サボテン症候群★                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スカジャンには来ないけどamazarashi良いよ

おまけ2

今度は五島に行ってきました。
お土産は無いですよ。一応、かんころ餅かって来たんだけど、この前朝ごはんにいただきました。美味しかったです。

さて、今日も前回と同じく漫画も書き終わらないまま更新です。
今回もまた音楽の話を垂れ流します。後半は食べ物の話です。前回と同じです。


amazara_bakudan.jpg


さて、amazarashiです。

みなさん、知ってますかっ amazarashi!

実はオレも今年に入るまでしらんかったんですが、先月の頭にこのバンドが「爆弾の作り方」ってアルバムでメジャーデビューしたんですね。
インディーズですんげー評価がよくて、今回このアルバムでメジャーデビューとの噂を聴いたので、視聴してみたんですが、噂通りものすげえ良い曲で、速攻でアルバム買って聴いたら全曲ものすごい歌詞が良くて、今むちゃくちゃ聴きこんでます。

あれ、なんかデジャヴ。

とりあえずアルバムの一曲目をはっつけときます。



このバンドは曲よりも歌詞に注目して欲しいんですが、曲はわりとフォークっぽい感じで斬新でもなく、無難な曲だと感じるかもしれませんがだがしかし!
歌詞がメッセージ性の強い物語調といいますか、一曲の歌詞であたかも一本の映画のようにお話を紡いでるとでも言いますか、
とにかくすげえ良い歌詞書くんですよ。

個人的に一番好きなのは2曲目の「無題」って曲なんですが、このタイトルの「無題」も、けして曲名が無いわけではなく、歌詞を聴けば意味がわかるようになっております。
「無題」の歌詞は特に物語性が強くて、画家を目指した主人公とその彼女と夢の挫折のお話です。割と重いです。

オレは基本、ネガティブでうしろ向きな部分が見え隠れする歌詞が好きなので、そういうのはこの歌詞は良い!とすぐに息巻いちゃうくらい単純な思考なんですが、それは置いといて、歌詞が一本のシナリオになってるってのがまた別の意味で好きな部類でして
筋肉少女帯の大槻ケンヂが好きなのもそういう歌詞を書くからなんですが(さらにネガティブなんだこれが)

このバンドは、…ちょっと違うんだけど、BUMP OF CHICKENの「THE LIVING DEAD」ってインディーズの2枚目のアルバムが全曲物語調の歌詞で、短編集のようなアルバムなんですが、あれが好きな人なら喰いついて損はないかと思われます。バンプほどストレートなストーリーでも無いんですけども。
他にも物語的な歌詞を書く人なら「ミドリカワ書房」がいるんですが、これの歌詞は物語的なんだけど、完全に主人公が決まってて、曲によっては同じ物事を別の立場の人物から見た歌詞みたいなのをやる人でして、
取り上げる事柄も離婚問題や、いじめ、整形、人身事故、死刑囚、痴呆症などなど、一風変わったテーマで曲を作るんですが、この人の歌詞はかなり人を選ぶと思いますがお勧めです。つか、またいつかミドリカワ書房単体でブログ書きたいくらいですね。まあ、それは今はいいや。

物語性の歌詞の良いところはですね、ストーリーを小説のように楽しむってのも良いんですが、それ以上に世界観だと思うんですよ
物語的表現は心情吐露に近い通常の歌詞よりもよりメッセージを伝えるに置いて明確な例えを使った比喩表現が可能ですし、さらにはそれを音楽で演出できるという優れものです。
上にあげた曲も、曲だけ追っていればフォークでオーソドックスでちょいとキャッチーな曲だな、くらいに思うかもしれませんが、この歌詞にこの曲だからこそ、郷愁感と絶望一歩手前感みたいなのが表現できてるんじゃないかなっと思うんですがどうでしょうかね。

さあ、次行きます。

sads010707.jpg

サッズの7年ぶりのニューアルバムです…

ここからは清春の話になっちゃうので、さっきよりさらにわかわからんと思います。読み飛ばしを推奨します。
マウスの真ん中のグリグリする所を下方向にグリグリーってやると大きな文字で「食べ物の話」って書かれてるので、そこまで飛ばしたら清春の話は終わります。

サッズが復活しました。
っつーか、今年から清春はソロ活動と同時に、サッズと黒夢もやるらしいです。
そう、黒夢も復活するんですよ…

とりあえずこの前出たのはサッズの方のニューアルバムです。

7年前のサッズの活動休止のごたごたは色々と聞き及んでるんですが、それでまあ、予想通りといいますか、メンバーは7年前のサッズとはまったく違います。
清春以外は新メンバーという構成です。
ですが、悲しい話、結局サッズは清春のワンマンバンドでしかなかったといいますか、清春がやるバンドがサッズだとでもいいますか、
このバンドは紛れも無くサッズでした。

カッチョイイアルバムでしたよ。

サッズと一言で言っても、「忘却の空」の頃の2ndアルバム時代が一番売れてたので、そっちを思い浮かべる人もいるかと思いますが
今回のアルバムは3rdの「THE ROSE GOD GAVE ME」の延長上って感じです。
昔サッズ好きだったんだ!復活したなら聴いてみようかな!って人がもしいらっしゃいましたら、3rdが好きだったかどうかを判断材料にするのが良いと思います。
2ndが好きな人は、清春のソロの方が合うんじゃないかな。

俺としては4枚目のライヴ限定販売だったアルバムの次くらいに好きなアルバムなんですが、実を言うと3rdはけっこう、人を選ぶといいますか、ハードロックな感じのアルバムになってまして
これが出た時はもう、日本のメジャーでこんなん出していいのか!?的な異彩を放ったアルバムだったのです。
今回も思いました。こんなんメジャーで出して良いのか!?つか、お金なくなったからやるんじゃないのか!?これは売れないだろ!?

でもすごいカッチョイイアルバムです。売れなくても好きです。

一曲目はこんな感じ。
※もんのすごく人による曲調なので普通のポップな曲が好きなんだい!って人は聴かないでください



この曲のサビの歌詞がですね

Welcome to my lost babylon

つってるんですが、これは2ndの「BABYLON」の最初のトラックの「Welcome to my babylon」に引っ掛けたものですね
あの頃のバビロンは失われたようです。

清春はソロもまあ、一応聴いてたんですが、やっぱバンドの形態でやったほうがしっくり来ますね。個人的には。
サッズが復活してくれたのはすごく嬉しいです。

が、黒夢の復活は…ちょっと複雑な感じでして
まず、サッズはぶっちゃけ清春以外新メンバーでも成立するバンドだと思うんですが、黒夢はやはり人時のベースがあってこそだろってのがあって、黒夢も確かに後期は清春ワンマン色が強くて俺はその頃に黒夢ファンになってる人間なんですが、それでもやっぱり、そこは外せないといいますか
まだ黒夢のメンバーは清春以外誰が来るのか不明なんですが、そこに人時の名前が無かったらと思うとね…
まだわからんけど。

あと、黒夢は良い思い出になっちゃってるので、下手なことにならないといいなぁと思います。
なーんか、サッズがこの路線で来たから、黒夢は売れ線で来ちゃわないか心配なんですよね。でも、売れなかったらそれはそれでやる意味ないのかもしれないんですけども。
正直、やったー!って言うより、清春も色々大変だなぁって思ってしまう!切実に!


★食べ物の話★

はい、食べ物の話です。やっとここまで辿り着いた!

前回も語ったファミマの「たまごかけご飯風おにぎり」ですが、それに似たようなのがセブンイレブンでも出たんですよ。
それはそれで美味しかったんですが、たまごのトロッとした感じが無かったので、やっぱファミマのほうが俺は好きだなぁと思ってファミマに行ったら

たまごかけご飯風おにぎりが無くなってるーーー!!!!

絶望したっ!

コンビニおにぎりもコロコロとラインナップ変わるし、いつかは来るかもと思ってはいたんですが
たまごかけご飯風おにぎりはかなり長い期間残ってたので、シャケ・梅・ツナマヨに続く新たな基本メニュー入りを果たしたのか!?とかなり期待を寄せていたので、
今回の改変であっさり姿を消してしまってものすごいショックを受けました!神は死んだ!

失意のどん底に落ちたオレが、うつろな目でファミマの棚を見やると、衝撃的な商品名が飛び込んできた!

ラー油おにぎり!

おそらく、石垣島ラー油(だっけ?)のブームに便乗したおにぎりなんでしょうけど、正直、たまごかけご飯風おにぎりのあの完成度には遠く及ばねえだろうと思いつつも、試してみずにいられなかったオレはわしっとラー油おにぎりを掴んでレジに向かいました。




ラー油おにぎりウマーーーーッ!!!!!!!!!!!!

超絶美味い!これはヤバイ!たまごかけご飯風おにぎりに匹敵するか、それ以上の美味さだ!

本物の石垣島ラー油(だっけ?)とか食ったこと無いので比較は出来ませんが、すんげー美味かった!
なんか、ようわからんけど、サクサクしたスナック状の具が入ってるんですよ。それがすんげー美味い!ドンタコスみたいで美味い!
なんだろうこれ、こう言っちゃうと誤解されそうなんですけど、数年前にファミマで売ってた日清のラーメンおにぎりの完成形を食べたという感覚です。
ファミマおにぎりの奇抜路線、ここに極まれり!って感じです。これはむちゃくちゃお勧め。めっちゃ美味い。



次。

imosyu-.jpg

いきなりシュー!

またファミマです。

なんかアホみたいな名前ですが、これが今、俺の中でかなりのビックウェーブを巻き起こしてるスイーツでして
サツマイモを使ったクリームが中に入ってるんですが、これがまたとてつもなく美味いシュークリームなのです。

オレはシュークリームは生地がサクサクの奴が好きなんですが、これに関してはね、生地はふわふわの奴なんですけど、
普通ならオレの好みからしたら、「ああ、これふわふわの生地なんだ、オレはサクサクの生地のが好きだから残念ですがお引取りください」って定期購入はこちらから丁重にお断りする類のシュークリームのはずなんですよ
ですが、そんな不利な状況を凌駕するほどに中身のクリームが美味い!こちらから毎日買わせてください!って定期購入を促す勢いなのです。

これはもはや、シュークリームではないね。
スイートポテトの第二形態だね。
数ヶ月前にオレがこのブログで猛烈にプッシュしてたけど速攻で棚から姿を消したセブンイレブンのスイートポテト以来の、オレヒット芋デザートです。
デイリーヤマザキのスイートポテトが、ちょうど練り物状ですんげー美味くて大好きなんですけど、あれをシュー生地で包みました感がすごくて、ああ、これが俺の求めていた芋のデザートなんだなぁと感じましたね。
シュークリーム好きの人より、スイートポテトをこよなく愛する人にこそ、これはお勧めしたい。そんなシュークリームです。(どんなシュークリームだよ)

調べてみると、この商品は熊本県尚絅大学の学生発案商品だそうです。
なんでも、いきなり団子をイメージして作ったシュークリームだそうです。

スイートポテト関係なかった!!

まあいいや。熊本県尚絅大学の学生さん、あんたら将来大物になるよ!こんな美味いシュークリームありがとう!
毎日食ってます!(ちょっと太り始めてます。ヤバイ)


はい、まだまだ行きますよ。

この前、毎年恒例の高校の同級生の墓参りに行ったんですが、誰が何を持ち寄るとか打ち合わせ無しに現地調達ってことで集まったら、線香を持ってくる人が被ってしまい、
せっかくだから全部使おうと、大量の線香に火をつけたらすんげえ燃え盛って、線香に火をつけた人はなんとか火を消そうとぶんぶん振るんですが、その姿がもはや祈祷師以外の何者でもなく、
なんとか火を消して線香立てに立てたものの、量が多すぎて線香立てにぎゅうぎゅうすぎて、また燃え出してしまって、
墓の前で轟々と線香が燃える様は、まるで死んだあいつの祟りのようでしたよ。

それはいい。

その帰りにロッテリアで昼食を取ったんですが、友人の一人が今、ロッテリアで大絶賛売出し中の

001burger.jpg

タワーチーズバーガー(総カロリー1823kcal)

を注文したんですね。(※写真はロッテリア公式ホームページより)

そんなすげえカロリーの高いものなんて、最近また運動不足で体重が危ういオレからすると自殺行為以外の何物でもないんですが
本人が食いたいというから特に止めることもしませんでした。

んで、運ばれてきた問題のタワーチーズバーガー。











burger_tower.jpg

汚っ!

いや、美味そうですね。すごい!さすがは1823キロカロリー!カロリー高めの弁当の二個分!

崩れないように串で刺さってて、なんか知らんけどフォークで食べます。

うーん。まあ、オレは…いいかな。


★鋼の錬金術師最終回について★

ついに終わりましたよ…
アニメで5クール、漫画連載開始から9年!

すんげー大作でしたよ…
この漫画はね、けっこう、中二向けファンタジー漫画っぽく思われガチなんですけど、決してそんなことは無くてですね。
いやまあ、まったくそうじゃないこともないんだろうけど、
オレがこの漫画の好きなところは、主人公だけが活躍して終わる漫画じゃないことですね。
しっかりと、モブキャラの兵隊にも見せ場が用意してあったり、活躍するシーンがあるんですよ。
あと、主人公格は基本的に美形キャラが配置されてはいるんですけど、それを食うくらいに親父キャラやマッチョキャラが大活躍するんですね。
これは最近の漫画の傾向からするとすごいことだと思うんですよ。特にガンガン系は。オレもそんなに詳しくは無いんだけどさ。

アニメのラストのウィンリィが写真が立ててある部屋を横切る所で流れてるBGMもすげえよくて、感動的な演出でしたね

ここまで続きが気になった漫画も最近オレは無くて、昔はこの漫画が完結するまでは死ねない!みたいな漫画が何個かはあったんですが
もうそのひとつだったワンピースとかも実を言うとそこまで先が気になってなかったりするくらいなんで、鋼が終わっちゃったから、もうオレはいつ死んでもいいなってくらいに見事なくらいに完結しましたね。
いやもう、本当、オレの人生に悔いは無いよ。

この漫画に出会ったのは7年前くらいでして、その時、ちょうど独り暮らしを始めたばっかの俺は、暇をもてあましてて、なんか漫画でも買おうかと思い、高校の友達に電話でお勧めを聞いたんですね。
それが鋼の錬金術師だったんですけど。

その時、鋼は4巻までしか出てなくて、4巻くらいなら安いもんだと本屋へ向かったんですよ。
そしたらまたその時の最新刊だった4巻が、ヒューズ中佐が准将になるエピソードでして、ありゃあもう歴史的な感動的な名場面でして、涙がぶわあああ!とあふれ出たのも良い思い出。
すっかりはまってしまったのですが、あん時はまさか2010年までの付き合いになるとは思ってもいなかったよ!

すんげー長かった!

ぶっちゃけ、お勧めされて4巻分まとめて買ったときには、4巻で完結してるもんだと勘違いしてましたからね!
まだ続いてる漫画だったんか!とか思いつつも、まあガンガンは月刊誌だから大体10巻くらいで終わるだろうと思って続きを楽しみにしてたんですが、今じゃもう24巻も出てるよ!

まだ最終巻出てないんですが、全部で27巻の予定らしいです。
それだけの巻数出すだけのことはある大作でした。
見事な完結ッぷりでした。




でも、なんか劇場版があるらしいです。

ええー!これ以上、何をやるんだ!


おしまい。

スポンサーサイト
  1. 2010/07/08(木) 23:51:59|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

   

プロフィール

サボテン

Author:サボテン

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。