サボテン症候群★                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HTBにようこそ!

あーもう、仕事が忙しい!

パソコン立ち上げるのも三日ぶりです。


さて、


「KY」「空気が読めない」を意味することは、皆さんご存知かと思いますが

「KY」に「危険予知」と言う意味があることをご存知でしょか?

「KY」=「危険予知」と言うのは、「空気が読めない」よりも歴史が古く、
工事現場などではよく使われているそうです。


では、

「HTB」は何を意味するか知ってますでしょうか?


本気で(H) 東海道(T) 爆走するの?(B)

北海道(H) 通り越して(T) ブラジルに転勤です(B)

本日(H) トンガリ君(T) ボクサーパンツ(B)

など、いろんな意味を持つこの「HTB」


長崎では、「HTB」と言えば「ハウステンボス」を指します。






この前の日曜日、ハウステンボス行ってきました。


今回、ハウステンボスに行って来たのは、西洋風の絵とか描きたいなぁとか思って、取材と言うか素材集めと言うか、とにかく写真を撮りまくりに行くことにしたんですが、

今まで親孝行なんてしてなかったので、両親を連れて行きました。

旅費は俺持ちで。(日帰りですけどね)

これが最初で最後の親孝行かもしれん。


しかし、当日は"曇りのち雨、時々晴れ"みたいなようわからん天気で、地面は濡れてるしで、写真撮るのには最悪のコンディションだったんですが…

まあ、親はそれなりに喜んだみたいです。


htb000.jpg


いかにもハウステンボスな写真。


かなり写真撮りまくったんですが、悪魔で絵を描くための材料として撮ったものなので、あまりブログに載せれそうなの無かったです。

まあ、いくつか紹介すれば


htb001.jpg


htb002.jpg



こんな所ですかね。


雨でひとつ良かったことは、人通りが少ないから風景撮りやすいことですね。



しかし、何か異様に韓国人観光客が多かったです。

前に大分行ったときも韓国人多かったけど、何だ?今韓国では、日本旅行がトレンディなのか?


うちの母は、ハウステンボスに来てんのに



「韓国に来たごたるねー」

とか言ってました。


ハウステンボスまで連れて来てんだから、そこは「ヨーロッパに来とるごたる」とか言ってくれ。



前に両親とハウステンボスに来たのは…10年以上前です。


あの頃は、街並を見て歩くことより、アトラクションの方に興味心身でしたが…


さすがに今回はアトラクションには入らなかったです。


せいぜい、美術館に入ったくらい。



んで、お土産もそんな買ってないんですが、ハウステンボスに着いたら何か異様に寒くて、とにかく着るものが欲しい!ってことで、
なんか50%OFFで服売ってる所があったので服買いました。

50%OFFだからと…

油断して値段見ずに買ったのがまずかった…


ロンT買ったんですが、5000円でした。

こんな土産が…!5000円……!!


でもなんか、エッシャーの絵みたいなのが描かれてるシャツなんですが、日光に当たると白黒の絵に色が入るらしいです。

パーカーの中に着込んだから見てないけど。



後、チョコレート!

梨のチョコってのがあって、梨は大好きなので買って見ました。


梨のドライフルーツが中に入ってるんですが、すげー美味かったです。

毎日、少しずつ食べてます。


ああ、後あれだ。ライター。

ハウステンボスでタバコ吸おうと思ったら、ライターが切れてたので、急遽、買いに走りました。


コレです。


hagare001.jpg


赤丸の所に張ってある、「ハウステンボス」のシール。


こんなんいらんから、速攻で剥がしたんですよ。


そしたら…


hagare002.jpg



絵柄も一緒に剥げた!!


……まあ、別にいいんですけどね。

使い終わったら捨てるだろうし…



両親は、チーズなどを買い求めていました。


母が、ここのクリームチーズが好きだったみたいで、クリームチーズを捜し求めていましたが…


ハウステンボスって売り場でチーズの試食ができるんですよ。

かなり豊富なチーズのラインナップですんで、まあ、ちょこちょこつまんでみました。


そしたら、


sisyoku01.jpg



試食コーナーに子どもが。

じーっと、チーズを見ていました。


そんで、


sisyoku02.jpg


おもむろにフタをあけてバクバクと食べだした!!


sisyoku03.jpg


お前どんだけチーズ好きなんだよ

子どもは無邪気だなぁと思いました。



うちの母がそのあまりの食いっぷりに、


sisyoku04.jpg


指差して笑ったら、子どもはビビッてました。


よっぽど腹空かせてたんだろうなぁ…






そんなわけで、面白かったです。
おしまい。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/28(木) 00:38:21|
  2. イラスト/モノクロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

胸糞悪い話

はあ…

なんつーかもう…

かなり俺は今、へこんでます。


今さっきの飲み会のことを書きます。





今日は、中学の同級生の呼びかけで、合コンが行われたんです。

5:5の飲み会だったんですが…

女性側の面子はよくわかりませんが、
男子側の面子は以下の通り。

kusokurae.gif


主催者がA

俺と同じく、中学の同級生がB

俺とBは面識の無い、Aの高校の同級生、CとD



正直、男側の面子が半分くらい、俺の知らない人だったんで、ちょっと嫌だったんですが

Aが「盛上げ役が必要だから」とか言うんで、そう言うなら行ってやろう的な感じで行ったんですよ。



んで、いざ行ったら女性は全員欠席でした。





…いや、別に、だからってへこんでるわけじゃないんです。



別に女性側が全員欠席だっていいんです。




男同士で飲むのも楽しいじゃないですか。




一応、女性が全員欠席だったのは、向こうのドタキャン(?)だったのは事実のようでした。


もしかしたら、その女性側にも共犯はいた可能性もあります。





…何が言いたいかわかりますか?




何故、女性側のキャンセルを本番当日まで、いや、本番始まるまで、主催者のAが黙っていたのか?



これには、別の目的があったからだと思います。






最初は、女性側は全員キャンセルになったって聞いても、「えーマジかよー」くらいですませていたんです。

んで、初対面の男性2人ともちょこちょこ話をしながら、それなりに楽しい飲み会にしようかとしたんですよ。



全員、社会人ですし、仕事の話から始まります。



Aが聞きました。



「サボテン君、仕事はどう?」



俺は正直に答えます。


「いやーきついよー今週も残業ばっかで…」


そりゃ、仕事の愚痴にもなりますよ。


もう一人の中学の同級生、B君も仕事の愚痴とかこぼします。



んで、話の流れで、俺が

「まあ、仕事ってのは、何やってもきついもんだけどね」

とか言った時です。





Aが言いました。




「いや、それが、楽に稼げる仕事があるんだよ」





………





………察しがいい人は、もうこれでわかったと思います。


俺も、ちょっと、「あれ?まさか…」とは思ったんです。

で、

「えー?そんな仕事あるの?」と、軽く受け答えしたんです。





するとAが


「もしもさ、すごく美味しい料理を知ってたら、

それを人に勧める?」
と聞きます。


俺は、この時点で確信したので、


「いや、勧めない」と答えます。



「じゃあ、もし、サボテン君の大事な人が病気で死ぬ

かもしれない時、その病気を治す薬のことを知った

ら、大事な人にその薬のことを教える?」


と、Aが聞きます。


もし、そんな状況なら、それは教えるでしょうよ。

でも、俺は言います。


「教えない。その情報が正しいかどうかなんて確証

は0に等しいんだから」



それでも、しつこく、Aは聞いてきます。

もしも、

じゃあ、

それなら、


ついでに言えば、この辺りでAは「チャンス」だの「人生の分岐点」だの、典型的なお決まりの文句を言ってました。

それ言ったら引っかかるとかマニュアルか何かに書いてんのか?
もしそうなら、マニュアル書きなおせ。
その辺の文句は、多用されすぎてて、言えば言うほど、胡散臭くなる。



中学の同級生、Bがトイレに立ちます。



それを見計らって、俺もトイレに立ちます。





トイレで、Bに聞きました。


「Aってさ、マルチ商法に引っかかってない?」

Bは言います。

「そう思う」



この時点では、まだ、Aの高校の同級生C・Dについてはグレーだったので(被害者か加害者か定かではない)
Bには、C・Dの2人にも注意するよう促し、席に戻ります。


さっきのやりとりで、Aは俺に対する勧誘を諦めたのか、Bに積極的に話し始めました。



この隙に、C・Dの話の内容を盗み聞きします。


どうも、CがDに何か語っていたようです。

しかし、俺の盗み聞きが露骨過ぎたのか、Cは話を止めます。





直後、Bを勧誘していたAが、俺に話を振ります。


「サボテン君はどう?3月20日、熊本の説明会行っ

てみる気ない?」




「行かない」と答えました



「どうして?」 Aが聞きます。


俺はこの辺でかなり、プチンと来たので、



「そんな話は、俺はけっこう聞いた経験がある。

それは信用できない話だ」
と答えました。


Aは、

「俺の話が信用できない?」と言います。


俺は、

「Aの話が信用できない以上に、その話から漂う

空気が素手にソレだよ。


ソレに手を出して儲ける人もいるだろう。しかし、

俺には無理だ。だからやらない」


と返しました。

彼は、「あ、人それぞれだしね」と話を濁しつつ、その話の矛先を"D"に向けました。

ここのDの受け答えによって、Dが黒は白かハッキリする所なんですが…

Dはかなりその話をスルーしたがっていたので、Dは白だと確信しました。


残るグレーはCのみです。


AがDを勧誘してる隙に、Cに聞きました。





「この飲み会、裏がある?」

Cは少し困った様子で

「さあー… いや、裏があってもいいんじゃない?」

確信までは持てませんでしたが、Cは限りなく黒に近いグレーとすることにしました。



何とか、Dを救済したかったのですが、Dの席は、俺と離れていたため、接触が出来ず(初対面だったので…)
結局、飲み会がお開きの段階になってからDに近づき、


「Aがマルチだって気付いてるよな?

絶対に引っかかるなよ!」
と言っておきました。

Aが部屋の出口で動かずにこちらの会話を伺ってるのは、見えてましたが。







その後、2次会もすることなく、解散。



CとDは一緒に帰るとのことで先にお別れ。

Dのことが一番心配です。


そして、AがBを送ろうとしてたので、俺も付いて行く事に。

(この時、Aが「サボテン君、家はあっちだよね?」とか言ってましたが無視しました)




なんとかマルチ関係の話はさせずに、Bを家まで送り、Aと2人きりになりました。



Aは言います。


「サボテン君が経験したって話はどんなの?」


俺は、ハッキリと言いました。



「マルチ商法だ」と。




俺は一生懸命語りました。




ねずみ講は今や法令違反。

だから、金の受け渡しに商品を介入させることによって、法を免れようとした、

それがマルチ商法。


しかし、世の中、そんなに甘いもんじゃない。


マルチ商法のどの段階で、その商売にのっかるかで、儲けるか損するかはきまる。

そして、利用する人は、それがどの段階かなんてわからない。
教えてもらったとして、それが真実だという証拠なんて無い。


マルチ商法の典型的な例として、あからさまにネズミ講的図式を持ちいるパターンもあるが、それは低いレベルの話だ。

ネズミ講とは全く違う図式で説明するマルチ商法も存在する。

しかし、ちゃんと図式を整理して、組みなおせば、必ず、元のネズミ講の図式に変換できる。

確かに、マルチ商法で儲ける人間はいる。

しかし、マルチ商法で確実に儲けたいなら、お前自身が苦労して、それを始める他無い。

誰かが始めたマルチ商法に、後から乗っかって儲けようなんて、そんな生易しいもんじゃない。

お前が始めるんだったら、まだ道はあるだろうよ

しかし、それは確実にいつか、破綻する。

だから、最初に始めた人間は、ある程度の段階でその権利をナンバー2にでも譲って退散することだ。

しかし、最初に始めた人間が退散したところで、一度始まったマルチ商法はもう止められない。


限界が来て破綻するか、法に触れて強制的に排除されるか…どちらかの未来しかない。


それでもやるって言うなら、それは人の生きる道だ。

確かに、世の中金さ。

地道にやりたくも無い仕事を真面目にやり続けても、億万長者にはなれないさ。


けれど人は努力する。


でも、報われない。

それだけの実力がまだ無いからだ。


でも、それだったら、俺は実力を付けるまで頑張る道を選ぶね









Aは、俺の意見にしぶるばかりで、最後まで補ていはしなかった。


結局、途中から2人とも黙ったままで、俺の家の前まで来て




ただ最後に、こう言っておいた。



「ちょくちょく、中学の友達で集まって飲もう」





間違いだろうか?


飲み会を増やしたら、ただ単に、Aが勧誘する機会が増えるだけかもしれない。



でも、俺は、このままAを突き放しても何の打開策にもならないと思ったんです。





俺には、これが精一杯でした。




友情ってなんだろう?






悪いのは、金が全てのこの世の中なんだと思います。


もしかしたら、Aには、何かもっと大きな問題を抱えていて、その隙を突いて勧誘されて、そのまま流れていったのかもしれない。

そこまでは、俺には踏み込む勇気はありませんでした。



本当に、胸糞悪い話ですいません。


このブログを読んでくれたみなさん。


こんなちんけなブログ、何人が読んでるか知りはしませんが…


みなさんは、どうかこんなクソみたいなのに引っかからないよう、気をしっかり持ってください。





PS.

飲み会のあと、B君からメールが入りました。

『一応、3/20は様子見に行ってきます』


断れなかったか…


説明会の危険性と、できれば急病か何かで欠席したほうがいいことだけはメールしときました。


  1. 2008/02/23(土) 03:34:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

ウィィィイイイイ!!!特集

昨日、ブログアップ用に絵を描いたんですが、あまりにも酷い出来だったので、アップするのやめました。
(てきとーに描いた絵はいいんだけど、真剣に描いてダメだった絵はアップするのが恥ずかしいと言う不思議)


んで、アップする絵もないし、そもそもネタも大して無いので、Wiiの特集でもしようかと思います。

Wii買ったばっかの頃はそうでもなかったんですが、Wii Fit買ったあたりから、めちゃめちゃWiiやってます。
完全にゲーマーに返り咲きましたね。
毎日は流石に無理ですが、3日に1回は確実にやってます。

ゲームソフトもけっこう増えてきたので、ここらでそれらを紹介しつつレビューしつつで記事にしようかと思って、さっき写真撮ったりして素材そろえたんですが、それやるだけで2時間以上かかってしまった…


というわけで


参考になるかどうかようわからんWii特集!


Wii持ってる人にもWii持ってない人にも参考になりそうに無いWii特集です。

持ってない人向けに作りました。(持ってない人が多いと思って…俺の周りで持ってるの俺だけなんだ)



その① Wii Sports

wii1_spo01.jpg


やっぱ王道ですね。

全部紹介すんのは前にもやった気がするんで、今日は特に面白かったテニスの紹介。

操作方法は簡単、リモコン振るだけ。

しかしかなり熱いです。


振るタイミング、スピード、単純なだけにテクニックが必要になってきます。


どんくらい熱いかと言うと…



俺と友達のY君は、Wiiに敬意を払って、プレイ中は「ウィー」と言ってやってるんですが、

wii1_spo02.jpg


こう、打ったり打ち返すたびに「ウィー!」「ウィー!」ってやってるんですね。


んで、だんだん白熱してきて


wii1_spo03.jpg


「ウィィィーーーー!!!」「ウィィィイイイーーー!!」

とか叫びだします。


最終的に


wii1_spo04.jpg



「オィィィイイイイイーーーーー!!!!!」

となります。

こじまよしおのマネをしてたらいつの間にか銀魂になってた、って感じです。

いや、マジで「オィィー!!」になるんですって。

もう、「Wii」じゃなくて「Oii」って名前にしたほうがいいんじゃないか。
そっちの方が、なんかパンクっぽい。


その② はじめてのWii

wii2.jpg


これはねぇ…

Wii入門編って感じなんで、ミニゲームが詰まってるんですが…

別にいらないんじゃない?

でも、これに入ってるホッケーはマジで熱い。

「オィィィイイイーーー!!」ってなります。

あー、あとビリヤードも好きかな…


その③ ドラゴンクエストソード

wii3.jpg


まあまあ面白いです。

前にも1回記事にしたので詳しく書きませんが、リモコン振って剣を切る感じなんですが、
移動がめんどいんですね。

なれるまでかなり苦労しました。なれたらけっこう行けるんですが…

Wiiゼルダやった後だと、ダメなところがすごくわかってしまって、買った当時より評価落ちました。

…つかまだクリアしてないな…(最後のステージまでは行った)

「おぃぃーー…↓」って感じです。


その④ Wii Fit

wii4.jpg


Wii Fitです!!一押し!

最近、ずっとダイエット経過に関しては書いてましたが、ゲームについては書いてなかったのでゲームについて書きます。

とりあえず、 「2人でマラソン」

ポケットにリモコンを入れて、足踏みすることで、画面の自分のキャラが走るって奴なんですが、
ジョギングって、ゆったりペースを長時間するのが効果的なんです。

んで、Wii Fitもそれを推奨してるんですが、Y君と2人でやった時、ガチで全力疾走したんです。


最高に楽しかった!

前を走ってるトレーナーは抜かすは、わけわからん犬について行くわでやりたい放題。


そんなゲーム系の中で俺が一番好きなのは「スノボー」

Wiiボードをスノーボードに見立ててゲームするんですが、かなり面白いです。
完全にゲーセン感覚です。

スノーボードだけのゲーム出してくれないかなぁ…


wii4_fit01.jpg


ちなみに、今週のダイエット経過。

wii4_fit02.jpg


徐々にですけど、まあ、落ちてます。



その⑤ ナイツ

wii5.jpg


Wii Fitと一緒に買ったゲーム。

昔、セガサターンにあった奴で、友達ん家でやったらすげー面白かったから買いました。

写真にあるちっこい箱は、なんかオマケで付いてきた人形。可愛い。


でも、あんまやってないんですよね。

リモコン機能を使ってもいいんですが、これに関しては、

リモコンでやるより普通のコントローラーでやったほうが面白いです。

一応、リモコンでやるかコントローラー風にやるかは選べるんで、やりたい人はコントローラーっぽくやったほうがいいです。

リモコンとヌンチャクがあればOK。

「うぃー…」って感じです。


その⑥ ファミリースキー

wii6_2_ski01.jpg


これは、スマブラを買いに行ったら売り切れてたので、代わりに買ってきました。

あ、そう言えばまだスマブラ買って無いな…まあいっか


これは、Wii ボードに対応してます(無くてもできます)

せっかくWii Fit持ってるんだし…ってことで買いました。


wii6_2_ski02.jpg


リモコンとヌンチャクをスキーストックに見立てて、ボードで重心とか見ながら操作します。




これ最高!

これは最高です。

wii6_2_ski03.jpg


ゲレンデの景色が綺麗なのもいいし、何より音がいいですね!

本当のゲレンデにいる感じに反響して聞こえるんですが、スピーカーの近くに行くと音がでかくなったりとか、
細かいところまでよくできてます。

それより何より、


かかってる音楽が松任谷由美!!!

恋人がサンタクロース!!


こいつぁリアルですね!


wii6_2_ski04.jpg


リフトで上にのぼるのもリアルです。

ちゃんと、鉄柱の近くに来たらガコン!って言うの。

まったりプレイするのがいいと思うので、「ウィィイイ~」って感じです。



その⑦ ゼルダの伝説トワイライトプリンセス

wii6_zelda01.jpg


ゼルダ最高だぜぃぃぃぃいやっほーーぅ!!!!

これが一番面白いです。

かなり前に買ってたんですが、GC版ゼルダクリアするまでやらないでおこうと封印してたんですが、結局、GC版クリアする前にやり始めちゃいました。

リモコンとヌンチャクでプレイするんですが、正直、今までのコントローラーでやるよりやりやすいですね。

詳しく書けば、


wii6_zelda02.jpg


こんなんです。

もうこれ以上の説明は俺にはできない。


とりあえず、


wii6_zelda03.jpg


犬が可愛い

あー、犬飼いたくなってきた。

でもうちはペット禁止です。

「オィィイイイーーーー!!!」って感じです。


その⑧ バイオハザード4

wii7_baio01.jpg


これは、前にバイトの友達にプレステ2のを借りてやろうとしたんですが、序盤をちょこっとやったくらいで、俺の就職が決まってしまったので、返してしまったものです。
なんかいつの間にかWii版が出てたので、買ってみました。

wii7_baio02.jpg


こんなんなんですが、敵を狙うのがリモコンのポインタでやれるので、プレステん時よりやりやすくなってます。
ゲーセンのガンシューティングみたいな。

しかし、そんなことよりも、特筆すべき点が。

リモコンからの音!

Wii Sportsとかでもそうなんですが、リモコンにスピーカーがあって、そっから音がするんです。

「カチッ」とか「シュッ」とか、手元から音が聞こえてくるだけで臨場感が違います。

なんでこういう機能を今まで付けなかったか不思議なくらい、いい機能です。

とりあえず、なんかゾンビが大量に襲ってきたので「オィィィイイイーーー!!!」と、銃を撃ちまくりました。


以上。



思ったより長い記事になったな…

まあ、何が言いたいかと言えば、「オィィイイイイーーー!!」って言いたいだけなんですけどね。


  1. 2008/02/18(月) 23:35:42|
  2. イラスト/モノクロ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:6

宗教大戦ヴァレンタインデイ

『ヴァレンタインデイ』

この言葉を知らない日本人はいないのでは無いだろうか。

「バンゲリングベイ(※1)」や「ゲンバリング・ボイ(※2)」や「ベンジョリング・ゲイ(※3)」は知らずとも、
「ヴァレンタインデイ」はみんな知っているはずだ。

 ※1…1980年代のシューティングゲーム。「ロードランナー」「チョップリフター」と共にバンゲリング帝国三部作のひとつ。
 ※2…1998年に週間少年ジャンプに掲載されたうすた京介の読切マンガ。正確には「忍者部隊ゲンバリング・ボイ」
 ※3…安倍吉俊の漫画「NieA_7」に登場するインド人風宇宙人チャダが発した台詞。正確には「オカマがベンジョでベンジョ
     リング・ゲイ!!」


もはや国民的な一大イベントとしてすっかり定着したヴァレンタインデイ。

日本では女性から男性にチョコレートを贈る習慣として有名だが、世界的には"恋人たちの愛の誓いの日"であり、
別にチョコレートを送る必然性も無ければ、男性から女性にプレゼントを贈る国も多い。
さらに突き詰めて言えば、"恋人同士"のイベントであり、恋愛感情の無い相手への贈り物(義理チョコ・友チョコなど)は本来は無かったものだ。

しかし、義理チョコがすっかり定着してしまった近年の日本の男子にとって、ヴァレンタインデイは男が試される日である。

「ヴァレンタインなんてチョコレート会社の陰謀だー!」

などと言う、陰謀論はかねてより都市伝説的にささやかれていたことではあるが、
実際の所、日本でのチョコレートを贈る習慣は1936年に神戸モロゾフ洋菓子店が「バレンタインチョコレート」として広告を出したことが始まりであり、
あながちチョコレート会社の陰謀ではないと言い切れない節もある。
しかし、1958年当時に伊勢丹新宿本店で行われたバレンタインセールは、3日間で50円の板チョコが3枚、20円のカードを含め170円しか売れなかったらしく、
ヴァレンタインデイの日本での定着には数十年以上の時間が必要であったことがうかがえる。

チョコレート会社はチョコレート会社で大変だったのだ。

しかしながら、現在の日本のこのチョコレートフィーバーを仰ぎ見て言うべきことはただひとつだ。

「ヴァレンタインなんてチョコレート会社の陰謀だ…」


ここ3年ばかり、俺はバイト先に若い女性がしこたまいたお陰で義理チョコばかりではあったが、
それなりにチョコレートを貰い受けていたので、それほど寂しいヴァレンタインデイにならずにすんでいた…

が、

今年はついにやってしまった。

今年はチョコレート0だ。


ファッキン!


などと怒る気はさらさらない。

就職した時点で、すでに覚悟していたことだ。
就職先に女性がいないのだから。

ああ、無常。

諸行無常の響きあり。

猛き者もついには滅びる、ひとえに風の前の塵に同じ。

バイト時代の自分が"猛き者"であったとは思わないが、環境が変わるだけでこの様だ。

本音を言えば、義理チョコを貰った場合、後に待つのはホワイトデーの出費であるわけで、
そこの出費が無くなるのは少しばかり嬉しかったりもするのだが、

ヴァレンタインにチョコレートをもらえなかった男など、風の前の塵に同じ、吹きすさんで掻き消えるだけなのさ。


だがしかし!

今一度問う。

果たして、日本人は「ヴァレンタインデイ」を知っているのか?


ヴァレンタインデイの2月14日とは、キリスト教の聖職者ウァレンティヌスの処刑日である。

3世紀のローマ皇帝クラウディウス2世が兵士の士気の低下をおそれて兵士たちの結婚を禁止したのに対し、
ウァレンティヌスはその禁令に背いて恋人たちの結婚式を執り行ったために捉えられ、269年2月14日にキリスト教の信仰を捨てなかったがために処刑された。

このエピソードから恋人たちの愛の誓いの日、ヴァレンタインデイは生まれたという寸法だ。

しかしこのウァレンティヌス。

史実上、実在したかどうか定かではないため、日本のバレンタインチョコレート発祥とされる神戸モロゾフ洋菓子店の広告から33年後の1969年の第2バチカン公会議後の典礼改革以降、本家本元の聖ヴァレンタインデイは祝われることは無くなった。



              以上、Wikipedia参考。


この様に、ヴァレンタインデイと宗教は切っても切れない関係にあるのだ。





さて、長くなったが、ここからが本題。

これは、俺の身におこった、ヴァレンタインと宗教が関係するお話だ…


『宗教大戦ヴァレンタインデイ』 

4・5年前のヴァレンタインデイ。


俺は会社でチョコレートを貰うことができず、寂しく家路に着いたのだが…

まだ希望は完全に費えたわけでもなかった。

その当時の俺は、会社の寮に一人暮らしをしていたのだが、その寮の敷地内に同年代の男女が大勢住んでいたため、
もしかしたら部屋にチョコレート届けてくれる女子がいないとも限らないと、希望を捨てず、
ひとり悶々と部屋の中で待機していた。

実に滑稽である。

しかし、笑わないで欲しい。この当時の俺はまだまだケツの青いガキンチョだったんだから。



部屋のチャイムが鳴るのを待つこと、数時間。

いい加減あきらめろよと、当時の俺に言ってやりたい心境だが、彼はまだまだ待っていた。


そして――――――


va001.jpg


待望のチャイムが鳴った。


俺は瞬時に起き上がり、部屋の入り口にダッシュした。

そして、心置きなく盛大に、そのドアを開け放ってやった。



va002.jpg



そこにいたのは、会社の先輩と、見知らぬ中年女性。


俺は目の前に立つ会社の先輩の顔を見た時、

自分が大失敗を犯したことを悟った。




当時、俺が働いていた工場で、ネズミ講まがいのマルチ商法、ならびに新興宗教が蔓延していた。

閉鎖的空間である工場内にそういった類のものが流行るのは致し方ない気もする。

俺は当然、どちらにも手を出そうとは思わない。

しかし、目の前に立つその先輩は、新興宗教にどっぷり浸かっていたお方だった…


その先輩が宗教勧誘に寮の部屋を一件一件訪ねて回っていたのは周知の事実であり、
俺も来客時は必ず、誰が来たか確認してドアを開けていたのだが…


何もこんな日にやって来なくても!!


しかしもう時はすでに遅し。


va004.jpg


ここまで盛大にドアを開けてしまっては、話を聞かないわけにはいかなかった。


「部屋に入れてくれん?」


先輩は言う。

仮にも会社の先輩。断れるわけも無く、部屋の中へ。



va003.jpg


俺のせまい1ルームに3人で腰を下ろす。


宗教トークスタート。

くだらない御託を並べしくさってベラベラと神について語る2人。

それを聞きながら「いや、神様とか信じてないんで」とか断るも、彼らは「まあまあ、俺も最初はそうだった」などと言う切り口で話を戻す。

これは正に、戦争だった。

va005.jpg


2時間ほどだろうか。

彼らの妄想の物語を語り終えたのは。


細かい内容など当然、忘れてしまったが、要約すると、

「ご神体を部屋において毎日祈れば幸せになれる!!」

とか言う内容だった。

で?って言う

怒りのあまり、マリオワールドのヨッシーの鳴き声が頭に浮かんだ。


毎日祈れば幸せになれる?




















祈ったぐらいでチョコレートもら

えたら誰も苦労しねーんだよこ

のスットコドッコイ幸せも何も今

一番不幸なのはヴァレンタイン

にチョコレート貰えないことより

もヴァレンタインに自分の部屋

で2時間以上も宗教勧誘うけて

ることだろうよ死ねよマジで今

すぐに!



ハァ、ハァ…



もちろん以上のことは口には出さず、丁重にお断りして帰ってもらいました。


最後まで心は折れなかったよ!勝利!




これが、俺の人生の中で、最も悲惨なヴァレンタインデイです。



でも、この経験のお陰でひとつだけ良いことがあった。



ヴァレンタインデイにチョコレートがもらえなくたって





ヴァレンタインデイに宗教勧誘にあわなかったからまだ幸せ!


ハッピーハッピーいぇいいぇーい!!



チョコレート一個ももらえなかった男の皆さん。

あなたの今日一日が、どうか平穏無事でありますように…


  1. 2008/02/14(木) 22:02:04|
  2. イラスト/モノクロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

美味しさと入口と体重制限と。

call.jpg


『電話』

失敗作です。

下書きの段階ではこんなはずじゃなかったんですが、塗り終わって絵を見たら何かガッカリしました。

一応、イケメンを目指して描いたんですが、かっこいい男性ってのは難しいです。

電話がメインです。


電話といえば、昨日昼過ぎに仕事が終わって、携帯見たら友達からメールが数件入ってました。

上から順に読んでいったんですが、一件目。


『ごめん、俺は今日飲み行けん』


唐突に飲みお断りのメールが!!


知らんがな、今日飲みに行く話自体聞いてねーよ!

と返信して、次のメールを見ると、今度は別の友人から飲みの誘いのメール。


どうやら、最初の断りメールはこの誘いメールに返信する時に一斉送信的なものをやってしまった模様。

納得!



ってな感じで、ここの所、休みのたびに飲み会してます。


ほぼ全部、当日に誰かが飲みに行こうって言い出して集合する形で。



今日は飲み会の話でもします。


nominomi00.jpg


最近サボり気味になりつつあるWii Fit。

グラフの線が長いところはサボってる証拠です。

どうしても、飲みに行った日と絵を描いた日はWii Fitやる時間が取れません!!


んで、このグラフの①の所が先週のみに行ったあたりです。


①信天翁

先週はウィズビルの所にある「信天翁」って居酒屋に行ってきました。

ここって、今調べたらチェーン店なんですね。

ここのは生樽ってのがメニューに載ってて、
ビール8杯分のビールサーバーが来て自分で注げるって代物なんですが、

ビール1杯が420円、8杯だと3360円なのに対し、
生樽は2700円。

生樽のほうが断然お得じゃないか!!と思ったので、生樽を注文しました。


nominomi01.jpg



…まあ、ビールサーバーっちゃあ、ビールサーバーですが…


ぶっちゃけ、ピッチャーが進化したような代物です。

ビールそのものを冷やすような装置は付いてないので、時間がたてばぬるくなるという欠点があります。

俺たちはそこまで飲むペース遅くなかったんで大丈夫ではあったんですが、ゆっくり飲む人にはお勧めできないですね。

でも値段だけ見たら確かにお得。


後、特筆すべきはこれですかね。


nominomi02.jpg


さくらの生ハム


「さくら」って何ね?とか言って注文したんですが、
「さくら」って馬肉のことでした。(俺らが無知なだけかもしれん)

しかし、馬肉の生ハムなんざ食ったこと無かったので、ちょっと期待してオーダーの到着を待ちました。


普通の生ハムより断然美味い。




この日は結構食べて飲んだんで、体重が気になったんですが…

まあ、増えましたよ。

その翌日には死ぬ気で落としましたけどね、体重。



②拾中八九

昨日は博多もつ鍋のお店「拾中八九」に行きました。

「じゅっちゅうはっく」と読みます。

『十中八九(ほぼ、およそ)、美味しいと言っていただける味を実現!』とか言う意味で付けられた名前らしいですが、

ほぼ美味しいって…店名くらい「絶対美味しい!」くらい言っちゃおうよ、と思った。

でも、かなり美味しかったです。


この日はランタンフェスティバルのお陰で観光客やら何やら人だらけで、

人がゴミのようで、

そのせいで店はどこも行列でした。

俺たちは何か当然のごとく予約無しに飲みに来たので、どこも満員な気配で正直、

お前ら全員国に帰れ

と思いましたが、そうも言ってられないので一軒一軒、「空いてますか」と聞いてまわることに。

そしたら、運良く「拾中八九」は一個席が空いてたので、入れました。

nominomi03.jpg


この拾中八九、

入口が危険です!


hakku01.jpg

hakku02.jpg


設計ミスですね。


んで、食べ物のほうなんですが、

nominomi04.jpg


もつ鍋。

超美味かったよ。

普通の鍋は、具をほとんど食べたら最後にうどんとか入れますが、
もつ鍋はちゃんぽん麺を入れるのが通常らしいです。

そこで、ちゃんぽん麺入れてみました。


nominomi05.jpg


超美味かった。

普通のちゃんぽんよりこっちのが美味かった気がする。

もう、これをちゃんぽんとして売り出したほうがいいんじゃないか。




そんなこんなでこの日もそれなりに食べて飲んだんですが、できる限り腹いっぱい具合をセーブして望んだお陰か、体重は増えずにすみました。

なんとなく、どんくらい食べたらヤバイかがわかってきた気がする。




★おまけ★

最近はまってるおにぎり

nominomi06.jpg


ファミリーマートのおにぎりです。

温めたら、中のチーズがいい具合に絡まって美味しいです。

COCO壱って感じです。

  1. 2008/02/11(月) 22:41:10|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

Syrup16g

天使


『天使』


何というブラクラ!!的な絵です。

本能の赴くまま、鉛筆の進むがまま、余計なことは何も考えずに天使を描きました。

色塗りはパソコン上でやってますが、できる限り絵の具で塗ったっぽくしてみました。
どうでしょうかね…







  センチメンタルな恋は

  どうしようもなく破綻していくもんで

  安心したらさようなら

          センチメンタル/Syrup16g




俺が一番好きなバンドを紹介します。

「Syrup16g」です。

好きなバンドは他にも何個かありますが、Syrup16gは特別です。

特別好きです。



実際に曲を聞いたことない人には想像しにくいと思うので、簡単にイメージを言えば、BUMP OF CHICKENを想像してもらえばわかりやすいと思います。

ああいう感じです。

つか、Syrup16gとBUMP OF CHICKENは実際に昔から親交があります。

Syrup16gの「水色」にBUMPの藤原さんがコーラスに参加してたりします。

まあ、詳しい話はWikipediaで見たら色々情報が載ってるので、ここに書くのはこのくらいにしておきますが、

先日、Syrup16gのニューアルバムが発売されました。


syrup16g_last_album.jpg


これです。

アルバム名は「syrup16g」

2004年に「delayedead」ってアルバムを出して以来、ベストアルバムを2枚出した以外でCDのリリースはなかったんですが、

あれから3年半…
 
この度、待望の…

本当に待望のニューアルバムが発売となりました。



悲しいニュースと共に。



2008年3月1日のライブをもって、Syrup16gは解散します。


ああ、もう本当に "安心したらさようなら"


そもそも、2007年最後のツアータイトルが「END ROLL」だったのが、もうアレだったわけですが…

このツアーの最後、12月9日のNHKホールで"大好きな武道館でのライブを最後にバンドを一反、終了する"と発表があったようです。

日本武道館が嫌いだと言ってたボーカルの五十嵐さんが「大好きな武道館で」と言うあたり、五十嵐らしいです。


いやー、好きなバンドの解散ってのは、何度経験してもへこむもんですが、
Syrup16gの解散知った時はもう、これまでの比じゃないくらいショックでしたね。

Syrup16gの見所のひとつと言えば、やっぱ歌詞ですね。

曲も歌詞も五十嵐が書いてるんですが、
詞がすごい。

ネガティブです。

いや、これは御幣あるかもですね。

Wikipediaの紹介文に習って言えば、「絶望と希望を歌い上げる歌詞」です。

これがめちゃくちゃツボでした。

的確にツボにザックリとぶっ刺さる歌詞でした。


俺はもう、かなりSyrup16gの歌詞には影響されて、このブログの前に「ネガティブ★お疲れ」ってブログ書いてたんですが
もろにSyrupです。
まあ、そのブログは初めて書くブログだったので、「サボテン症候群」始める前にブログになれておこうと思ってやりはじめた練習台だったんですが
感情の赴くまま書きすぎてかなり鬱なブログになってしまったなぁと今振り返れば思います。


まあ、そんなわけでSyrup16gの歌詞はかなり鬱臭のするものなので、好き嫌いがハッキリ分かれるとは思うんですが、はまる人にはバシッとはまると思います。

「破滅の美学」です。

お勧めです。


せっかくなので、最後のアルバムのレビューでもしようかと思ったんですが…
つらつらと感想を書くのも無粋かと思いますんで、現時点で特に印象に残った歌詞の中でもほんの少しだけをピックアップしておきたいと思います。

ただ一言。

歌詞聞いてて、ああ、本当に終わりなんだなって思うと泣けた。



   破滅の美学なんかを 利用して

   嫌なことからは全部逃げてきた

   結局俺はニセモノなんだ 見せ物の不感症

   拾った想い吐き出して 愛されたいの まだ

                ニセモノ/Syrup16g


   誰でも吐きそうな 言葉垂れ流して

   誰でもなりそうな 病気ぶら下がって

                途方の行方/Syrup16g

   
   床に落ちた バナナの皮

   自分で投げ捨てた

   それ忘れて 遊び疲れ

   踏んでコケるような人生

                バナナの皮/Syrup16g


   仕事は楽しいよ 大変だけど

   あなたも すばらしい 日々であるように

                来週のヒーロー/Syrup16g


   傷つけ合わないように ルールを作った

   それを守れるのは強い奴だけだった

   正しいことをするよりも難しいのは

   過ぎ去ってしまったことを忘れずにいれるかさ

                 ラファータ/Syrup16g


   君がもし永遠を笑ってたいなら

   たった今 ここで今 未来を捨てろよ

                  HELPLESS/Syrup16g


   心の中で 答えの中で

   確かなものは 何一つ無い

                  scene through/Syrup16g


   たくさんの歌 たくさんの想い出が

   イマジネーション 体を突き抜けてく

   あなたの帰る 場所はあるから

   イマジネーション 名前を呼んでくれ

                  イマジネーション/Syrup16g




あぁー悲しいなコンチクショウ!!




悲しいて言えば、こん前、冷凍餃子の殺虫剤混入事件が始めて報道された日の朝、

うちの母がニュース見て

「あらー!うちも冷凍餃子たくさん買ったー!」

とか言うから、

新聞に載ってる商品名見せて、「これと同じだったら食べるのやめとけば?」って言ったら

「もう袋から全部出してしまっとるけん商品名わからん!」

とキレられました。

んで、その日仕事が終わって家に帰ってきたら、母が暗い部屋で黙々と餃子を食べてて

「私が今これ食べよるけん、具合悪くならんかったらこの餃子は食べれる」

とか何とか言ってましたが、つまり、毒見してるから大丈夫だったらお前らも食べろということです。


まあ、俺はニュースでいくら牛肉がやばいとかカイワレがやばいとか納豆食べたら痩せるとか言われても、そんなの全く関係なしに食べたいものを食べる派なので、
別にわざわざ毒見してくれんでも良かったんですが

とりあえず電気をつけてから餃子を食べてくれ。
暗い部屋で黙々と餃子食われてたら心臓に悪い。


しかし、世の中の人は異様にこう言う食品関係のニュースに影響受けますね。
なんか昨日、知り合いの一口餃子のお店が、お客が来ないからと早々にお店閉めたらしいです。

なんだかなぁ…

ま、俺もSyrup16gに影響されてるので、テレビに影響される人のこと言えませんが。

  1. 2008/02/07(木) 03:31:01|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ピューと吹く!ジャガーが面白い

kaname_jugar.jpg


『ピューと吹く!ジャガー』映画化!





長崎での上映は…






無し!


ふざけんなドチクショウ責任者出て来い!!

マサルさんアニメ化の時も長崎では地上波放送無かったしさぁ…




と言うわけで、



kaname_jugar2.jpg



観てきました。

パンフも買ってきました。


昨日、長崎からはるばる、ジャガーを見るために福岡まで行ってきました。



先週、上映時間を確認した所、昼に一回、夕方に一回の上映と書かれてあったので、昼に見ようと朝から特急に乗って福岡に向かったんですが
着いてから改めて時間を確認したら、昼の上映は無くなってて、夕方だけでした…


めちゃくちゃ待ち時間ができてしまったので、買い物をすることに。


とりあえず靴が欲しかったので、靴を見て回ることに。

ずっと欲しかったのでブーツを1足。ロールトップです。
んで、2足買ったら割引って言われたので、スニーカーがボロボロだったんでスニーカーも購入。

この辺ですでに、手荷物がやばくなってきた。(財布の中身も厳しくなってきた)

荷物を抱えて映画が上映されるキャナルシティに到着。
キャナルでもシャツを何着か買ったりしてたら、とてもじゃないけど、この荷物もって映画館は入れねーよ的な状態に陥りました。


しょうがないので荷物をコインロッカーに入れることに。


『コインロッカーが見つからない』

 気が付いたら 両手にたくさんの荷物

 とてもじゃないが映画館入れない

 しょうがないので コインロッカーを探してみるけど

 ロッカーが見つからないよ

 キャナルのマップを見たらインフォメーション前にあるんだけど

 左へ行っても 右へ行っても 

 ロッカーに辿り着けないよ

 案内板 現在位置が書いて無い

 クリスタルキャニオンを目印にしても

 どっから入るかわからない

 他のロッカーを探してみるけど 

 現在位置すらわからない!
 
 だけど田舎者とばれぬように

 僕は 涼しい顔してキャナルさまよってる



 キャナルのマップを見たらインフォメーション前にあるんだけど

 何回行っても 何回行っても 

 コムサに辿り着いてしまうよ

 あの商品 70%割引

 これは買いだと財布を緩めて

 さらに手荷物が増える

 何とかロッカーに辿り着いたから

 持ってた荷物を詰め込む!
 
 だけど鍵かけるのに必要な

 コインを出そうとしたら財布に小銭が無い

 (小銭無いよ~)

 (万札しかないよ~)

 
元ネタ↓

 



近くのATMで千円札出して小銭に替えて、何とかロッカーに荷物入れました。



コインロッカーを探してたお陰で上映時間が迫ってたので、そのまま映画館へ直行。


映画館に入ると…



ガラガラでした。

荷物持ったまま映画館入っても大丈夫でした。


映画が始まるまで、席についてパンフでも見ながら大人しく待っていると、後ろのほうの席にいた女性二人組みの声がチラッと聞こえました。

詳しい内容は聞いてなかったのでわかりませんが、どうもユナイテッドシネマについて話してたようで(キャナルの映画館はユナイテッドシネマ)
その会話の中で一人が言った言葉にすごく反応してしまいました。


「アミュと同じじゃない?」


アミュ!?

長崎人か!!?



もし長崎人なら、俺以外にもジャガーを見に福岡まで来た長崎人がいたんだなぁと感慨深くなってしまいました。


そんなこんなで映画が始まりました。



率直な感想から言いましょう。



大変面白かった!!


予想してたよりもずっと面白かったです。


ギャグは漫画とは違うオリジナルなものが多かったですが、漫画のギャグをそのまま映画にしても媒体が違うので面白さが変わってしまいます。

そこをちゃんと映画向けなギャグに昇華していたのは素晴らしかったです。

ジャガー的なシュールなギャグであることには違いは無いので、ジャガーファンの期待に沿える出来だったと思います。


後、ジャガー役の要潤最高!!


最初の発表の時は「何で要潤が!?仕事選べよ!!」と思ったもんですが

いざ見てみると、もう要潤以外ありえないですね。

すごい存在感でした。

間の取り方もよかった。

後、板尾最高!


俺はごっつ以来、板尾が好きでたまらないんですが、この映画には脇役(影千代先輩役)で板尾が出てます。
最後のほうの板尾の出番はすごかったですね。あのボソッて言ったの、アドリブかなぁ…



ただ、ひとつ不満な点は、映画オリジナルのキャラクターです。


映画なので、漫画と違って一本筋の通ったストーリーが必要だし、そのストーリー自体にそんなに不満は無いんですが、

どうしてもストーリーの進行上、悪役が必要なのはわかるんですが…


グリとグラの出番はもうちょっとキャラクター薄くして出番減らして欲しかった気がします。

笑えない。(悪魔で俺の個人的な感想ですけどね)



そんなこんなで、大方大満足だった映画版ジャガー。

満足すぎて浮かれてた俺は、コインロッカーから大荷物を出した後、雨が降ってたので傘を買って天神駅を目指したんですが、

浮かれすぎて道間違って天神とは逆側に歩いていったせいで大回りしてしまった上に
傘をさしてるせいで荷物が持ちづらく、大変困難な帰り道になってしまいました。

キャナルから天神駅まで1時間半かかりました。


最後はそんなんでしたけど、非常に楽しくてお金使いすぎて今月ピンチな一日でした。

おしまい。



  1. 2008/02/03(日) 21:11:53|
  2. イラスト/モノクロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

mixiはじめてました

mikumikumixi.jpg


ミクシィのことを書こうと思って、それにあわせた絵を描きました。

でも、着色中に、ミクシィと初音ミクは何の関係も無いことを思い出しました。


しょうがないので初音ミクの話をします。


初音ミクはご存知でしょうか?


初音ミクとは、クリプトン・フューチャー・メディアから発売されたボーカロイド(音声合成・デスクトップミュージックソフトウェア)です。

簡単に言えば、ヤマハが開発した、歌声を作るソフトの一種ですね。

それに、「初音ミク」と言うキャラクター設定を付加させたことにより、ある種のバーチャルアイドル的な売りが生まれて去年、ネットでブレイクしました。

このソフトがあればもう歌手はいらない!


とまでは言い切れません。

実際の所、このソフトを使用して綺麗な歌声を作るのはかなり大変なようです。

俺は少し前にこのソフトのことを知って、動画サイト等でこのソフトをユーザーが使用して作った作品を見て回りましたが、すごく良くできてる作品も、やはりどことなく機械的な雰囲気を感じる歌声です。
しかし、何か延々と聞いてたら、この歌声に慣れてきて俺の中で違和感が無くなってしまいました。

さて、こんなことツラツラ書いてても初音ミク知らない人にはサッパリだと思うので、
初音ミク関連の楽曲で一番有名だと思われる曲を聴いてもらうとしましょう。

この曲は、ユーザーの一人が作詞作曲してそれを初音ミクに歌わせたもので、
何やら去年、某動画サイトで人気が出たらしく、今ではカラオケにまで入ってるらしいです。

うーん…印税とか入るのかなぁ…

いいなぁ…

この動画はサビだけしか扱ってないんですが、動画が面白すぎたのでこれを選びました。







踊りがキモすぎる!!!



さて、mixiの話をします。

実は、もう半年以上前から、俺はミクシィに入会してたんですが、当時はこのブログと、今はもう亡き"ぶろぐ長崎"の方とで2つのブログを書いてたのもあって、
ミクシィで日記は書いてなかったのです。

んで、ぶろ長が撃沈した後も、なーんか書く気が起きなくてミクシィは放置してたんですが、
ミクシィのコミュニティ?とか言う奴で中学の同窓会に関する情報交換が行われてて、色々あったけど、去年末に無事、同窓会が開催されたりして意外や活躍したので、そろそろミクシィやるかと重い腰を上げてしまいました。


と言うわけで、さっき、ミクシィの方に初日記を書いてきたところです。


これからまた、俺は二束のわらじでブログ活動をしようと思いますが、
ぶろぐ長崎の時みたいに両方ともがっつり更新とかしたら俺が死ぬので、こっちは今まで通り、ミクシィは気が向いたらでやって行こうと思います。


ついでに俺のミクシィのアドレス貼っときます↓


Dr.サボテンのページ

というわけでミックミクにしてやんよ
  1. 2008/02/01(金) 01:42:10|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

   

プロフィール

サボテン

Author:サボテン

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。