サボテン症候群★                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「いっぱい」の「い」を「お」に変えると?

それなりに小ネタがあるんですが、使い道が無いので今回でネタを使いきろうと思います。


①今日の絵

00078920080627.jpg


色塗ってる途中で、思わずペンタブレットをへし折りたくなるくらい下書きの段階で致命的な失敗を犯していたことが発覚してやる気なくなったけど頑張って最後まで塗りました。
でも背景は手を抜きました。



②新装開店

00078920080627b.jpg


佐世保の広田にマツキヨがっ!

長崎にマツキヨってありましたっけ?これが長崎初になるの?


③今日のパン

島原の有馬のあたりで発見


00078920080627c.jpg


   ∩ _ _   ≡=-
   ミ(゚∀゚ ) ≡=-おっぱい!おっぱい!
    ミ⊃ ⊃    ≡=-
     (⌒ __)っ   ≡=-
     し'´≡=-

  -=≡    _ _ ∩
 -=≡   ( ゚∀゚)彡  おっぱい!おっぱい!
-=≡   ⊂  ⊂彡
 -=≡   ( ⌒)
  -=≡  c し'




…これはもうダメだろう、ギリギリだろコレ…と思いつつ購入。(この上のAAも色々とギリギリだと思う)


00078920080627d.jpg


エロ…い…?

エロいのかエロくないのかようわからんけど、妙に乳首が赤いおっぱいでした。

乳首は何かようわからんかったけど、全体的にボルガっぽい感じで、中に生クリームみたいなのが入ってます。
中に生クリームが詰まってるあたりにこだわりを感じました。
普通に美味しいです。甘いです。

何でも、この地域で誰か偉い人が来たときにおっぱいパンを出してお迎えしたみたいな説明書きが店頭にはあったんですが、おっぱいパン売り場の前に長居したくなかったので、ようわかりません。

ただ、

おっぱいパンはねえわ

と思いました。

「いっぱい」の「い」を「お」に変えたら「おっぱお」です。気をつけてください。



④今日の美味しいもの

00078920080627d2.jpg


じゃがちゃん

これも島原。

元々は北海道の食べ物なんですっけ?よう覚えてないですが、確か、北海道に修行に行ったとかなんとか聞いた覚えがあります。

めちゃ美味いです。
俺、じゃがいも大好きなんですが、正直、これがじゃがいも使った物の中で一番好きです。
小学校の頃から好きです。



⑤最近のこれは無いわ

ジョジョの荒木飛呂彦先生が「伊豆の踊子」の表紙を描いた

これは無いな、と思った。



⑥今日届いた荷物

syurupT.jpg


Tシャツ3点と、パーカー。

自分が一番好きだったバンド、Syrup16gのツアーグッズです。

解散しちゃったので、最後の公式サイト通販が行われたんですが

せっかくだから俺は通販するぜ!と思って通販しました。

いざ届いたものの、もったいなくて開封できません。

 もったいない もったいないかい? もったいないなら代わって
 もったいない もったいないかい? そこに居ないならわかんねえ ねえさ

                             (もったいない/Syrup16g)



⑦今日のジャガーさん

ピュー!と吹くジャガーの映画を観に行ったとか、だいぶ前にブログに書いたんですが、それのDVDが売ってたので買いました。

00078920080627e.jpg


改めて観た感想は、



すごく前衛的でした!

スポンサーサイト
  1. 2008/06/27(金) 01:31:37|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:11

ステーキって素敵

うーん、久しぶりにブログ書く気がする。

この前、父の日で、父の日のプレゼントをしたんでそのことでも書きます。


そもそも、話の発端は母の日にさかのぼるんですが、
母の日に、母が前に「フォアグラとトリュフは食べたこと無いから死ぬまでに食べたい」と、ナイナイの番組見ながら言ってたんで、フォアグラとトリュフを素材のままプレゼントして、「後は勝手に調理せーや!」みたいな感じだったんです。

んで、俺は常々、父の日に対する世間の軽視っぷりに遺憾の意を唱えてたわけです。

男女差別反対から始まって、女性の社会進出がさほど目新しくも無くなった昨今。

まだまだ、会社を始めとする組織的な女性の立場は、男性と同じとは言えないだろうし、俺が就職する時なんざ、新卒者男子の就職事情も芳しくなかった中で、新卒者女子の就職事情は目も当てられないくらい悲惨なものだったのも記憶に新しいです。

んが、

どうにも、男女差別、女性の社会進出を声高らかに、それを正義とし、掲げすぎじゃないかと俺はたまに思います。

勘違いしないで欲しいのは、俺は別に女性の人権を軽視したいわけでもなければ、それを悪としてるわけでも無いのです。

人類皆平等の精神は善であるべきなのです。

人は人の上に人を作らずなのです。

一万円札の言ってることは間違いじゃないはずなのです。

まあ、人間は常に、自分より下の人間がいることに安心感を得てる部分が確実にあると思うので、そんなもんは実現不可能だよ理想論だよ万札このやろうとも思うわけですが、この件に関しては今はどうでも良いです。


とにかく、男尊女卑を打ち崩すその善たる精神でもって、どんどん、日本社会は女尊男卑に近づいているのでは無いかと思う節が多々見受けられます。

言い換えれば、局地的に男性の権利が上で、局地的に女性の権利が上過ぎる節があるのです。


だから、とにかく、母の日に母に贈ったものに見劣りしないレベルのものを父の日には贈る必要があると考えます。

母の日にババーン!と服とかプレゼントしておいて、父の日は忘れてたー!だとか、タバコ一箱で勘弁!はイカンだろうと言いたい訳です。遺憾の意です。


…講釈が過ぎましたが、そういうわけで、トリュフとフォアグラに負けないくらいのものを用意する必要があった俺は、松坂牛を買いました。




Image128~01


そうらどっこいしょー!

ステーキ肉です。一枚200gです。うちの家族は4人なので4枚です。


「こいつを注文しようと思うんだが」と母に相談したら、



「そがん高か肉、調理しきらん!!」

と猛反対を食らいました。

そういえば、フォアグラとトリュフを「後は勝手に調理せーや!」みたいな感じにした時、貧乏一家の悲しき宿命か、母はどう調理して良いものやらかなり難航したようでした。

どうも、高級品を調理するのに軽くトラウマを植えつけてしまったようです。


挙句の果てに、「もう金ばやらんね!金ば!」とか言い出したので、

正直、現金をそのまま進呈するのは、昔、金銭問題で軽く破綻しかかった我が家には似つかわしくないのではないかと言う思いもあったので、その案は却下し、俺がステーキ作ることにしました。


でも、ステーキの難しいところは、食べる直前に焼かねばならない事にあります。

うちの家族は昼夜の出勤でバラバラに飯を食べるので、家族全員が食卓に一同に会するなど不可能なのです。


何とか、父の日は、父と母が休みになったので、二人はそろいました。

残る問題は俺と兄でした。

しかも、俺はステーキを焼く任務があるにも関わらず、その日が出勤だったんで、しょうがないから俺が帰るまで夕食が始まらないと言う状況に。

一時間残業くらいで仕事終わって、腹を空かせた家族の下へ速攻で帰りました。


残念ながら、兄はまだ仕事終わらんで帰宅してなかったので、兄の分は後で焼くことにして、3枚分調理スタート!


Image129~01


★焼き方★

①生肉に、岩塩的なものとブラックペッパーを適量ふりかえます(両面)

②フライパンに牛脂入れて、フライパンから湯気が出始めるまで待ちます。

③肉投下。(一枚ずつ!)

④強火で約30秒、その後、弱火で約30秒(レアっぽくしたかったので、実際には20秒そこら)

⑤ひっくり返して、強火30秒弱火30秒(レアっぽく20秒ら)

⑥完成!

何でこんなクソ簡単な料理に怖気付いてんだよお母さん、とか思いながら焼きました。

別にシェフじゃねーんだから、無茶苦茶上手く焼く必要もないだろうに。


Image130~01


でけー。

200gなめてた。150gくらいでよかった。

しかし、味はなんつーか、さすが松坂牛と言えるくらい良い肉っぽかったです。

普通の肉をパイナップルジュースとかに漬けて肉の繊維をぶっ壊して科学の限界を超えて柔らかくするのとは一味も二味も違いますね。

美味かった。そりゃメジャーでも通用するわってくらいだった。


満足して、部屋に戻って、パペガ(俺がやってるネットゲーム。この前、ついにゾアランスが完成した)にログインしました。

ログインしてすぐ、Kowjuさんとmutuさんがいたんで合流。

そのまま、他の方たちとも合流して、一緒にⅤの塔を周ることになったので、俺は「ようし、いっぱい石灰石とか集めてギガランス(ゾアランス5本分の材料が必要)を作るぞー!」と、意気込んでⅤの塔に行ったんですが、


兄帰宅。

兄の分のステーキを焼かねばなりません。

ネットゲームの難しい所って、ここですね。


普通のゲームだと、ちょっとステーキ焼く間、ストップ!みたいなことできますが、ネットゲームはリアルに他の人とやってるわけです。

ゲーセンで対戦してるようなもんです。

しかし、ゲーセンならいざ知らず、ネットゲームは自室でプレイです。

家族の目からすれば、パソコンの前で暇そうにしてるようなもんです。

母が、

「兄ちゃんの帰ってきたよ!はよ焼かんね!」

と背中に声を叩きつけますが、

暇そうにしてるけど今忙しいの!!と言う状態なわけです。



この状況を、一緒にゲームしてるネットの向こう側の人々にどう伝えれば良いものやら。

わずか数行の文で、父の日だから俺がステーキを焼かねばならないと言う状況を伝えれるほど俺に文才が無いのは、このブログを見れば一目瞭然なわけですが、

しょうがないので「ちょっとステーキ焼いて来ます!」と、いきなりそんなこと言われても何が何やらようわからんような事だけど、実際その通りなことを言って席を立ちました。


そんなこんなで4枚目のステーキ焼きました。


とっても素敵な日でした。

おしまい。

  1. 2008/06/17(火) 23:20:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

世の中には変なジュースで溢れている

★今日のジュース★

mayopan001.jpg


こいつも…エロい!

以前、感じるマンゴーがエロいとか書きましたが、これもこれでエロいですね。

味的には、感じるマンゴーより感じるももの方が俺は好きです。





mayopan002.jpg


…………うん。

江頭2:50さんがでかでかとプリントされた、あまり食欲を刺激されないウーロン茶です。

えが茶んです。

大きさは、缶コーヒーサイズで小さめです。でも190円くらいしました。

飲んでみたら、普通のウーロン茶でした。





mayopan003.jpg


カレーラムネ

やっちゃいましたね。何かもう、この変なジュース特集も、来るところまで来てしまった感があります。

ラムネのビー玉の所をポン!と押し込むと、中からシュワシュワー!と泡になって噴出してきたんですが、その臭いがもうカレー臭いのなんのって…

臭いは、とにかくカレーです。ねり消しとかでカレーの臭いがする奴があったかと思いますが、あんな感じのカレー臭です。

飲んでみました。

あー…


ラムネ…とカレーだぁ…


うーむ。



不味い!

しかし、飲めないことは無いです。

でももう二度と飲まないだろうこと請け合いです。


あ、ちなみにこれは160円くらいでした。





変なジュース特集終わり。


★今日のパン★

先日、トーストの新しい食べ方を知ったのですが、それが、

トースト×砂糖×マヨネーズ

といったものです。


三角関係です。


マヨネーズトーストが好きな自分は、この組み合わせを試さずにはいられなくなり、今朝の朝食にて実践してみることにしました。


mayopan004.jpg


ちょっと焼きすぎた感が否めません。

けれど、マヨネーズトーストと言うものはちょいと焦げ目がつかねばならないと思うので、焦げる分にはかまわないだろうと自分を慰めて、いざ、試食です。




うん。甘い。


小さいお子様には受けるんじゃないかと思います。

甘さ的には、フレンチトーストとかに比べるとサッパリした感じがあります。
簡単に出来るので、「今日はちょっと変わったトーストを食べてみたいぜ!」とか、「せっかくだから俺はこのマヨネーズシュガートーストを食べるぜ!」とか思った際には、ぜひお試しくださいと言って置きます。


こんなこと言っておいて、お口に合わなかったら申し訳ありません。

反省はします、でも後悔はしません!


そういえば、「ダブルブリッド」と言うライトノベルが完結しました。

10巻でした。

第1巻が発売されて、こいつは面白い!と思ったのが、今から約8年ほど前ですが、9巻が発売されたのが4年ほど前。

あんまりにも10巻が出ないので、もう出ないんじゃないかなぁと思ってましたが、先日、本屋さんに行ったら、10巻売ってました。最終巻との事でした。

もう内容はほとんど忘れてたんですが、読んでみたら思い出しました。意外と覚えてるものです。

たいてい、こう言ったライトノベルと言うジャンルは、大団円で締めくくられるのが多いんですが、ダブルブリッドは、間違いなくハッピーエンドではありますが、なんつーかもう、胸を締め付けられる想いでした。

10巻は長いですが、もしあれだったらどうぞ。


★おまけ★

mayopan005.jpg


チロルチョコ

チーズ系スナック菓子のようです。美味いです。マジで美味い。これでご飯何杯でもいける。
  1. 2008/06/08(日) 12:18:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

あのバンドは綾波レイが好きだけど俺はヤングコーンがすき

ayanamirei2.jpg


エヴァンゲリオンと言うアニメが、昔ありました。

ブームでした。

あのアニメが流行ってたのが、ちょうど俺が中学くらいの時で、それはもう凄いブームでした。


とは言っても、長崎でエヴァンゲリオンが放送されたのは、ブームになって映画が公開されることが決まってからだったので、俺がこの存在を知ったのは、若干、日本のそれとは遅れてのことでした。


今にして思えば、自分たちの年代はガンダムのブームが過ぎ去っていた時代で、Vガンダムとパトレイバーが小学生の頃にやってたのは知ってますが、小学生にはちょいと難しすぎてついていけない部分が多く、いわゆる、ロボットアニメと親しくなかった世代だったように思えます。

そんな世代を襲ったエヴァンゲリオンブーム。

俺はこれを見た時、かなり面白く感じ、熱心に見ていました。



で、そのエヴァンゲリオンについて何か語ろうと思ってましたが、いざ語ろうとすると、特に語るべきことが無いので困ります。

そこで、エヴァンゲリオンの人気キャラクター、「綾波レイ」を描いてみました。

かなり頑張って描きました。(主に背景を)


綾波レイを描いたのは、もうかれこれ10年ぶりくらいです。

リアルタイムエヴァンゲリオンブームの時、当時中学生だった俺は、ノートに綾波レイを描いた事があります。

もうすでにそのノートは失われておりますが、今、再び、当時の絵を再現してみましょう。






ayanamirei1.jpg


当時の絵。



…10年前はこんなんだったので、ちゃんと綾波レイを描いたのは今回が初めてな気もします。


しかし、10年前から人気キャラクターだった綾波レイですが、当時の俺は、このキャラクターの何が良いのやらサッパリでした。

だって、すげえ怖いんですよ。

最終的に巨大化したりしてキモかったんです。何で好かれるのかようわからん。



でしたが、10年たって、今考えれば、確かに人気なのもわかる気がしてきました。

大人になってから、ネット等で色々と調べた結果、「綾波レイ」のキャラクターデザインを行う際、

筋肉少女帯の「何処へでも行ける切手」と言う曲からイメージされた部分があるそうです。

まあ、多分、

 神様におまけの一日をもらった少女は

 真っ白な包帯を顔中にまいて、

 結局、部屋から出ることが無かった

 神様は憐れに思い、少女を切手にして

 彼女が何処へでも行けるようにしてあげた


のあたりの歌詞(つーか、大槻ケンヂの台詞)から来てるんでしょうけど、かなり大槻ケンヂワールド全開の曲です。良い曲です。

ああ、僕の一生こそ、おまけのようなものだったなぁ!と思ったのでしょうか。
(筋肉少女帯「おまけの一日」より)

そんで、綾波レイは筋肉少女帯から生まれたんですが(かなり語弊ありますが)

綾波レイから生まれた曲もあります。

BUMP OF CHICKENの「アルエ」です。

まあ、これは有名な話で、「アルエ」→「RA」→「Ray Ayanami」→「綾波レイ」なわけですが、

歌詞を見ると、

 君は人より少しだけ 不器用なだけの女の子

 「嬉しい時どんな風に 笑えばいいかわかんない」


と、もろに綾波レイですが、そこよりも特筆すべきは、

 ハートに巻いた包帯を 

 僕がゆっくり解くから


の部分でしょうか。


どんだけ包帯のイメージなんだよ!

しかし、良い曲です。BUMPの曲は全部良いです。


さらに、銀杏BOYZは「あの子は綾波レイが好き」って曲を書いてたりします。
(こちらは、当初、「あの子は中谷美紀が好き」って曲にしたら中谷美紀側から許可が下りなかった逸話があるんで、綾波レイがどうのってわけじゃないんですが)

そんなこんなで、俺が好きなバンドが、意外なことに綾波レイで繋がってたことを知って、驚いたことがあります。

それからは、綾波レイは何か良いキャラクターだと思えてきました。



ところで、何でいきなり、エヴァンゲリオンについて語ってるかといえば、この前、友達からメールがあったからです。


「某所にエヴァカフェなるものがあるらしいっす」

そして、写メが添付。

080508_1309~001


Image056~06


パ…パスタが…キモい…!

このパスタ食べたら、S2機関取りこんで、外部電力無しでも活動可能になりそうです。

すごいですね。何かもう、どんだけー!ですね。

調べたところ、この「エヴァカフェ」は期間限定だったみたいです。

世の中、狂ってきてるなぁと思いました。

でも今思えば、10年前のエヴァブームの時点でだいぶ狂ってたんでしょうね。




話し変わりまして、母の日。

もう先月の話ですが、ちゃんと贈り物をしてました。


hahanohi01.jpg


トリュフとフォアグラ

母が、死ぬまでにトリュフとフォアグラは食べてみたい的なことを言ってたので、食材を取り寄せました。

母の日は食材だけ渡して、後は勝手に調理して食べてくれ!て事にしました。


そんで先日、ついに調理されました。


hahanohi02.jpg


左上、スライスされたトリュフを玉子でとじたもの。

右上、フォアグラのステーキ。

下、アスパラ。


とりあえず、フォアグラはそれなりに美味しかったです。
アスパラも美味かった。

しかし、なんつーか…トリュフは微妙ですね。

ヤングコーンみたいな味でした。でもヤングコーンの方が美味い。

まあ、何事も経験ですね。

トリュフ、まだ余ってるらしいんで、何かナイスな調理法知ってたら情報ください。
  1. 2008/06/01(日) 18:43:11|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

   

プロフィール

サボテン

Author:サボテン

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。