビークルのファーストインプレッションだった曲はまたまた当時の会社の先輩の真一郎さんがカラオケで歌ってた「ミッキーマウスマーチ」のカバー曲なんですよね。
カバーつながりやな。

この曲も歌ってて、ああ…オレはこの曲でビークルを知ったんだよなぁって思うと、なんか解散が惜しくなってきました。あ、散開か。めんどくせえなこいつら!

とりあえずはっときます。こちらは「Dive into DISNEY」って、ディズニーのトリビュートアルバムに海外アーティストとかと混じって収録されとります。



そんなしんみりした気持ちで、Ken Yokoyamaの時と同じく中腹の喫煙所からステージ見てたんですが、同じく喫煙所にいた女性客二人のおしゃべりがうるさくてしょうがなかったのでさらに後方まで移動して会場入口付近から見ることに。

またこの女性のおしゃべりが声がでかくて、聞きたくも無いのに内容が聞こえてくるんですよ。
内容は、彼氏の洗濯物を洗濯機に入れて洗剤とかも入れて後はスイッチ押すだけの状態にしてるのにそれでも洗濯をしないという、要するに彼氏の愚痴なんですが
それがビークルの曲に乗ってるもんだから、俺だけ「BEAT CRUSADERS featuring 彼氏の愚痴」みたいな楽曲が完成していて、非常にわけわからん状態でした。

そんな会場入口からの、ビークルスカジャンラストライブ。

skya201003.jpg


22:00

駅前のampmのフライドレモンペッパーってチキンが超美味かった。

おしまい。



★今日のピカチュウ★

最初に書いたとおり、もうすぐ友人の結婚式なんですが、その友人がお盆に帰ってきたときにくれたお土産。


pikaaa.jpg

ピカチュウゲットだぜ!

It is my first ピカ チュウ!

…この顔のパチ物臭さがたまりませんね!

実はこれ、コンドームなんです。
これをアレにつけて人形劇のように「ピッカチュウ~」とかほざきながらベッドでアレする為の物なんですかね。知らんけど。

ちなみに、注意書きで「この商品はノベルティ商品のため、避妊具として使用することは出来ません」とありました。

意味ねえーーー!!


おしまひ

スポンサーサイト
  1. 2010/09/12(日) 23:48:41|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

エピローグ「ノゾミのなくならない世界」

できたー

なんだかんだで14Pにしてはそれなりに時間かかった気がするなぁ
まあ、漫画描くより他にやることあって、そっちに時間割いてたので片手間ではあったんですけどね
ポイントは後半の森の背景ですかね。割と綺麗な背景が描けたー!と達成感があったよ。あの背景は。

森の背景って、かがみもち星人のかなり最初の頃から頻繁に使ってた背景で、全体の色の塗りのレベルを上げていくにしたがって、同じ下書きで塗りなおしたりしてて、今回はその時の背景を流用しようと思ってたんですけど、
久しぶりに見たら記憶以上にしょぼい背景だったので、一から森の背景作り直したんですよ
こう、この1年の頑張りがこの新しい森の背景に集約された気がしなくも無いです

まあいいや。良かったら見てください。かがみもち星人完結編的なエピローグです。
これで完全に終わりです。
前回同様、下のバナー的なものをクリックしたら別ウィンドウで漫画のページおっぴろげ


ep_banner.jpg

終わりました。

タイトルの「ノゾミのなくならない世界」ってのは、筋肉少女帯の「レティクル座妄想」ってアルバムに収録されてる曲のタイトルにあやかりました。
内容はまったく違うんですけどね。筋肉少女帯のほうは「瞳を閉じてもこの嫌な世界はなくならない」って感じの意味なんです。だから、あやかったのはタイトルだけです。
あーでも「レティクル座」ってのは、1961年にアメリカ在住だったヒル夫妻がUFOに誘拐されたらしくてそん時に証言した宇宙人の出身地なんですよね。だからある意味かがみもち星人に合ってるのかな。完全に後付けですけど。
この「レティクル座妄想」ってアルバムがすんげえ名盤でして、レティクル座に憧れる人々を一人ずつ主役にしたストーリー仕立ての楽曲が収められてる、いわゆるコンセプトアルバムなんですが、オレのカラオケでの十八番はこのアルバムに入ってる「香菜、頭をよくしてあげよう」だって言う自称をしてたりしまして、まあようするにそんくらい好きなアルバムなんですよ。「さらば桃子」のシングルCDのカップリングversionの「1000000人の少女」も好きだったなぁ。大槻ケンヂのイントロのしゃべりが良いんですよ。「にぃーーーそっくすをはいて!」って台詞の「にぃい~~」って所がね。
あれ、なんで筋肉少女帯の話を長々と…

タイトルの話です。本当は別のタイトルがあったんですが、あまりに露骨すぎたからこっちにしました。
前半はわけわからんかったと思いますが、わけわからなくていいんです。ニュアンスで。

あ、気付かれてなかったらさびしいので言っちゃいますが、このブログのトップの絵ですよ。
このトップ絵描いたの、かがみもち星人描きはじめた時だと思うんですが、あ、背景に「OMNI」って書いてある。
この「OMNI」って、当時やってた「トラビアン」ってオンラインゲームで俺が入ってたチーム名ですね。mutuさんがリーダーやってた。
いや、それはいいや。話し出したら長くなる。とにかく、このゴール目指して今まで描いてきたので、もう本当
ながかったなーとしか思えませんね。

しかし次回からブログなにやるんでしょうかね。とりあえず次回はこの前行ったスカイジャンボリーのことでも書きますけども。

うーん。

とりあえず食べものの話でもしときます。

★食べ物★

つってもね。性懲りもなくコンビニの話くらいしかできないんですけど。

ファミマのおにぎりはずっとラー油とたまごかけご飯風の2つをローテーションしてたんですけど、流石に飽きてきて、
今俺の中でもっとも輝いてるファミマのおにぎりは「塩サバ」です。

塩サバが元々好きだってのもあるんですが、このファミマの奴が、塩サバをシャケフレーク的にほぐしてありまして
しゃけフレークのおにぎりよりもっと塩っけがあるおにぎりと考えれば想像付くと思うんですが、これが非常に美味しいんですよ。
なんか知らんけど、今けっこうファミマでは売れてるっぽくて、けっこうどの店行っても在庫を豊富に取り扱ってあるので、安心して買えますね。

弁当のほうは、ファミマのだとおろしチキンタツタ弁当が進化して、おろしチキンタツタ&おろしチキンカツという、つまりチキンカツが増えただけなんですが、これが美味いと思います。
でも、フレッシュ&デリシャスシリーズにあったおろしチキンカツ弁当とはソースが違うので、おろしチキンカツ弁当の味を想定したら期待はずれに終わると思われます。フレッシュ&デリシャスシリーズのおろしチキンカツ弁当はもう別格でしたからね。チキンステーキ弁当のが好きだったけど。
(チキンチキン言ってたら混乱してきた)

この前食べた、セブンイレブンのから揚げ弁当がめちゃくちゃ美味くて、ほか弁みたくコショウがついてるんですけど、それが柚子風味のコショウでして、うわあ、コショウを一工夫するだけでから揚げ弁当がこんなに化けるんだ!ってくらい衝撃的な出会いだったんですが
残念ながらそれ以来、あの弁当見つけられないんですよね。あの弁当に出会って以来、しばらくセブンイレブンを狙い打つぜ!ってライルのように昼休みはセブンイレブン目指して会社の車は知らせてるんですけど。
セブンにもおろしチキンカツ弁当みたいなのあるんですが、こっちはいまいちでした。なんだろう。やっぱソースのせいかな?


★納豆の食べかた2★

前に、納豆に明太子入れて食べるスタイルについて語りましたが、語った直後に夏場の気温のせいで明太子が腐ってしまい、
しばらくうちの冷蔵庫から明太子が消えてたんですが、この度復活しました。

しかし、今回購入した明太子は博多のじゃなくて、なんかようわからん崩れた奴だったんですね
さすがに博多明太に比べると味が落ちちゃうので、オレの満足のいく明太納豆ご飯は食せない状態だったんですが

そこで工夫してこその明太納豆ご飯だろうと。そんな道理、オレの無理でこじ開けてこそのフラッグファイターだろうと。
オレがこのわけのわからん明太子を美味しく調理してやんよ!ってことで、色々試しました。

焼きたらこってのも考えたんですが、オレは焼きたらこ苦手だったので、それはパスしてなんとか生の状態で美味しくいただく方法を模索したんですが…

ついに完成しましたよ。あんまり美味しくない明太子で作る美味しい明太納豆ご飯が。

まず、熱々のご飯にバターを落として溶かします。
そこに明太と納豆を混ぜ合わせたものを投下!さらにバターの溶けたご飯と混ぜ合わせる!

これは美味かったです。食った瞬間、きたぁああああああああ!!って衝撃が走りましたね。
センチメンタリズムな運命を感じずにはいられなかったです。
明太子の品質の差が、美味しさを分かつ絶対条件ではないんですよ。

ご飯にバターって時点で、気持ち悪いと思うかたもいるかもしれませんが、これはね、今にして思えばこの組み合わせは必然であったと言えるんじゃないかと思うんです。
バターとたらこって、たらこスパゲティのたらこソースそのものなわけですよ。
ようは、スパゲティの上にかけるか、納豆ご飯の味付けに使うかの違いなわけです。

バターによって、今までの明太納豆ご飯に足りなかったピースが埋まったって感じでしたね。これで明太納豆ご飯は完成だ!っていう…

問題は、非常にカロリーが高くなるってことなんですけど。

ちなみに、俺の舌は年々おかしくなってるので万人にお勧めできるかどうかは知りません。ご了承ください。

おしまい!
  1. 2010/09/03(金) 02:45:32|
  2. 漫画道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

   

プロフィール

サボテン

Author:サボテン

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。