サボテン症候群★                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オレの考えた怪談

夏と言えば怪談ですね。


なんで夏と言えば怪談なのかと言うと、夏の暑さを怪談の恐ろしさでふっ飛ばそう~!
ってな理由からだそうです。

同じ理由で、夏と言えばおばけ屋敷…ってな感じでおばけ屋敷も稼ぎ時のようです。

まあ、オレから一言、言わせて貰うと

いくら恐い話しても暑いもんは暑いんじゃこのボケー!!


むしろ、夏の夜ではなく、昼間の炎天下の下で汗をダラダラ流しながら
ポータブルDVDプレイヤーで「リング」とか見てみてください。

暑さで恐さがふき飛びます。

貞子がテレビモニターから這いずり出てくる場面なんて、
熱射病でぶっ倒れてフラッフラの人にしか見えないことでしょう。



と言うわけで、今日は大して書く事も無いので、
今オレが考えた怪談でもお披露目しよかと思います。


とても恐いので、パソコンの画面から1メートル以上離れて部屋の明かりを付けてご覧ください。

泡ふいて倒れます。



Dr.サボテンの本当に無かった恐い話

(注意:この物語は完全なるフィクションです。現実にこのような事が起こるはずがありません)

第一回(第二回以降があるかは不明)



ある日、失恋したショックで人間嫌いになり、ずっと家に引きこもっていた猿渡の家に、友人である川添が訪ねてきた。

なにやら、川添は新車を買ったらしく、それを乗り回したくてたまらないからドライブに付き合え、と言ってきた。

「いやだよ、オレ引きこもっていたいんだ」

猿渡は断ったが、川添は引かなかった。

「いいから付き合えよ」

川添は昔から強引な奴である。猿渡はしぶしぶ了承した。

「それで?どっか行く当てあるの?」

「ああ、夏なんだし、キモだめしでもしようぜ」

「キモだめし?」

川添の話によると、どうやら隣町に廃墟になった病院があるらしい。
なんでも、霊安室だった部屋から、夜な夜な女性のすすり泣く声がして、
廊下からはまるで雨漏りのように真っ赤な血がしたたり落ちるのだという。

「その病院に行こうと思う」

川添は昔から強引な奴である。断っても無駄だと思った猿渡は、しぶしぶ川添の新車に乗り込んだ。


「お、すごいね、この車…鍵が無いんだ?」

「ああ、最近のはカードで動くんだぜ」

なんて事を話しながら、車に揺られること1時間。

時間にして深夜0時。
二人は問題の病院に着いた。


「ここか…」

闇夜にたたずむ、廃墟となった病棟――

時々ふく風に、窓がガタガタと揺れている。


「うおお、なんかもう、入る前からめちゃくちゃ恐いな」

「ああ、なんかオレ、急激にネットゲームの世界に帰りたくなってきたよ」

「そうか、じゃあ辞めとくか」

「そうだね、よく考えたら、廃墟に不法侵入したら世間体わるいからな」

二人はキモだめしを断念した。


一目散に家に帰ろうとした二人―――その時!


「う、うわああああ!!!!」

猿渡が、この世の物とは思えないほどの断末魔をあげる。

「ど、どうしたんだ!?」

あわてて駆けよる川添。

「ああ、ああああ…!ネコの…!」

ガタガタと震える猿渡。

「ネコ!?ネコのなんだ!?」



「ネコの…ウンコふんだ!!」

猿渡はネコのウンコをふんでいた。
もしかしたら犬のウンコだったかもしれない。
しかし、そんなことはどうでもよかった。


「早く帰ろう!ここは…危険だ!」

そう言って、車まで駆けだす猿渡。

そこで、川添は気付いた。

「ま、待て!猿渡ーー!!」

あわてて叫ぶ。しかし、猿渡の耳には届かない。


「待ってくれ!お前、ウンコふんだ靴でオレの車に乗るつもりか!!?」

猿渡は答えない。

「うああああ!!やめろ!やめてくれえええ!!!!」


川添の言葉むなしく、猿渡は車に乗り込んだ―――


「うああああ!!!」

新車なのに!
まだローン5年も残ってるのに!!

「車の鍵はカード式なーのーにぃーーー……!」


闇夜に、川添の空しい叫びがこだました…





kaidan_a01.jpg





恐怖!ウンコふんだ靴で車に乗る男!!


        完。




どうでしょうか、皆さん。
恐かったでしょうか。キモは冷えたでしょうか。


え?恐くない?

しかもこれは怪談じゃない?


ちょっとお前、話があるから放課後、体育館の裏まで来い。


スポンサーサイト
  1. 2007/07/29(日) 14:50:09|
  2. イラスト/モノクロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

機種変ファンタジー

きぃーしゅへん 幻想(ファンタジー)

そうさ ゆーめーだーけはー

誰も奪えーない

こーころの 翼だーかーらー




kisyu01.jpg



機種変しました!

910SHです。

前の携帯はボーダフォンだったんですが、機種変したことにより、
晴れてソフトバンクです。

若鷹軍団の仲間入りです。




前の携帯には本当にお世話になりました。

前の携帯はV603SHでした。

SHARPの携帯で撮れる動画は、SDカードの空きメモリーいっぱいまで撮影できるので(制限時間が無い)
長時間撮影に適してます。

この機能のお陰で、一年前は自主制作映画をとることもできたし、
半年前には心霊スポットに行った時のドキュメント映像も撮ることができました。



ありがとう。前の携帯。

君に出会って、もう3年になるね。

バイト時代は、いつも君と一緒だった。

君は毎朝、クソやかましいアラーム音でオレを叩き起こしてくれた。

スヌーズ機能で、もう起きてるってのに、クソやかましいアラーム音を奏で続けてくれた。

君に備えられていたテレビ機能は、ほとんど役に立たなかったよ。

君に備えられていた方位磁石になる機能は、まったく役に立たなかったよ。

DOCOMO、au、ボーダフォン間での絵文字のやり取りができるようになった時も、
君は「(他社の携帯に送る場合は)絵文字がカットされます」と、
絵文字を自動的にカットしてくれるもんだから、
みんなが絵文字使いまくってるのにオレだけ絵文字が使えなかったね。
大きなお世話だったよ。


ボクの大好きだったあの人から、初めてメールを受信したのは、君だ。
ボクの大好きだったあの人へ、初めてのメールを送信したのも、君だ。
ボクの大好きだったあの人への、最後のメールを送信したのは、君だ。
ボクの大好きだったあの人から、最後にメールを受信したのも、君だ。


ありがとう、そしてさようなら。







kisyu02.jpg





さて、涙々の前の携帯との告別式もこれくらいにしておいて、
今日は機種変した時のエピソードでも書こうと思います。


仕事終わりに機種変しにソフトバンクショップへ足を運んだのですが、
仕事終わりだけあって、閉店間際でした。

「すいません、まだ、機種変できますか?」

ショップの店員さんに訪ねました。

すると、





kisyu03.jpg





おもっくそ「マジで?」って顔されました。



おのれ店員この野郎!

と、思わず小宇宙(コスモ)を燃やすところでしたが、

店員さんの名札をよく見ると、「研修中」の文字。

どうやら、店員さんは新人で、普通になれてない人だったようです。


店員さんはたどたどしくも、先輩に聞きに行ったりして、「まだ大丈夫です」と答えてくれました。


何の機種にするのか決めて無かったのですが、とりあえずSHの新しいのにしたかったので、

「カタログ見せてもらっていいですか?」と聞いたら、

おもっくそ「マジで?」って顔して、おもむろに後のほうにある棚を探し出しました。


オレの目の前のテーブルには、最初からカタログが置いてあったのに。


しばらくして、棚からカタログを見つけ出した店員さんは、それを見せてくれました。
(オレの目の前のテーブルに置いてあるカタログと同じ物)



そのカタログから、機種を選び、いざ、機種変へ。



たどたどしく、ソフトバンクのホワイトプランとか機種代の事とか説明してくれます。

「機種代は、2年間の分割でのお支払いになります」

なにやら、ソフトバンクの機種代は、機種変時には払わず、
2年間の分割の支払いになるそうです。

つまり、2年間、機種変はできません。
機種変するなら、その時に残りの機種代を払わなければなりません。

「ああ、そうなんですか。ちなみに、一括だといくらなんですか?」

「えっ、一括ですか!?」

おもっくそ「マジで?」って顔して、資料を見る店員。

「あ…7万です」

高っ!

「高いですよね。すいません…」

いや、あんたに謝られても。


ちなみに、分割にすると、機種代はトータルで2万円くらい。
あきらかに2年間の分割にした方が安い。
ややこしいプランである。

「ややこしいですよね。すいません…」

いや、あんたに謝られても。



さらに、今、機種変すると、とあるサービスが3ヶ月間無料になるらしい。
その説明もしてくれました。

「これはこういうサービスで、こういうことができるんですが…
 こんなサービスいらないですよね」

いや、確かにいらない機能だが、あんたがそれ言っちゃダメだろ…

「ですが、このサービスは勝手についてきちゃうんで、
 無料サービス期間が3ヶ月なので、3ヵ月後に忘れずにサービスを解約してください」

解約勧めるって、どんなサービスだよ…



そんな感じで、終始、たどたどしく悩みながら説明してくれる新人店員さんを責める訳ではないのですが、
機種変にものすごく時間がかかり、店のシャッターは閉まり、
なんかとんでもない状況で機種変は終わりました。


機種変が終わると、新人店員さんの横に座って指導していたベテランっぽい店員さんが、

「すいません。練習台みたいになってしまいまして…」

と言ってきたので、「いえ、いいんですよ」と、大人の対応で答えると、


「つまらないものですが、これもお付けしますね」とか何とか言って、



kisyu05.jpg





ソフトバンクのボックスティッシュと、ボールペン・シャープペンをくれました。


「えっ、いいんですか。ありがとうございます」と、大人の対応で受け取ります。


そしたら、

「他にも何か差し上げれるものはないかしら」と、ベテラン店員さんは後の棚をあさくって、


「すいません、これ、ロゴが前の物なんですが、どうぞ」と、




kisyu06.jpg





ボーダフォン時代のポケットティッシュをくれました。

いや、これ、ただ単にあまってただけだろ…

ですが、ここも大人の対応で
「ああ、ボーダフォン!レア物ですね~」と、ちょっとジョーク的なつもりで答えたら、



「そうですよね!レアですよね!もっといりますかっ」

と、




kisyu07.jpg





こんなにくれました。



いや、あんた、ただ単に在庫を処分したいだけだろ…


ですが、ここも大人の対応で
「ああ、こんなにたくさん、ありがとうございます」とお礼を言ったら、

「いえ、ティッシュはたくさん使いますものね!」

とか店員さん言ってたんですが、



使わねーだろ若鷹軍団この野郎!!

最初のボックスティッシュもあわせたらすげー量だよ!
こんなにティッシュ使うってお前どんだけ鼻つまってんだよ!


思わず流星拳的な何かを繰り出したくなりましたが、そこはグッと抑えて、

これ以上、ティッシュが増えないように、「遅くまですいません、それではさようなら」と、
そそくさと店を出ました。




ああ、良い店だったな。

今度、機種変する時は、またここに来よう。


  1. 2007/07/26(木) 19:26:03|
  2. イラスト/モノクロ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

へんなじゅーす特集

20070723203201.jpg


この絵は一年くらい前に描いてずっと放置して、最近やっとザ・なが(地方誌)に出して掲載されたものです。

実を言うと、気に入ってません。

何を思ってこの絵を描いたのかもはや覚えてませんが、後ろに英文があります。
Yahooで翻訳したら、
「あなたがここにいるならば、私は香辛料のきいた毎日で生きることもできます。」
とのこと。

香辛料のきいた毎日って何だ…
頭おかしいんじゃないか、一年前の俺。

ってな風に、同じ「俺」と言う人間ですら、一年前の「俺」の事を現在の俺が理解できないのだから、
他人同士が理解しあうのは不可能というものです。
それと同時に、時間を隔てた「俺」と言う同一人物でさえ、ある種の他人なんだと思います。

時間って面白いなぁ

 いーーーっけぇぇぇぇぇぇぇぇーーーっ!



土曜にやってた、時をかける少女、面白かったなぁ



             _
          /  ̄   ̄ \     俺が未来から来たって言ったら
         /、          ヽ                   笑う?
         |・ |―-、       |
        q -´ 二 ヽ       |
        ノ_ ー  |     |
         \. ̄`  |     /
         O===== |
        /           |


↑さっき、ネットで見つけたアスキーアート(であってるよね?)
面白かった。


さて、今日は「へんなじゅーす特集」です。

ちょっと前に、ゲル○ンジュースっぽいの(中身が寒天ゼリーになっててすっげぇ飲みにくいの)を紹介しましたが、
あれ以降も俺は、変なジュースを探し続けていました。

結構たまってきたので、ここで一挙公開!


juju01.jpg


これはコンビニでよく見かけるから知ってる方も多いと思いますが、
俺の変な友人のみゆきさんが紹介してたものです。

飲んだら、本当にハイチュウを液体にして飲んでる感じ。

死ぬかと思いました。


juju02.jpg


ちまたで話題のラーメン缶。

その冷やし中華バージョンです。

少年ジャンプのこち亀で、両さんが「ラーメン缶が出たら絶対売れる!」
とか言ってたんですが、それからしばらくして本当に売っててビックリしました。
本当にジャンプ見て、作ったのかなぁ…
偶然かなぁ…

あ、ちなみに麺が糸こんにゃくみたいなので出来ていて、スープに使ったままでも伸びない仕組みです。


juju03.jpg


なんやしらんがコンビニでえらい売り出してた「カクタスX」

写真ではわかりづらいかもですが、
オロナミンとかとは違い、めっちゃでかいビンです。
コーラのビンの奴ぐらいの大きさです。

「ヒラウチワサボテンエキス1000mg」
が売りのようです。

でも、サボテンのエキスって…
タウリン100mgとかと違って、「サボテンのエキス」ですからね。
この1000mgのうち、何パーセントがただの水なのかと俺は問いたい。

ちなみに味は、チオビタ系の味とはちょっと違って、カラメルっぽい甘さがあります。



juju04.jpg


カロリーメイトのジュース版。

これは昔からあるものですが、最近はブロック状のしか見ないから、
てっきり終売したのかと思ってましたが、島原の自販機に売ってました。

飲んでみたら… 喉に絡みつくような感覚!

なんかイメージ的に、ブロックのカロリーメイトを牛乳か何かと一緒にミキサーにかけました!って感じでした。



juju05.jpg


あずき茶

もう、見た瞬間から気になってしょうがありませんでした。

果たして、あずき…いわゆる豆から作ったものがお茶と呼べるのか!?

むしろそれはコーヒーに分類されるべきものじゃないのか!?

つか、ぜんざいとは別物なのか!?

気になって仕方なかったんで、買いました。


見た目は、紅茶よりは濃いけど、コーヒーよりは断然薄い色合い。

香りは…ほんのりあずきの匂い。

飲んだら…なんか濁った水を飲んでる気分。

後味は…うっすらぜんざいを食った後な感じ。

まったく甘くはないので、あんこ系ではありませんが、まがりなりにもあずきです。

俺はこれを飲んだ直後、隣にいた先輩に
「なんか泥水飲まされてる気分です」
「なんてポリフェノールが増えて僕元気!」と言いました。



juju06.jpg



パッケージに引かれて買いました。

「こどもののみもの」と書かれてますが、

その下に描かれてる時代を感じさせる絵はどう見ても

ビールを飲んでる小学生にしか見えません。

飲んでみたら、甘いビール…て印象。

まあ、絵の先入観からそう思うだけかもしれません。
味自体はビールとは程遠いんですが、そんな感じ。

ジンジャーとかとはまた違う新しい炭酸飲料だと思いました。
いつからある飲み物かは知らんけど。




kapusera.jpg



サントリーのカプセラです。


まえの寒天ゼリーの時、ま咲さんにコメントで紹介していただいた品です。

レモン水っぽいのに、何やら不思議なカプセルが浮いてます。

近未来的です。

飲んでみたら… すっぱ!!

普通にレモン水です。

んで、カプセルは、ふよふよしてます。

イメージ的には…レモン水にタピオカ的なものが入ってる感じかなぁ…

妊婦におすすめ!たぶん!




juju07.jpg


バナナ味の豆乳。

豆乳好きの俺としては、これを見た瞬間、

出たーっ!豆乳界の革命児!!

とか思って購入。

味は、けっこうバナナ味です。

豆乳苦手な方には、入門書的な役割に最適かと思います。




juju08.jpg


バナナ味から日を置いて、発見したココア味の豆乳。

これはかなりココアです!

ソイココアって感じです。

ソォイ!!



juju09.jpg


その後、スーパーで発見したフルーツミックス味の豆乳です。

これにいたっては、もはや豆乳らしさが完全に失われてると思いました。




juju10.jpg


さっきのと一緒に、スーパーで見つけた抹茶味の豆乳。


これは俺のお気に入りです!
もう、まるち!

まるちまるぞうのお墨付き!

もともと、俺が抹茶好きってのもありますが、これ飲んだ瞬間

豆乳界の千利休やっ!と思いました。




juju11.jpg


これもスーパーで見つけた、GABA豆乳です。

味は、ストレートな調整豆乳なので、豆乳苦手な方にはお勧めできない…

でも、ストレス社会に生きるあなたへ贈りたい。



juju12.jpg


これはスーパーで叩き売られていたから、救出してきました。

これは調整豆乳なんて生易しいもんじゃないです。

純豆乳。

大豆を搾って、豆腐を作る過程で生まれる、本当の豆乳です。


味も、もろに豆乳です。

これは、容器に移して、にがりを入れてよく混ぜてからレンジで2~3分温めたら、できたての豆腐に生まれ変わります。

ネタのために豆腐にしてやろうかと思いましたが、
めんどくさかったのでそのまま飲みました。




そんなわけで以上です。

途中からはもう、「へんなじゅーす特集」って言うよりも、「豆乳特集」にしたほうが良いんじゃないかと言わんばかりの豆乳連投ですが、

これで少しでも豆乳が世に広まって世界が豆乳まみれになって、宇宙が豆乳に包まれればいいのに。


  1. 2007/07/23(月) 21:55:06|
  2. イラスト/モノクロ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

和の心を大切に

yukata03.jpg


思い切った髪の色をしてますが、こんな色にすると髪の質感とか出すのが難しいんだと知りました。

さて、これまでも至る所で何度も何度も口がすっぱくなるくらい言ってきましたが、
俺は浴衣が好きです。


夏の風物詩です。

思うに、「和の心」は大事にせにゃならんと思うのですよ。

夏といったら水着?
そりゃ世界基準で見たら、夏といったら水着かもしれません。
しかし、日本には、日本にしかない、夏を感じる服装があるじゃないですか。

日本人だけですよ。
浴衣を見て「おっ!夏だなぁ!」とか思えるのは。

あれを、もしアメリカ人が見たら
「OH!ジャペェ~ン!」です。

中国人が見たら「啊!是日本人!」です。

よく、「日本人は愛国心が足りない」みたいな事が新聞とか見たらありますが、
いいじゃないですか。人は一人。国とか人種とか宗教とか、そういうので区別するから戦争とかなんとかめんどくさい世の中なんですよ。

愛国心なんてどうでもいいから、ただ、和の心を大切にしてりゃいいじゃないですか。

前に「七夕普及計画」を立ち上げてみた俺ですが、かなり難しいと思いました。
これを実現させるには、もはや根本的に考え方を変えなければならないと考え、
それに先行して、「和の心をもっと大切にしよう計画」を立ち上げようと思います。


まず、手始めに食事に気をつけましょう。


と言っても、別に「日本人なら魚を食え!味噌汁を飲め!」とは言いません。


箸ですね。
例えガストで日替わり定食じゃなく、日替わりランチを頼んだとしても、
ここは箸を使うべきですね。
ランチだからってわざわざナイフとフォークで食べなくてもいいじゃないですか。
日本には日本の食事のマナーがあるんですから、箸を使ったっていいじゃないですか。

スパゲッティを食べる時だってそう。
わざわざ、フォークにくるくる巻かなくたっていいじゃないですか。

あ、ちなみに、スパゲッティをフォークとスプーンで食べるのは、正式な作法とは言えないそうです。
なんか、土地によってスプーン使う所と使わない所があるんだって。
この前、高校の友達が言ってた。



次に車。
いいじゃない。国産車で。
外車にあこがれ持ってる人、俺の知り合いに数人いるけど、
外車って日本で乗るために作られたもんじゃないから大変ですよ。
日本で乗ってたらすぐトラブりますよ。
そんで、修理しようにも日本じゃサポート悪いから、部品とかも難しいよ。
めっちゃ金かかるよ…


次に旅行!

なんか海外に行きたがる人多いけど、ちゃんと外国語できてる?
逆の立場に立ってごらんよ。
日本にまったく日本語しゃべれない外国人とか来たら、困るでしょ?
道聞かれて、説明してんのにわかってくれなくて、つかそもそも聞くときに
「きゃんゆーすぴーくいんぐりっしゅ?」って、

お前ココどこだと思ってんだよ!?

英語が世界後かどうかしらんが、世界中に、勉強したくてもできない子供がたくさんいるんだよ!
学校に行きたいのに家族のために働かなきゃいけない子供がたくさんいるんだよ!!

その子達に「きゃんゆーすぴーくいんぐりっしゅ」って、
そんな酷なことは無いだろう!?

…まあ、日本人が英語できないのはもっと別の理由だけどさ。



後は…酒。
酒と言えば日本酒、焼酎!
ワインとかブランデーとか洒落たこと言ってないで、日本人なら日本酒と焼酎を…

あ、だめだ。
俺、日本酒も焼酎も飲めないんだった。

じゃビールで!


え~と、後は…後なんかあるかな。

ああ、トイレ!

トイレはもう和式で!

和式のほうが、用も足せて、足腰も鍛えられて、
まさに一石二鳥!

うん。
まあ、でも、忙しい時とか洋式のほうが便利か。
服も汚れにくいしね。

じゃあ、もう開いてる方のトイレでいいや!

トイレといえば、前にトイレに「タンを吐かないでください」って書いてあって笑った、いたいな事件がありましたが、
この前、とある会社でトイレを借りたところ、こんな張り紙がしてありました。


toiret03.jpg


もう、突っ込みどころ満載ですね。

②の時点で意味不明だし、

③に至ってはなんか赤線で「ここが重要!」ってな具合に強調されてるけど、
 そんな重要視する所でも無いと思うし、

④はストレートすぎるし

⑤にいたっては、どんだけストレス溜ってんだよ!?つかもうお前病んでるだろ!?としか思えなかったし。

日本の企業、大丈夫なんかなぁ…



あ、話がそれた。

和の心です。

え~と、後は…
日本人ならK-1とかに夢中になってないで、相撲見ろよ!!

とか…

いや、俺は相撲も見ない上にK-1も見ないからどうでもいいんだけど…



あー、なんか、俺自身、まったく和の心を大切にしてないですね。

うん。
まあ、心は個人個人のものであって、そういうのを強制するのは法律でも駄目だってなってるから、


もう自由で!
  1. 2007/07/20(金) 19:31:13|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

ラストミッション!

俺が前のバイトを辞めて、早3ヶ月。

バイト時代、このブログでも頻繁にネタにさせていただいた、ある偉人がいます。

その人はIさんと言います。

Iさんと俺は、このブログの実家的にも、前の職場的にも、数々のミッションを乗り越えてきました。


目を閉じれば、今も思い出します。

Iさん、主演・原作による、自主制作映画。
IさんからMさんへのバレンタインチョコ作り。
Iさんスケート大作戦。
式見トンネル心霊ツアー。
後輩へのバースデーケーキ作り。
Iさんと行く!福岡ドンキホーテ・A・GOGO!ツアー。
Iさんのavexオーディション予選に挑戦。
Iさんの歌ブログ撮影。
Iさんの全財産を賽銭箱に放り込もう作戦。
Iさんの携帯からいたずらメールを配信しよう作戦。

…まあ、ほぼ、Iさんは俺たちに巻き込まれてるのが多いんですが、
彼は自分の持ち味を最大限に発揮し、数々のミッションを盛り上げ、乗り越えてくれました。

本当、ネタに困らない人です。


さて、今回は、三ヶ月前になしとげた、前の職場での、Iさんとの最後のミッションについて書こうと思います。

これが、最後のバイト時代のネタです。


今年の1月初め。
冬休み期間限定で働いてた、高校生バイトと休憩中に話していた所から始まります。

「最近の女子高生は何が流行ってんの?」

確か、こんなことを俺は問いかけました。

「最近はホームページとか作るのが流行ってますね」

高校生は、サラリと言ってくれちゃいました。

「ホームページ!?」


ホームページ、それは、俺が過去に何度か作ろうと思って結局作らなかったという、俺にとってはハードルの高いものです。
そのホームページを、高校生たちはみんな持ってるというのです。

「今の高校生はホームページとか作ってんの!?おま、ちょ…俺らのときなんかメール8文字とかだったんだぞ!?」

「なんですか?それ」

「ナンデスカソレ!!?」

「その前はモバゲーとか流行ってましたね」

「モバゲー!!?」

「その前はブログ。もう廃れましたけど」

「廃れたぁ!!?」

もう、何にたいしても驚くばかり。
このままでは、最近の若者に置いてけぼりを喰らう…
そこで俺は、Iさんに提案しました。

「Iさん、こうしちゃいられないですよ。Iさんもホームページを作りましょう」

「ホームページですか!?でも俺、パソコンとか駄目なんですよね」

「大丈夫です!俺が更新とかしますから、Iさんはなんか書いてください」


そんな感じで話は始まり、Iさんのホームページはそんな内容にするかとか話し合った結果…

Iさんがエロ小説を書くことになりました。


どうしてかって?そりゃあ、Iさんが

「官能小説なら俺、書けますよ!自信があります!」

ってマジな顔で言うもんだから、そんなに自信あるなら書いてもらおうじゃねーか!と、いう感じですんなり決まりました。


とりあえず、ホームページ作りは脇に置いといて、
さっそく、Iさんに官能小説第一話「出会い」を書いてもらいました。

それを読んだ時の、俺の感動は今も忘れません。

「キンモーーーー!!!!」


これはもはや、官能小説ではありません。
ギャグです。しかも、天然ギャグ小説。
真剣に書いたのに、何故かギャグになっちゃってる、天然ギャグ小説。

なんて酷い内容。
なんてアホな比喩表現。
でも、そこにIさんの全てが詰まっているような気がしたのです!!

あんまりにも笑えたので、それからと言うもの、みんなで「早く続き書いてくださいよ~」とか言って、続き書いてもらったりしてました。




しかし、時は過ぎていくもの。
何もかも、変わっていきます。


とうとう、俺は就職が決まり、楽しかったバイトを辞めなければならなくなりました。

最後にIさんに、その書き綴ったヘッポコ官能小説の最終話を書いていただき、俺は職場を去りました。

「Iさん、この小説は…立派な本にしてみせますからね!」


ホームページ製作をすっかりあきらめた俺は、その小説を本にすることにしたのです。



さあ!ラストミッションだ!!





作:Iさん!

挿絵:Iさん! (無理言って書いてもらった)

タイトル:ティッシュボーイ!!
(厨房のみんなで一生懸命アイデアを出し合って決めたタイトル)

うちのパソコンと、プリンターをつかって本に仕上げました。

★表紙★

tb01.jpg



★裏表紙★

tb02.jpg


★著者近影★

tb03.jpg


写真は、歌ブログ時のhydeになりきったIさん。

★中身★

tb04.jpg



立派な本に仕上がりました。

この本は、バイトを辞めて最初の連休、ゴールデンウィークにバイト先へもって行き、Iさんに手渡しました。

Iさんは、
「家に置いとくわけにはいかんけど捨てるに捨てられん!!」
と、喜んでくれました(?)





さて、そんなこんなでこの度、このラストミッションを記事にするにあたり、
元々はホームページ製作が狙いだったわけだから、一念発起してIさんのホームページ作りました!
一日で作ったからあんまりにもテキトーすぎるホームページですが、
その辺もIさんらしくていいかなぁ~と思って開き直ってほくそえんでいます。

ホームページのタイトルは「ハゲッツ」

Iさんと仲の良かったバイト先の社員さんが名付けたページ名です。


あ、一応、言っときますが、内容はヘッポコでも、まがりなりにも官能小説なので、18歳未満禁止です!!
その辺ご注意ください。(ちゃんとアダルトサイト用ホームページサイトで作りました。)

それでは、Iさんの妄想爆裂でお送りします。

ヘッポコ官能小説「ティッシュボーイ!!」



視界がもっと溶けて

思いが滲んでかすれても

しかたないさ これで終わり

これで終わり/Syrup16g


  1. 2007/07/17(火) 21:00:46|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ドラゴンクエストソード

子供に戻りたいなぁ

夢も希望も持ってた子供の頃に戻りたいなぁ

大人になれば何でもできると信じてた子供の頃に戻りたいなぁ

痛みや苦しみを知らなかった子供の頃に戻りたいなぁ




ってなわけで、自称・ピーターパンシンドロームの俺です。
自称・対人恐怖症の上に自称・ピーターパンシンドロームまで患ってみました。

悪魔で自称。

ピーターパンシンドロームとは、簡単に言えば「大人になろうとしない男性」の事で、1983年に提唱された精神疾患です。

よく、ピーターパンシンドロームに並べて紹介されるのが「シンデレラコンプレックス」ですが、シンデレラコンプレックスはピーターパンシンドロームとはちょっと意味が違ってて、簡単に言えば「男性に高い理想を持つ女性」の事を指すそうです。

ちなみに、「ウェンディジレンマ」ってのもありまして、こちらは「依存性人格障害」とも呼ばれていて、「他人の目を気にしすぎるせいで他人の機嫌を取るのが上手いが、内面は劣等感で一杯の他人依存の激しい人」を指すらしいです。

心理学って奥が深いです。

ちなみに、ピーターパンシンドロームは「ピーターパン症候群」とも呼ばれていて、このブログのタイトル「サボテン症候群」に通ずる物があるなぁと勝手に思いました。



さて、本題。




dqs1.jpg



ドラクエソードを買いました!!

いぇーい!ひゅーひゅー!

今回もゲームの話ですいません神様。


ドラクエソードは、Wiiのソフトで、リモコンを振ってゲームの中のモンスターをズバッと切るゲームです。

この前の12日に発売しました。

自称・ピーターパンシンドロームの俺は、子供の頃のようにドラクエの発売日におこづかい握り締めて買いに行きました。

今も覚えている、1995年12月9日

その日は「ドラクエ6」の発売日。
当時、中学1年だった俺は、ドラクエ6の発売日にお金がなく、買えそうにもなかったのですが、
どうしてもドラクエがしたかった俺は、家にあったスーファミのソフトを全部「ファミコンランド宝島」に売り払って無理矢理ドラクエ6を買いました。

あの日いらい、ゲームを発売日に買うことはなかったのですが、この度ついに、その封印を解き放ちました。

昔は、少ない小遣いで金を工面して買ってたので、ソフトを手にした時の喜びも大きかったのですが、
今となってはポケットマネーで軽ーく手に入っちゃうので、いまいち感動がないですね。大人ってのは寂しい生き物さ。

今思えば、子供の"経済力"ってすごいですよね。
貰えるお金は少なくても、ソフトとか漫画本とか売ったりして工面するんですから。
あの時の"経済力"を今も忘れなければ、もっと貯金はたまるのに。



そういや、「ファミコンランド宝島」はいつの間にか閉店してたけど、経営不振だったのかなぁ
俺たちがいらないソフトをガンガン売ったりしてたから潰れたのかなぁ


さて、感傷に浸るのもこれくらいにして、ドラクエソードの事を書きます。

普通のドラクエと違って、ステージをクリアしていく感じです。
アクトレイザーとかみたいに敵を倒しながら前に進んでいく感じの。

(※例えが古いですが気にしないでください。ちなみにアクトレイザーはスーファミのゲームで俺が小学生の頃980円で買ってめちゃめちゃはまったアクションゲーム)

最初はなれなくて苦労しましたが、しばらくやってたらコツが掴めてきました。
けっこう面白いです。



ですが、特筆すべきはそんな所ではない!!

今回のドラクエは、一部のキャラクターが喋ります。
もう、オープニングから喋りまくりです!

最初は禍々しい仮面が画面に映り、女性の声でプロローグが語られるのですが、
その後!

何やら闘技場のような所で老師みたいなおじいさんが戦ってて、そのおじいさんに主人公が剣の振りかたを教わる…みたいな感じなんですが、

そのおじいさんの声を聞いた瞬間、なんか妙な違和感が!!


「あ、あれ!?なんかこの声、聞いたことある…!」

いったい、どこで聞いたのだろう、この声…

画面では「リモコンを縦に振れ!」とか「リモコンを前に突き出せ!」とかいろいろ支持を受けてるんですが、
俺はもう、おじいさんの声が気になってしょうがありません!

なんか修行みたいなのが終わって、おじいさんが
「中々の腕前じゃな」
とかなんとか言った瞬間、


ああ!!この声は…!!!!














dqs2.jpg



あー、よかった。

何の声かわかってスッキリしたー





ゲームを進めていくと、仲間ができたりするんですが、
その中にセティアという名の女僧侶が仲間になります。


その昔、ドラクエ5でベビーパンサーが仲間になる時、ビアンカがベビーパンサーの名前を決めようとするんですが、
その名前の候補が4つありました。

「ボロンゴ」

「プックル」

「チロル」

「ゲレゲレ」

俺はもう、「ゲレゲレ」が候補に上がった瞬間、

「これだ!!ナイス!ビアンカ!!」と、

速攻で「はい」を押してベビーパンサーの名前を「ゲレゲレ」にしたものです。


ドラクエソードでも似たようなことがあります。

注意:以下、ややネタバレ


セティアが主人公に対してニックネームをつけようとします。

プレイヤーは、セティアが出すニックネーム候補からひとつを選ぶという仕組みです。

候補はたくさんあって、「エッジ」とか「アレン」とか、わりとカッコイイ系の候補が並ぶのですが、ずっと断わっていくと…


「じゃあ、ヘロロンてのはどう?」




「これだー!!ナイス!セティア!!」


主人公のニックネームは「ヘロロン」になりました。
成長してないね。俺。


そこまでは、まだよかった。


いざ、セティアを連れてダンジョンへ。



敵が現れて、リモコンを一生懸命振って戦うんですが、
そんな戦ってる合間合間に、セティアが何やら応援してくれます。


「その調子!」とか言われるのは別にいいんですが、


「カッコイイよ!ヘロロン!」とか言い出して、

「ヘロロン」のどこがカッコいいんだよ!と言う気持ちとともに、

なんかニックネームを「ヘロロン」にしてしまった事への激しい後悔と恥ずかしさと
「生まれてきてご免なさい」と言う感情が俺に襲い掛かり、
動揺しまくった俺にモンスターも襲い掛かり、

もうてんやわんやです。



子供だったら、セティアに「カッコいいよ!ヘロロン!」とか言われても

「イェーイ!ヘロロンカッコいいぜ!ひゅーひゅー!」と、

テンションあげまくってリモコン振り回して4畳半の子供部屋で大暴れでしょうが、

さすがに大人になって「カッコいいよ!ヘロロン!」は精神的ダメージがでかくてテンション落ちまくりです。

そんなこんなで昨日は全滅してしまったので、教会で冒険の書に記録して、
Wiiの電源を落としました。

いくら発売日にゲームを買おうとも、大人は子供にはなれない。

映画「フック」にて、大人になったピーターパンは子供の心を取り戻し、フック船長を倒しますが、
倒した後、ピーターパンはネバーランドを去り、再び、大人の世界で戻ります。

大人は子供には戻れないのです…



dqs.jpg

  1. 2007/07/14(土) 16:16:49|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:5

ゼルダやってます

任天堂のWiiを買って、早くも一ヶ月。


Wiiスポーツしかやらないのも勿体ないなぁと思い、遊イング(TUTAYAみたいな店)へ向かいました。

目的はズバリ。


ゼルダの伝説~トワイライトプリンセス~


オレはゼルダの伝説には深い思い入れがあります。


小学校4年の時だったっけなぁ

スーパーファミコンで「ゼルダの伝説~神々のトライフォース~」が発売されたんですよ。

あれのCM、まだ覚えてますよ。


『出る出る!ゼルダの伝説!

 出る出る出る出るついに出る!

 ゴージャス!

 今度の冒険!

 リアル!

 君もすぐに体験!!…』



今の子供たちにスーパーファミコンの画面を見せて、

「どうだい、ゴージャスだろ?リアルだろ?」


なんつったら、鼻で笑われるのが目に見えてますが、
当時のオレはあの画面を見て、ゴージャスだし、リアルだと思ったんですよ。

ゾーラの滝の所に入るとき、画面にモザイクがかかって画面が変わるんですが、
あれ見て「うおお!すげー!」とか思ってたんです。

ありゃあ、ファミコンにはマネ出来ない代物です。


そんでもって、何より、すっげー面白かったんです。

その後、ゲームボーイでも「ゼルダの伝説~夢を見る島~」ってのが出まして、

CMは「ゆっめをみっるしっまっ♪ゆっめをみっるしっま♪」ってやつでして、

これもまたえらく面白くて、無我夢中で、そんでエンディングが泣けたんです。


それから、ゼルダはやってませんでした。


しかし!ついに!!


新しいゼルダをやる日がやって来ました!!


今度のゼルダはWiiリモコンを振る!
リモコン振ったらリンク(ゼルダの主人公の名前)も剣を振る!!

面白そーーーー!!!

しかも、さすがにあれから10年以上たってるので、画面はあの頃よりさらにさらに

ゴージャスリアルです!!


オレはもう、鼻唄うたいながら遊イング行きましたよ。

ゴージャス!

 今度の冒険!

 リアル!

 君もすぐに体験!!」


んで、遊イングに着いて、真っ先に目に入ったのが…




ゲームソフトの処分品のワゴン!



その中には、ゲームキューブ用ソフト「ゼルダの伝説~風のタクト~」が1000円で売られていました。


それを見た時、オレは思い出しました。


「そ、そういえば…
 Wiiはゲームキューブのソフトも出来るとか書いてあったな…」


Wii用のゼルダは6000円です。

1000円と6000円…


「ま、まあ… Wii用のゼルダはいつでも出来るし、この1000円の方は今買わんと売り切れるかもしれんし…」


安い方を買いました。


「いやあ、5000円も浮いちゃったなぁ」と、軽いステップで家に帰り、「風のタクト」をWiiに入れます。


そんで、テレビ画面には、ゼルダのオープニングが流れます。


「うおーすげー!ゼルダが3Dだー」などとアホな感想をもらしながら、さっそくプレイしてみようとWiiリモコンのボタンを押します。


ポチ


「………」


ポチ

「…………」


ポチポチポチポチポチ…


「……な……なぜ始まらない!?」


画面には「PRESS START」の文字。

PRESSしてるじゃねーかよ!



原因がようわからんかったので、Wiiの説明書を読みました。


『ゲームキューブ用ソフトをプレイするには、

 ゲームキューブ用コントローラーとゲームキューブ用メモリーカードが必要です』


な、なんだってーー!!?



その日は、寂しくWiiの電源を落とし、
翌日、また遊イングに行きました。

ゲームキューブ用のコントローラーは中古があったので、1000円で。
ゲームキューブ用のメモリーカードは2000円で購入。


ゲームキューブのゼルダ+コントローラー+メモリーカード=4000円

+オレの労力、プライスレス。



はじめからWii用のゼルダを買っとけば良かったんじゃないだろうか…




まあ、せっかく全部そろったので、さっそくプレイ。

昔のゼルダと違って、今のゼルダは3Dなので、最初はかなり、操作に手こずりました。

「ケッ!Wii用のなら、リモコンだったら簡単だったのかもな。ケッ!」

と、かなり荒んでゲームを進めると…



「お、なんか馴れてきたっぽい…」


「お?」


「おお!?」


「おお~」


「………」



「…………」






「ゼルダおもしれぇー!!!」



ゼルダは3Dになっても面白かった!!

この面白さを他の人にも伝えたい!

けど、実際ゲームしないとこの面白さは伝えられない!

だから、わかりやすく特に面白かった部分を紹介します↓



medori.jpg



この後、5回くらい壁に叩きつけてやりました。
  1. 2007/07/11(水) 19:45:43|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:4

【ザッハ】誕生日【トルテ】

ready_is_fierce.jpg


『サプライズプレゼント』

先日、誕生日をむかえました。
年齢ばらしちゃいますが、25になりました。

四捨五入したら30だぜひゃっほーい!

 
昨年の記事に引き続き、今年も「一人ぼっちの誕生日パーティー」の模様をお送りしようと思ってたんですが、
去年とまったく同じような内容じゃ面白くないなぁと思って、今年は前もってネタを仕込んでおきました。


みなさん、「ザッハトルテ」はご存知でしょうか?

世界的に超有名なチョコレートケーキ、ザッハトルテ。


元は、1832年にウィーンの菓子職人のザッハーさんが作り出したケーキです。

後に、ザッハーさんの息子が「ホテル・ザッハ」を開業。
ザッハトルテのレシピ門外不出とされました。

しかし、ザッハー家の息子が、ウィーン王室御用達のケーキ店「デメル」の娘と結婚したことにより、ザッハトルテのレシピは「デメル」に流れることになります。

これが、後に「ザッハトルテ」の商標をめぐる「ホテルザッハ」と「デメル」の戦いに繋がります。

これが、世に言う「甘い7年戦争」です。

7年間の裁判の末、ホテル・ザッハーのザッハトルテは「オリジナルのザッハトルテ」
「デメル」のザッハトルテは「デメルのザッハトルテ」と呼ばれることになるのですが…

現在は、「ホテル・ザッハー」「デメル」以外のお店でもザッハトルテを販売していることはあります。
ですが、やはり、由緒正しき正真正銘の「ザッハトルテ」は「ホテル・ザッハー」と「デメル」のザッハトルテと言えます!!



ここまで熱弁してれば、もう大体お気付きかと思いますが、

今年の、「俺の俺による俺のためのバースデイケーキ」は

ウィーン王室御用達!!デメルのザッハトルテです!


ひゃっほいセレブ!

日本に「デメル」は、東京・神奈川・愛知・大阪・仙台にしかないんですが、
通販でも買えるので、通販しました。

4号で3000円!!

デメル・ジャパン原宿クエスト本店からの発送でした。


zahha01.jpg



袋。


テッカテカの袋。


ドバーン!と書かれた『DEMEL』の文字!!

こいつはもう、家宝にしようと思いました。



そんで、肝心のケーキ。


zahha02.jpg



何やら高級感あふれる木箱に入ってます!!

うおおおお!王室御用達っぽい!!!

この木箱も、家宝にしようと思いました。


木箱を開けると、


zahha03.jpg


いたってシンプルなチョコレートケーキ!

なんかもう、見てるだけで鼻血を吹き飛ばして死んでしまいそうです。
つかもう、これ食ったら俺の人生に悔いはないなと思いました。



このザッハトルテですが、ケーキの切り方から、いただく際の正しい作法まであるらしいです。

ケーキを切る時は、ナイフを温めて、コーティングされたチョコレートを溶かしたりして切る…だとか、
生クリームに付けて食べる…だとか、
飲み物はウィンナーコーヒーで!だとか…

ちなみに、兄いわく、ウィンナーコーヒーはザッハトルテのオマケとして生まれたといっても過言ではないらしいです。


そこまで言うんなら実践してやろうじゃねーか!!


zahha04.jpg


お皿に生クリーム…はちょっと用意できなかったので、スーパーで買ってきたホイップクリームを添えて、
飲み物はウィンナーコーヒー…もちょっと用意できなかったので、インスタントのブラックコーヒーを用意!

全然、実践できちゃいませんが…


ケーキをフォークでちょびっと切り取って、生クリームを付けて食べました。

甘い!

ちょいと大人の味な感じです!!
コーティングされたチョコとスポンジケーキの間に、なんか秘密があるっぽいですが、俺にはよくわかりません。

とにかくウマい!!

そんでコーヒーを飲みます。

美味い!!

ただのインスタントコーヒーのブラックなのに、なんか知らんけど高級な感じがします!!


一人で食べてしまうのもどうかと思ったので、家族にもおすそ分け。

父と母は、ザッハトルテをよく知らなかったのですが、値段を伝えたら。

「そがんすっとね!!焼肉食べれるたいね!!」とか言って、
食べた後に皿まで綺麗になめてました。

皿をなめてる姿が、哀愁漂ってました。

見てて、なんか悲しくなりました。


おまけ。

ケーキと一緒に入ってたもの。

zahha05.jpg



なんかデメルの歴史とかザッハトルテの切り方とか書いてあるカード。

これらも、家宝にしようと思いました。



そんなわけで、一夜でえらく家宝が増えてしまいましたが、
ちょいとセレブな雰囲気を味わえました。


ザッハトルテ万歳!!



…こうして、今年の

「俺の俺による俺のための一人ぼっちのバースデイパーティー」
は終わりました…



  
 僕ら
 ガタガタ震えてタチムカウ
 ビクビク怯えてタチムカウ
 僕ら
 負けると知っててタチムカウ
 ボロボロ泣きつつタチムカウ 
 しかし
 なめてんじゃねーよタチムカウ
 ふざけんじゃねーよタチムカウ
 むしろ
 犬死にと決めてタチムカウ 
 おぉ、狂い咲く人間の証明

 かかってきなさい
 どうってことねえよ
 いつかはこの地球に土下座させるぜ
   
 僕ら
 ガタガタ震えてタチムカウ
 ビクビク怯えてタチムカウ
 僕ら 
 負けると知っててタチムカウ
 ボロボロ泣きつつタチムカウ
 しかし
 一人一殺道連れ
 ふざけんじゃねーよタチムカウ
 むしろ犬死にと決めてタチムカウ
 おぉ、狂い咲く人間の証明

    タチムカウ~狂い咲く人間の証明~/筋肉少女帯



さっき、高校の友人の墓参りに行ってきました。

みんな、相変わらずでした。
  1. 2007/07/08(日) 17:12:16|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:7

七夕イヴイヴ

tanabata001.jpg



夜空に輝く星座シリーズ①

『ウンコ座』



今日は七夕イヴイヴです。

カップルの皆さん、デートの準備はお済ですか?

え?お済でない?





おどりゃあクソボケ非国民!!


何でクリスマスは盛大にやるクセに七夕は盛大にやらねえんだよ!!

どっちも木に飾りつけするのは一緒だろうが!!

七夕の方が日本の歴史に登場するの早いんだぞ!


つーか、日本人のクリスマスの過ごし方は間違ってるんですよ。


いいですか?そもそも、クリスマスってのは、キリスト様の誕生祭みたいなものなわけです。

そんな日の前日にてめえらはセックスセックスって、お前らはキリストを産むつもりかっ!


…そんだけならまだいいです。

クリスマスイヴにかこつけて、不倫してる奴もいる始末。

「モーセの十戒」ってのがありまして、
キリスト教には何やら十個の戒律があるのです。

カトリックにおける6個目、プロテスタントにおける7個目の戒律を御存知でしょうか?

汝、姦淫する無かれ!

旧約聖書時代、不倫は死刑だったのです!

そんなキリスト様の誕生日前日にお前らときたら…

キリスト教への嫌がらせかっ!



一方、七夕。

七夕の有名な説話は、
織姫と彦星と言うバカップルが、そのあまりのバカップルぶりにカチンときた天帝の手によって離れ離れになり、年に一度、7月7日の七夕の日に、天の川を渡って出会う事が出来ると言うものです。

ようするにバカップルが出会う日なわけですよ。

クリスマスより七夕の方がピッタリじゃねーか!!

台湾では、バレンタインみたく、恋人同士がプレゼントしあうらしいです。

ますますクリスマスイヴと被るじゃねーか!




何?七夕は雨の日が多いから、デート日和じゃない?


ぷじゃけるな!!


七夕に降る雨は「洒涙雨」って言って、
織姫と彦星が流す涙なんだよ!!


相合傘でもしてろよ!!







…別の視点から見れば、

「クリスマスプレゼント」ってあるじゃないですか。
サンタクロースさんの慈善行為。

子供はクリスマスの朝は枕元にプレゼント置いてあって大喜び。


調子にのってんじゃねーよ餓鬼どもがっ!!

それはお前らの両親が少ない給料から買って置いてるものなんだよ!
最近は冬のボーナスもあんま期待できないんだよ!!

子供のうちからそんな即物的でどうする!?


一方、七夕。

短冊に願い事を書いてお祈りするだけです!


シンプル・イズ・ベスト!

お父さんお母さんの懐も優しい安心設計!


願え!

願って、そして自分の力で手に入れろ!!
与えられるだけじゃ成長しねーんだよ!努力が人を大きくするんだよ!!

クリスマスより、子供を大きく成長させれる。それが七夕!

うおおおお!七夕最高!!七夕ワッショイ!
バッチコイ七夕!かっとばせ七夕!へいへいピッチャーへばってるぅー!!




…どうでしょうか皆さん。

七夕の素晴らしさが少しはわかってもらえたでしょうか?


オレは「妥当・クリスマス」を目標に、日本で七夕がクリスマスを上回るビッグイベントになるよう、今回の記事を書いてみましたが、

やはり、言葉でいくら言っても相手には伝わらないもの。


だからオレは、オレ自身がお手本となるべく、実行しました。

笹の葉に飾り付けをして、飾ってみました。





tanabata002.jpg




いぇーい!メリー七夕!!


あ、この写真、肝心な短冊の願い事が読めませんね。

それじゃあ、短冊を拡大↓













tanabata003.jpg


願い事が叶いますように★

  1. 2007/07/05(木) 20:15:44|
  2. イラスト/カラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

激しい雨が

rain01.jpg



激しい雨が


 激しい雨が俺を洗う
 激しい風が俺を運ぶ
 激しいビートが俺に叫ぶ
 何もかも…

 変わり始めるぅう!!


THE MODSの「激しい雨が」のサビの部分です。

残念ながら俺はモッズ世代じゃないんですが、前に清春と西川貴教がテレビで弾語りやった時、すごい好きになった曲です。

この曲を聴いて、

「ひゃっほーう!清春最高ーー!!」

と思ったのはいつもの事なんで今さらですが、モッズにちょっと興味持ちました。

そんで、3年前のスカイジャンボリーにモッズが出てて、一緒に行った友達は興味ない感じだったんですが、俺はもう、感激しまくりでした。

俺が生まれる前にデビューしたような人たちなのに、今でもカッコいいんですよ。

こんな大人になりたかったなぁ…



…って、思い出に浸るのはこのくらいにしておいて、


今日は朝っぱらからMODSの「激しい雨が」を思い出すような
マジで激しい雨が俺を襲いました。



朝、家を出るときは雨が降ってなかったから、バッグに一応、折りたたみの傘を入れておいて、出勤したのですが、

電停に立って電車を待ってたらポツポツと雨が降り出して、

「おや?雨が降り出したなぁ」

とか軽~く考えていたら、電車が来る前に土砂降りに!!

屋根のある電停に立ってても、ちょっと水が飛んでくるくらいの激しい雨です!

横にいた男性なんか、電停に立ってるのに傘をさす始末!!

そしたら、俺が乗るのとは違う行き先の電車がやってきたんですが、
その電車が出発する時、横にいた男性の傘が電車の側面に当たって、


男性の傘、大回転!!


そんでその傘から水滴が飛び散りまくって、


激しい雨が俺を洗う!!



電車に乗る前から散々です。


電車に乗ったら乗ったで、いや~な湿気の充満する車内。


電車を降りたら、さっきより酷くなってる雨。
さらにカミナリも鳴りました。

バッグから折り畳み傘を広げて、会社まで歩きます。

雨が地面を跳ね返りまくって、靴と靴下とズボンがびしょ濡れです。

激しい雨は俺どころか、その衣類までも洗ってくれようとしています。



会社までの坂道を登っていた、その時!



俺めがけて突風。


盛大にラッパになる傘。


そのまま大破。


激しい風が俺を運ぶ。



使い物にならなくなった傘をたたみ直し、雨に打たれながら、

「なぁに、もう2・3分で会社じゃねぇか!濡れるも風情だ!」

と、そのまま会社へ向かいました。



まあ、2・3分も激しい雨に打たれたら、それなりにびしょ濡れになりましたが。



何もかも…

変わり始めるぅう!!




おしまい。
  1. 2007/07/02(月) 22:19:46|
  2. イラスト/モノクロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

   

プロフィール

サボテン

Author:サボテン

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。