サボテン症候群★                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

走る

一昨日の夜の出来事。



toranzamu01.jpg

迫り来る待ち合わせの時間。

スピードを緩めることなく街中を駆け抜ける。

そして

ようやく、待ち合わせ場所が見えてきた…






toranzamu02.jpg


こりゃいかん!

もはや、一刻の猶予も無い。


先輩は我慢弱い。


一分一秒でも速く、車に乗り込まねばならない!



俺は、スピードを速めた。


toranzamu03.jpg


全力疾走。


数年前にサッカーしてた時にすら出さなかった俺の本気の走りである。

つか、自分でも驚くほどのスピードを体感した。3倍はあった。


なんつーか、風になった気すらしていた。






toranzamu04.jpg


こけました。


車に乗っていた先輩も驚いてた。


先輩いわく、「2メートルは飛んだ」とのこと。


目の前にいた、たこ焼屋のおばちゃんもビックリして「大丈夫ですかっ」とか言ってた。






toranzamu05.jpg

超痛い。

※傷口は、なんかちょびっと肉が見えてて(小石がめり込んでた)グロかったので、モザイクしました。





まーそんなことがあったんですが、今は別に傷口は風呂に入るときにクソ染みるくらいで、日常にはさしつかえなくて良かったです。
むしろ、打撲でちょこちょこ腫れてるので、そっちのが痛い。



あえて言わせてもらおう。走ったら危ないと!



★今日のホモ弁★

hokaonigiri.jpg

なんかホットモットに、ライスバーガー(?)とか言う商品があって、それを買いました。

モスバーガーに売ってたライスバーガーを想像してたんですが、まーバーガーって言うか、

コンビニに売ってる具がゴージャスなおにぎりです。



しかしながら、その具は流石はホモ弁なので、美味しいです。

コンビニで売ってる具がゴージャスなおにぎりのゴージャス版って感じです。

ゴージャスとゴージャスの間におにぎりがはさまれてるので、ライスバーガーです。HAHA、上手いこと言った!





……おすすめはすき焼き味。

スポンサーサイト
  1. 2008/10/23(木) 23:28:56|
  2. イラスト/モノクロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

何故世界はこんなにも歪んでいるんだ

gurahamu03.jpg


この前合コンがありました。


この飲み会のことは、大したネタでもないんで、もうブログに書くの止めとこうと思ってたんですが、次の記事の準備も終わってないんで、今回は小ネタ一個でサラッと短い記事を書こうかと思います。


まー普通に短い記事がブログにはちょうどいいのかなーと思うんですが、いっつもブログ書くときは出し惜しみなしの全力体制で書くので、長ーい記事になりがちです。

もう少し肩を軽くしてさらーっと書きたいものです。


だからさらーっと書きますね。


















合コン行ったけどマルチ詐欺の方々でした。


まー参加した人の内、何割がマルチ勧誘でいらっしゃった方かはわかりませんでしたが、確実に紛れてましたね。
えらい人数多かったんで、撹乱作戦だったのかもしれません。



マルチに引っかからないように注意ですねー






フォー○ーフ社のオリジナル健康補助食品「ファー○ト・リーフ」は、マリーゴールド抽出物の
ルテインエステル及び牛乳からのラクトフェリンやカシスエキスのカシスポリフェノールなどに
適応するA.O.C.E(Anti Oxidant with Curing Effect:抗酸化組成物の総称)が、
バランスよく配合されているのを特徴とします。緑黄色野菜の摂取が不十分な方、
外食の多い方、ファーストフードをよくお召し上がりになる方など、
偏食気味な方々におすすめするサプリメントです。「ファースト・○ーフ」は、
マリーゴールドエキス、カシスエキスをはじめ、アイブライトエキスや生まれたばかりの
赤ちゃんの育成に必要な、初乳に多く含まれるラクトフェリンやコエンザイムQ10、
カロチノイド色素であるリコピン、そしてローヤルゼリーも配合されています。
あなたの食生活の栄養バランスを保つために、フォーリー○社でオンリーワンの
健康サプリメント「ファース○・リーフ」をお役立てください。




ワフー!勧誘しちゃったぜいっけねー!



ま、詳しく知りたい人ははココ↓を読んでくださいねー

悪徳商法フォー○ーフ

連鎖販売取引の企業一覧


次、こういうのに出くわしたら俺は武力介入を行います。


狙い打つぜ!!
  1. 2008/10/20(月) 22:31:22|
  2. イラスト/モノクロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぷろじぇくとX「ミニ四駆にたくさん電池を繋げた男達」

ぷろじぇくとX企画第2弾です。


前回の、ム式ダイダロス攻棒の記事の時、オープニング動画を作って載せたんですが、
今回は思い切って本編も全て動画にしました。

つーか、文章じゃ記事に出来そうもなかったので…

FC2動画のアップロードのファイルサイズ制限は100Mなんですが、今回の動画、制限ギリギリのサイズなので、けっこう重いです。
読み込みに再生が追いついて動画が止まったりするかもしれないので、ご注意ください。

どうでもいいけど、FC2動画ってアップロードする際になんかファイル変換してますね。
画質がえらい悪くなってしょんぼり。

あと、さっき見直したら動画の中に誤字を発見してしょんぼり。
でも、修正したらまたあの変換地獄がまってるかと思うと、吐きそうになるので修正しません。


ちなみに、今回もカラオケ屋で収録。
機種がDAMだったので、デンモクに履歴がずらーーーーーっと、同じ曲ばかり並んでました。

圧巻でした。



★本編★




★おまけ★


  1. 2008/10/13(月) 23:42:28|
  2. 自作動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

パコと魔法の絵本とイキガミの共通点

パコと魔法の絵本_s

『パコと魔法の絵本』

「パコと魔法の絵本」の絵を描こうとしたんですが、

パコが似てないわ可愛くないわ似てないわですごく残念な絵になってしまいました。申し訳ありません。

本当は昨日のうちにこの記事あげたかったんですが、どうにも絵が間に合いそうに無いってことで、下書きの段階では存在していた大貫(役所広司)の後姿と、ガマ皇子と、後ろの方の渡り廊下が全て綺麗サッパリ消え去って、最初からするとずいぶんとすっきりした絵になってしまいました。
そこまでして作業減らしたのに、昨日のうちに絵を描き上げられなかったのも残念です。

この絵、元絵のサイズが2288×2880ピクセルなんですが、いつもよりサイズ大きめで描いたせいか、レイヤー8越えたくらいからPCが異様に重くなって、色塗ってて嫌にストレスが圧し掛かってくる状態になってしまいました。
特にこの絵は細かい作業がちょこちょこあって、神経使うところなのにさらに糞重かったらそりゃあもう通常の3倍は疲れるわけです。
仕方ないのでレイヤー10くらいを仕切りにして、下絵以外のレイヤは結合。そっからまたレイヤを重ねて塗り進めていったんですが、せっかく最初に綺麗にレイヤ分けしようとしてたのに結合しちゃってるから、後々楽に塗れるはずだった部分まで細かく塗らなきゃいけなくなって、細かい作業は増えるし、さらにレイヤが増えて重くなってまた結合の繰り返しで、終わりの見えない迷路に迷い込んでいくようでした。
最終的にはトータルで50レイヤぐらいだったんですが、これでもし途中で結合とかしないで、さらに当初はあった下書きをそのまま描いてたら、おそらく俺のPCが火を噴いたか俺の脳神経がブチ切れたかのどっちかだっただろうなぁと思います。

おまけに、細かく描いたところがサイズ縮小で全部潰れてしまったのも残念です。

グダグダ書きましたが、ようするに、


パコ似てねーけど知るかそんなん!俺はそれどころじゃなかったんだよ!と言いたいわけです。



はい、そう言うわけで、

「パコと魔法の絵本」を見てきました。映画です。

はいこれ予告。




最初、映画館でポニョかなんか見る前にパコの予告はじまった時、なんつーか


面白くなさそ~とか思ってたんですが、

予告の途中からおや?と思い始めて、予告終わる頃にはちょっと見たいかも…と思ってました。予告ってすげー


どうやら、一緒にポニョった友達も、同じこと考えてたらしく、パコ公開日に『そういや今日からパコあるらしい』とかメールが入ってきて、そんじゃ今から行くか!と軽い気持ちで行きました。(もちろん長崎の映画館ですよ)





感動した!


良い映画でした。

予告の動画見りゃわかると思いますが、登場人物のコスチュームからして、なんつーか特殊。
ティム・バートンとか好きなんで、こういうのは嫌いじゃないんですが、日本の映画でやるのはどうかなぁと最初は思っていました。

演技も、舞台風と言うか、なんつーかハイテンションな感じの演技と演出なんで、最初はちょっとあの世界観に慣れるまで違和感あったんですが、
上映20分後くらいにはなれました。

つかもう、あの世界観とあの演出とあの演技だからこそ、この映画は良かったんだとすら思えます。


楽しいシーンは全力で楽しくして、泣き所でガッと落とされる感じです。

俺が一番感動したシーンは、ラストより、中盤の役所広司が号泣するシーンなんですが、
そこのシーンが感動できたのは、そこまでにあのハイテンション、オーバーリアクションの演技があったからこそだな、と思うわけです。

あと、笑いどころも多いです。
最初の方はまだあの演技になれてなかったんで、いまいちツボにヒットしなかったんですが、

最後の方で劇団ひとりが真剣なまなざしをしてるシーンがあって、そこが良い味出しててクソ笑いました。
もしかしたら、あそこは笑う所じゃなかったのかもしれないけど、笑いました。

劇団ひとり、良い仕事してます。



これが、約2週間ほど前のこと。


昨日、また別の映画を見てきました。

『イキガミ』です。

はいこれ一応予告。




これは何と言うか、漫画が原作の映画です。

細かい説明省きますが、「イキガミ」が届いたら、その人は死ぬ、と言うとんでもない設定です。

けしてホラーではないです。(ちょっとホラーっぽい演出も多かったけど)

原作の漫画はしらないんですが、この映画に関して言えば、設定自体は舞台装置に過ぎないのかなぁと思います。
そのとんでもない設定が一般常識の世界で、のこり24時間の人生をどう生きるかみたいな、人間ドラマがメインと言えるかと思います。

(そんな泣ける話を商売にしてることを否定してるニュアンスもありますが)

こちらも泣けるといえば泣ける映画なのかもしれないですが、どっちかと言うとあー悲しいなこれは…的な感じの方が強いかもです。

こいつはやるせないぜ、的な、何でこんな理不尽なんだよ、的な。

パコとは違って、全体的にずっと重いお話になっています。


どうやら、漫画でいう所の3話(?)分くらいのエピソードをまとめてるぽかったんですが、個人的には桜のエピソードが良かったです。

全体的に可哀想な泣きが多い中で、これが一番、良かったね的な部分が強かったと思います。

というか、そのエピソードの中心人物の役をした山田孝之の演技がすっげぇ良かった。上手い!



この2本の映画、どっちも良かったし、どっちも悲しい部分があって共通点があるように感じなくも無いですが、まあ、対照的な映画じゃないかなぁと思いました。



しかし、この2本の映画にはものすごい共通点があることが、判明。







こっちにも劇団ひとりが出てる!(すげー脇役だけど、重要だったと思う)


こっちに劇団ひとりが出てるなんて俺は全く知る由も無いまま、この映画を見たんですが、偶然にも2本連続で劇団ひとりが出てる映画を見たことになります。

傍から見たら、まるで劇団ひとりをおっかけて映画を見てるかのよう。


お前どんだけ劇団ひとりが好きなんだよ!と言われたら返答に困りそうです。


しかし、俺は別に劇団ひとりが好きなわけではないのです。もしかしたら俺は劇団ひとりに呪われているのかもしれん。



さて、今やってる映画で、後2本、見る予定になってるのがあるんですが(観に行けるかまではわからんけど)
その映画に劇団ひとりが出てないことを祈ります。






★おまけ★

tynapon_onigiri.jpg

チャンポンおにぎり

ココストアさんに売ってました。長崎限定かもしれん。いや、きっとそうに違いない。

チャンポンのスープベースのピラフで、真ん中にチャンポンの具があります。

けっこう美味い。


こいはよかばい。


おしまい。
  1. 2008/10/05(日) 23:59:30|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

   

プロフィール

サボテン

Author:サボテン

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。